« 雪上の”絵” | トップページ | 日曜日・・・ »

郷土の偉人に学ぶ

市民会議主催の「郷土の偉人に学ぶ作文コンクール」に参加した。この会議の俺も役員の一員なのだ。

Dscn6111-2

このコンクールは開催してもう年々になるだろう・・・本市では2人を偉人としており、この2人の教材を配布し、小学5年生には南極探検隊長だった白瀬矗に学んだこと、また、中学2年生にはTDK創始者斎藤憲三に学んだことをテーマに作文を募集。今年は小学5年生から115編、中学2年生から164編の応募があった。きょうはその表彰式と発表会だった。

白瀬はお寺の子に生まれ、将来極地探検を夢にそのために熱い湯を呑まないことなどを自らに課し、大人になって小さな木造船で出発。目的の南極点には到達しなかったものの、極地にたどり着いた。1番を目指したものの、他国の隊にそれを許した。ただし、隊員に犠牲者を出すこともなくたどり着いた功績は大く評価されている。そのことに対しての子どもたちの感想だ。

Photo_20210220224001

子どもたちの作文のタイトルだ。「夢をあきらめずに」「白瀬さんから学んだこと」「夢にむかって」「諦めないこころを大切に」等々、小学5年生でここまで読み取ることが出来るとは凄い!率直にそう思った。

本市には白瀬隊長の功績を記念し、記念館がある。オーロラの体験もできるし、記念館の前には南極広場と称する公園もある。なお、先月に少し触れたが、1月28日は白瀬が南極に入り、そこを”大和雪原”と名付けたことから、この日、白瀬を偲んで雪中行進が市民参加の下に行われている。

Kinenkan

 

斎藤憲三は、田園工業のまちづくりに大いに貢献した。農工一体のまちとして、秋田県内からは羨望の目で見られた。仁賀保町だったころ、国からの交付金0という時代もあった。町民の多くはその関連工場で働き、所得も県内では1~2位を争うまちであった。

ここに1冊の冊子がある。世界文化社発行の「近代日本の創業者100人」である。この中には、渋沢栄一、岩崎弥太郎、松下幸之助らとともに、齋藤憲三は日本の産学連携ベンチャーの先駆けとして紹介されている。

Dscn6124-2

Dscn6125-2

東工大の加藤・武井両教授が発明した磁性材料「フェライト」を、齋藤憲三は工業化したのだ。このフェライトは、電化製品は勿論、携帯電話、自動車等にも使われていて日本を代表する大手部品メーカーだ。社名はTDK,昨年の都市対抗野球にも出場し、主力工場は本市にある。彼は本市に工場を建て、仁賀保町は”TDK城下町”とも言われた。今では、にかほ市となり、それでも関連の会社が多く他市町からも従業員として働きに来ている。

憲三の功績を紹介し、併せて子どもたちから学習してもらおうと、まちには”フェライト子ども館”がある。遊びながら学べるという事から、ここには市の内外からの入館者が多い。

Photo_20210220231901

憲三は色んな事に挑戦し、失敗し、それでもめげずにとうとう大企業を創立したのだ。こんなことからも子どもたちが学んだことは多いはずだ。これもまた、作文のタイトルからであるが、「新しい自分になるために」「諦めない心と挑戦」「私がもらったヒント」等とあった。

Dscn6113

Dscn6118

きょうは子どもたちの純真な発表に心のあらわれる思いがした。秋田にはこうした本当にたたき上げられた人材がいる。秋田から逃げ出すように上京し、総理になられた方もおいでだが、地元であるからと言うよりも、本当に地元に貢献した人を俺は尊敬したい。尚、これも先日、紹介したが、命がけで九十九島を護った覚林和尚もいる。この人物もまた、偉人として後世に伝えてしかるべきだろう。

 

 

 

| |

« 雪上の”絵” | トップページ | 日曜日・・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

偉人を学び、自分もこうありたいと自分の意見をまとめ発表することは、非常にいいことですね。

人にはそれぞれの生き方があり、その生き方を否定することはできませんが、