旅行・地域

疫病除けの証文

我が家の玄関の照明の脇にある札・・・市からこの11月に全戸配布されたものだ・・・

Dscn4109-2

これは札にあるように「疫病から守る」ものであり、”疫病神お断わり”とある。

以下は”広報にかほ”に掲載された説明を元にした記述だ。
文政3年のある日、二人組の疫病神が仁賀保家の江戸屋敷に侵入しようとしたところ、その家の息子・金七郎が発見し、疫病神を叱りつけたとか。この金七郎の武勇におののいた疫病神は命乞いをし、お詫び状を書いて慌てて立ち去ったらしい。この話は江戸時代に出版された”竹抓子”や”梅の塵”という書物でも紹介され、悪い病が流行ると人々はこの”お詫び証文”を書き写し家の戸口に貼り付けたり、お礼やお守りとして子ども宛てに書いてもらったりと厄除けとして活用したようだ。何しろ金輪際疫病神は入って来ないと約束した証明書ですから大流行したようだ。】

わがまちではまだコロナの感染者はでていない(?)はずだ。あるいはこのお札のお陰かも・・・なんて思ったり。いずれ全国的には、収まる気配もなくどんどん広がっている状態だ。このままでは収束のめどもたたずに、越年していくだろう。良い事ならそうであってほしいのだが、この場合は一秒も一日も早くおさまってほしいもの。

尚、市ではこのお札のプリントされた手拭い・バック等の販売も行っている。

Dscn4098

朝には皿いっぱいのカレイが食卓に上がった。昨日戴いて来たものだ。こんな大きな魚が上がっても、会場で誰が食べるだろう。持ち帰ってもらうためにつけているようなものだ。田舎ではこうしたものがつくゆえに飲食額が大きくなる。おおよそテーブルに並んだ料理は7~8千円ということだろう。昔からの風習が今でも残っているのだ。その場で食べられことで十分なのにと思う。

朝食後、1本のツツジを植えた。先日届き、植えるつもりだったが水に浸して元気をつけてから植えよとあったのだ。そこで、きょうはそれを行ってから植えた。カタログでは半日陰にも向くとあったので求めたら、入って来たものには植える場所として日向とあった。それで考えていた場所から別の所に植えた。小さな蕾が見えるので、来春は咲いてくれそうだ。青い花、”黒潮”という品種である。

Dscn4099-2

それで予定した場所は空いてしまったので、これに変わるやはり青系の苗木をネットで注文した。雪が降る前に届いてほしいのであるが・・・4~5日かかるとメールで返って来た。

雨痕の庭を歩いたら・・・?今頃になって幹から芽吹き枝を出していたカエデがあった。雪が近いのに、このあとどうなるのだろうか。時季でもない時季の芽吹き・・・俺みたいなやつだな?笑いながらも哀しくなった。退職まじかになった時にパワハラを受けたことがあった。あの頃はそんな事が言われる時代ではなかったのだが、今から考えれば正しくパワハラだった。それに耐えた俺のようだと・・・😞

Dscn4104

Dscn4101

Dscn4103

雨の雫を纏ったヤツデ・・・何か神々しい!

 

 

| | コメント (8)

にかほの”タラーメン”

ここ数日は穏やかだっただけに、朝からの雨を肌寒く感じた。すかさずズボン下をはいた。それに眠い!飲んでいる薬のせいもあるのだろうが、この所の出歩いた結果の知らず知らずのうちの疲れなのかも知れない・・・⤵

東北地方の太平洋側には、今季初めて積雪があったようだ。秋田県でも北秋では7cmの雪になったとか。わがまちの日中の気温は3~4度のようだった。ただ、同じ気温にしても雪がなければ、感じる寒さが違う・・・冬は急速に接近しているようだ。

朝は「とろろまま」だった🍚”まま”とは秋田弁で「ご飯」ということ。とろろとは長芋をすり潰したものだ。それに味噌汁をちょっぴり入れての味付け。それをご飯の上にかける。こんなシンプルなごはんがおいしい。皿には焼き魚・・・

Dscn4073

とろろままは丼で食べた。梅干なども入れてたべると最高だ。隣りのまちでは例年、この”早食い競争”のイベントがあった。だが、このご時世だ、中止になったと聞いている。これまでの大会では、10杯も食べた食人がいたようだ。賞品は新米1俵(60kg)だったかナ~

とろろままを食べると精が付くと言われているが、俺はとても眠い。昼には30分以上の昼寝をしたにも関わらず、パソコンを開いていても、新聞に目を通していても、眠くなってくる・・・本などだからひらけない。

夕食は、「タラーメン」。にかほの特産品だ。干しラーメンに汁は鱈のしょっつるを使っている。

Dscn4089

我が女房殿は料理人だ。その中でも味噌ラーメンは得意で、孫たちがくれば味噌ラーメンをリクエストする。鍋焼きうどんも良い。きょうはタラーメンに餃子付き、これで俺の腹はパンパンだ( ´艸`)終日、家の中に籠り、朝のラジオ体操もせず、こっくりこっくり舟を漕いでいたため、胃袋も特に要求量が少なかったか?・・・

庭の落葉樹、葉を落としており残っている方が少なくなったように思う。ほぼ晩秋だ。

Dscn4028-1

すっかり鉢を冬越し準備している中で、この南天の紅葉の見事さ!何点というよりも難点もなく、100点満点の紅葉だ😃2週連続して選ばれなかった俺の短歌とは雲泥の差!というしかない。そればかりでなく、年末年始にかけての短歌会にも応募していたのだが、何ら連絡がない事を思うと、ことごとく落選のようだ。出直さなくてはならない!

11月も残り少なくなった。あれもこれもとやり残したものが多い(気がする)

 

| | コメント (8)

地域活動をスタート!

廃校になった地域の小学校を地域の為に活かしたい、そう思って有志で「けやき会」を結成した。けやきは旧小学校のグランドに立つ、樹齢が300年にもなる大樹だ。それが地域のシンボル的な存在でもあったために、それを会の名称にした。そして、今年の4月から活動を本格化しようとしていた矢先に、今度はコロナ禍にあって事業はほとんど中止して来た。しかし、市の方からも集まりはいささか緩和されたので、今月から少人数での事業をスタートした。

きょうは10時から「開講式」、そして「いきいき百歳体操」「けやきサロン」を・・・俺はこの「けやき会」の主旨と目的等について挨拶し、早速、DVDを見ながらの体操をした。

Dscn4052

Dscn4053

体操はゆっくりゆっくり・・・約50分。椅子に座ったままの体操と、椅子につかまっての体操。終わってからは、コーヒーを飲みながらこれからどんなことをしていったら良いのか、皆でわいわいがやがや、マスクをつけて話し合った。

Dscn4058

午後からは俺はふたつの絵画展に出掛けた。ひとつは水墨画展だ。打矢さんと言う画家の絵。墨の濃淡だけでの描写はすごい迫力があった。俺は打矢さんには、鳥海山の四季を色紙で描いて頂いたことがある。今度の絵は、海外の山の絵であり、エベレストなどもあった。俺も一時、墨絵を習った事があるが、筆を持つと震えたものだった。画紙にポトリと一滴落としたらそれで終わりだから、かなりの緊張だ。油絵のように塗り重ねて行くわけにはいかないだけに、怖ろしさを感じたものだった。

その会場は、旧岩城町であり、ここはプラムの産地でもある。土産にワイン1本買って来た。次に移動地は旧大内町。ここでは油絵展。地元で農業をやっている傍らに趣味で油絵を描いている方だった。

ここに向かう途中には折渡峠があり、中腹には千体地蔵が並んでいる。そこに立ち寄って、お詣りし鐘を打ってきた・・・コロナの感染の収束を願って・・・

Dscn4062

Dscn4063

Dscn4065

Dscn4068

ここの地蔵様は一人ひとりから寄進された地蔵様で、冬になればカンジキをはいてお詣りされる。

ふたつの絵画展を見終わってからホームセンターに寄った。実はまだチューリップを植えていないのだ。そこで球根がほしくてあちらこちらを廻っている。ここは山間のホームセンターだから、売れ残っているものはあるだろうと・・・。しかし、市内にもなかったし、隣りのまちにもなかった。あったのは、スイセンが少しとムスカリが少しであった・・・

例年であれば、今頃は安売りしていたのだが今年はどうしてないのだろう。それだけ需要が多かったのか、まさかコロナに絡んで売りがはやかったのだろうか・・・俺はまだ植えていないのに・・・このままだと植える事が出来ないかも(トホホホホ( ノД`)シクシク…)

Dscn4071

仕方なく、きょうは胡蝶蘭を買って来た・・・

 

 

 

 

 

| | コメント (4)

只今、リフレッシュ中?

時々雨が降ったりするものの、今の時季だから仕方ない。これからはだんだんと雨の機会が多くなり、やがて霙や雪に変わって行く。だが、俺にとってこの時季はリフレッシュ期間というか、失業中というか・・・要するに自由に過ごせる時季なのだ。但し、雪になったりすれば行動は当然ながら制限を受ける。だからそれまではこの期間を有効に活用をしたいもの。

きょうは西目の道の駅での写真展に行くことにした。出掛ける前にちょっとばかり、落ち葉の道を散策した。

Dscn3700-2

 落ち葉を踏んで歩くのは気持ち良い、誰もいない誰とも出会うことのない山道故に、ほっとハミングも出る。ただ、警戒はクマとの出逢いだ。今季のクマは未だにあちらこちら出没しているらしいから、俺はラジオを掛けながら、首にはホイッスルを掛けての散策。あるところでふと足を止めた。まるで俺の足を止めようとしてかのように、道端の拳ほどの石が俺の目を引き付けた・・・

鳥海山だ!手にすると本当にそんな形の石。三角錐の形は鳥海山の稜線を思わせた・・・それがこの石。鉢に上げると・・・

Dscn4008

犬も歩けば何とやら・・・俺は歩いて”宝物”に出合った・・・💕

先を進むとススキがなびいていた。用水路を挟んで、風に吹かれている様は、絵になる。これもまた晩秋の寒村のひとつの景色!

Dscn3991

Dscn3992

今度は軽トラに乗った。黒潟の近くを通ったら水が少なくなっている。数年に一度、ここは水を払い鯉を捕獲しているので、今年はその年なのだろう。水が少なくなっている故に、白鳥の姿はない。遊んでいるのはカモたちのようだ・・・

Dscn3993

Dscn4002

Dscn3996

そのカモたちから離れているのは・・・サギか?

Dscn4005

西目の道の駅での写真展は「赤平薫写真展」だ。動物や鳥類の姿を生き生きととらえていた。この方の写真は初めて見た。冬の鶴や梟の写真はとっても魅力的だった・・・

Dscn4015-2_20201124200701

きょうは肉体もこころもとてもよくリフレッシュ出来た・・・😃

 

 

 

| | コメント (6)

紅葉の角館 ②

さすが”東北の小京都”、静かな街並み、古都の雰囲気・・・そして、紅葉!きょうはその②としてアップしました。

Dscn3845

Dscn3861

角館に到着したのがお昼少し前だった。先ずは腹が減っていたので、満たすことにした。妻は”稲庭天ぷらうどん”、俺は”稲庭うどん+味噌タンポ”。

Dscn3857

Dscn3855

漬物は”いぶりがっこ”。食後・・・紅葉を眺めながらある店に入った。

Dscn3888

お土産に”生もろこし”

Dscn3916

普通のもろこしは、固いのだがこれはしっとりしたもの。口に入れるとふかっととろける。

次は民芸店に入っては、桜の樺細工の小さなこけし。

Dscn3903

とっても可愛かったので、惹かれて求め、帰宅しては早速飾った。こけしの下には、R2・11・20と書いた・・・

店頭の秋田犬もマスクをつけていた。

Dscn3897

このまちには老舗の醤油屋さんがある。〇藤醸造である。ここではお菓子屋さんと共同開発したお菓子がいっぱいある。売り出し中なのが醤油ソフト。

醤油のちょっとした甘さが人気を呼んでいる。

Dscn3898

それに、「どら焼き」「マカロン」「饅頭」・・・

Dscn3901

昨日ときょうのおやつにいささか食べてみたが、いずれも生地にほんのりとした醤油の味・・・(器は楢岡焼き)

Dscn3889-1

・・・という事で、紅葉を中心に小京都「角館」の紅葉狩りの報告でした。加えて美味しい食も・・・どうぞ、皆さん・・・来年はコロナも終息していると思いますので、どうぞ角館においで下さい・・・

 

 

 

 

 

 

| | コメント (8)

紅葉の角館 ①

新聞の広告欄に「行こう、の田沢湖・角館へ」とあり、ネットで調べると紅葉は終わりに近づいているとのこと。そこで、天気も良かったので俺がクロスロードに乗って出掛けたのは、角館だった🚙我が家からは、車で約1時間半だ・・・

早速、まちを歩きながら紅葉を楽しんだ。早い木は既に落葉していたものもあったが、まだまだ見応えのある紅葉であり、歩くと汗が滲んで来た。だから、俺は腕まくりして紅葉を楽しんだ・・・今夜は下手な文章は必要ないだろう・・・

Dscn3836

Dscn3838

Dscn3839

Dscn3874

Dscn3841

Dscn3842

Dscn3865

Dscn3852

Dscn3870

Dscn3875

Dscn3886

 

武家屋敷跡の黒塀に赤や黄の彩り、水路には落葉が静かに流れる。

     ”みちのくの小京都”続きはまた、明日に・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (8)

新品種米の名称決まる!

秋田県が味にこだわって開発した新品種米「秋系821」の名称がきょう決まった!この名称にあっては全国に公募したら約25万件を越える応募があったようだ。俺も米農家の一人として応募したのであったが、最終候補の6点にも入らなかったから、問題外のようだった( ノД`)シクシク…

Dscn3725-2

最終候補に残ったのは・・・

   ①秋うらら(あきうらら)・・・うららかに晴れた秋の日。食べるとこころがうっとりするような美味しい米

   ②あきてらす・・・秋田から日本の食卓を照らすような美味しさと存在感をもつ米

   ③秋の八二一・・・秋系821から命名。多くの新品種候補から選ばれた特別な米

   ④稲王・・・王様の名に相応しい食味・品質、存在感のある米

   ⑤サキホコレ・・・花が咲き広がるように全国で食されてほしい。生産者と消費者へのエールでもある

   ⑥べっぴん小雪・・・雪国で育まれた、美しく別格(べっぴん)なおいしさの米

以上が、専門家等の審査から選ばれた。そして、最終的には秋田県知事が決めると言うことだった。その模様がテレビのニュースで見た・・・

決まった名前は・・・

Dscn3728-2

サキホマレ」だった。これを紹介したのは、本県出身のタレント・佐々木希さんだった・・・

Dscn3735-2

Dscn3739-2

これを食べた佐々木さん・・

Dscn3743-2

秋田弁が飛び出した・・・「すったげ うめぇ」💓

これを選んだ知事が・・・

Dscn3730-2

稲にも花がある。小さな花だが、この花が咲き誇ったときには豊作になる。こうしたことを考えると、”咲き誇れ!”がぴったりだと。

なるほど言われればこれがいいのかな、そんな気がして来た。ここまでは6候補には、インパクトが感じられない、秋田県らしさが想像されない等々否定的な声が多くあり、再公募したらとの意見もあったようだ。俺はこの知事が選ぶのは、”べっぴん小雪”かな等と思っていたが、果たして賞金100万円は誰だったか?これまた気になる所である。

ところでこの発表会は東京で行われた。むしろ秋田での発表の方がインパクトあったのではとの意見もあったようだし、発表会の内容ではひと悶着あった。発表は東京でという事とは別に、この発表会会場にはテレビしか入れないという事だった。これには地元の新聞社をはじめ、マスコミからは税金を使いながら報道機関を制限するとはもってのほか、との大抗議があり・・・

急きょ知事が陳謝し、新聞社もいれることになったようだ。当然である。これもまた、どこかの国のようなことをしたな、知事も来春は知事選があり、4度目に出馬するとかしないとか、その態度を12月に表明すると言うが、とんだ味噌をつけてしまったな~

いずれ名前が決まった。今年からすでに制限して生産者の一部が作付けを始めた。来年はもっと多くの農家が絞られたうえで作付けされる。

     <以上、写真はNHKニュースからのもの、また、候補名については県のHPを参考にした

 

<訂正とお詫び>

本記事中に誤りがありましたので、お詫びをし訂正させて頂きます。送信する前に確認の上送信しているのですが、うっかりしていたようです。コメントを頂いて確認をしましたら、確かに間違っていましたので、どうぞご容赦下さい。

尚、記事はそのままにしてこの訂正とお詫びを書かせて頂きます。

誤りは記事の中ほどの「サキホマレ」です。正確には「サキホコレ」でした。訂正を致します。

わがまちには「浦の誉れ」という清酒、また秋田には「秋田誉」という清酒があり、そのことが頭にあったことからでしょう、誠に失礼しました。指摘頂きましたサファイア様、有難うございました。これまた老化が原因でしょう( ノД`)シクシク…ご容赦下さい。

 

| | コメント (6)

深む”秋”

終日の雨だったが・・・

Dscn3349-3  

朝には白鳥の飛ぶ姿があった。居間の窓から、それを見て慌ててカメラを持ったものの、その早さに追い付かずあとでトリミングした白鳥の群れ。その下には、今朝もやって来た仲良しのスズメ2羽。

Dscn3131

この頃来るのはいつも2羽。世代交代したのだろうか・・・

田んぼにやって来たのは白サギの2羽。

Dscn3183

先日の海鳥もペアだった・・・

Dscn3325-3

あの鮭を捕獲する簗場近くの川にはマガモがいた・・・いずれもペア♡見ているとこころが和む😃

Dscn3257

Dscn3287

隣りの家では干し柿を作ったようだ。まるで赤いカーテン。

Dscn3154

Dscn2916

深まる”秋”である・・・

 

 

 

 

 

 

| | コメント (8)

にかほ発「秋」 ⑥愛(かな)しくて哀しい・・・鮭の遡上など

きょうの”つぶやき”で、本市がテレビに登場するかも知れないそうつぶやきましたが、「里山」という番組で放映されました。わずか10分ほどの短い放映でしたが、ご覧いただけてあったでしょうか・・・

Dscn3358-2

Dscn3357-2

新聞のテレビ番組表では記載なかったし、テレビでのテレビ番組表では「里山」とだけありました。だから、俺はあるかたから情報で見ることが出来たものの、大方の市民はみなかったのではないかと思っています。

さて・・・俺がにかほ発「秋」として紹介している”にかほの秋”、きょうはその⑥回目として秋の海を紹介させて頂く。

先ずは毎年俺が見に行く”鮭の遡上”だ。ここは海から2~300mほどの場所。ここに川袋川を遡上してくる鮭。秋田県一捕獲量の多い簗場である。川幅も2~3と狭く、海から川に入るには海の波に乗ってジャンプするようにして川に入る。その上流には簗場があることも知らずに遡上するのだ、本能に目覚めて・・・やや急流の流れを上り、国道下のトンネルをでるとそこが簗場。

Dscn3272

Dscn3273

Dscn3282

列をなして上って来る姿にはいつも感銘を受ける。良くみると魚体には白く傷が光っているものもいるし、上り切れなくて途中で息絶えているものも見える。それでも故郷の川に遡上する・・・何と愛(かな)しい魚だろう、子孫を残さんとして最期の息を振り絞ってくる姿は、また哀しいものだ。そう思いながらも俺はここに見に来るのだ。

そこが簗とも知らないで、狭い通路に次々に入る。哀れな姿でもある。

Dscn3275

ここで捕獲された鮭は採卵所に運ばれ、そして孵化される。その稚魚は県内に各地の川に送られ、そこで川に放流される。この稚魚は4~5年かけて、放流された川に戻って来る。中には間違って、別の川に入るものもいるようだが、何の感覚で放流された川に戻るのだろう・・・ここでの今年の捕獲目標は2~3万匹だとか。

俺はこのあと山形県と秋田県の県境になっている三崎公園に移動した。鮭の捕獲する場所から車で10分位のところだ。ここはかつての羽州街道であり、有耶無耶の関という関所があったという場所だ。奥の細道の芭蕉もここを歩いたはずであり、古い道が残っている。切り立った崖が続いており、現在は散策路、展望台、灯台があり、夏の暑い盛りの時分は快適な場所になっている。

Dscn3289

 

Dscn3326

しばらく散策をして、俺はここで夕日をみることにした。日の沈む時刻は午後4時40分頃だ。カメラの位置を決めてその時間を待った。うち寄せてくる波が砕ける。白い波がしらが立つ。俺のカメラを意識したのか、海鳥が羽を広げるサービス・・・(人''▽`)ありがとう☆

Dscn3322

Dscn3325-2

やがてその時刻になった・・・日本海を染めて沈む夕日、この夕日がまたたまらない。

Dscn3313-2

こうして俺は自宅に戻った。戻ってブルームーンを見たのであった。

    <写真は10月31日撮影>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (7)

にかほ発「秋」 ⑤あがりこ大王・女王に会いに行く

きょうで10月が終わる、そして満月である。ブルームーンというらしい。

Dscn3340-2

Dscn3344-2

午後5時18分、巾山からわが郷にもその満月が出た・・・とてもきれいな暖かそうな月、数年前、俺はこの満月を横浜で撮ったのだったが、印刷して驚いたっけ!その満月の中に飛行機が写っていたのだった。そんな思い出のあるブルームーンである。

きょうの天気予報は☀だった(はず)、所が朝には雨だった・・・おいおい違うんだろう。そう思っていたら、俺の嘆きを聞いたようにその後、日が差して来た。そうしたら勿体なくなって、午後からは📷を持って当市のレクレーションの森に出掛けた。本来ならば混雑しないように平日に行きたかったのだが、今年は山の状況が違う、あちらこちらでクマが出ている。それだったら土・日で人が多い方が良いだろうと・・・

最近、特に観光客が増えている”獅子ヶ鼻湿原”に行った。木道は中に進んでいくと、朝の雨のせいか濡れていて、さらには落葉がいっぱいで滑る。だから用心しながら歩いた。

Dscn3203

Dscn3205

駐車場から40分ほど歩いて行くと・・・

Dscn3209

ここからは10分で「あがりこ大王」の前にでるのだが、その前に「燭台」がある。この写真では左の曲がっているあたりが、まるで燭台のようだと、この名がついた。

Dscn3213

そして、「あがりこ大王」だ。それも同じだが、ここらは 異形のブナの群落なのである。つまりブナはかつて木炭にされていた。だからブナを切ったのだが、切るとそこからまた芽が出て伸びる。伸びるとまた切る。その結果、こうした異形のブナ群が出来たのだ。

Dscn3223

あまりにも巨木故、森の巨人として「あがりこ大王」と名付けられ、ここ獅子ヶ鼻湿原の象徴になった。他にも面白い形のものが多く、それらが黄葉してとてもきれいだ。

Dscn3225

Dscn3218

この地から鳥海山が見えるのだが、きょうは曇ってたので残念!

Dscn3232

Dscn3247

そこを戻って、今度は「あがりこ女王」に会いに行った。

大王よりはやや小ぶりであるが、貫禄はある。ここが見つかり、名付けられてまだ日も浅い。

Dscn3243

このすぐ近くにあるのが、「鳥海マリモ」・・・マリモと言っても阿寒湖のような丸いものではなく、一体が苔が敷かれたようになっているのだ。残念ながら、落ち葉で全体を見ることが出来ない。当局に、落ち葉を除去すべきだと多くの市民は口を合わせていうのだが、大学の先生の意見を伺うと、それも自然だからと言うらしく、そのままにして置くべきだと。

Dscn3240

俺もこれでは、苔に対しても悪影響を及ぼすだろうと思うし、見物に来られる方は落胆するようなので、落ち葉は除去すべきと思う・・・

Dscn3239

そのままにしておくのが果たして良いのか、そのままにしておくのが本当の”自然”なのか、貴重な苔だからこそ落ち葉は取り除いてやるのが俺は良いだろうと思う。でも、どこの世界もそうなのだ。上に対しては物を言っても、顔を縦にすることがない。

去年は11月5日に行った。今年は結果的には少し紅葉が遅れているようで、早かったようだ。でも、これからは日一日と安定した天気は望めないだろう、時雨れる日も多くなるだろう・・・そう思うと、きょうで仕方なかったと、自分に言い聞かせた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (6)

より以前の記事一覧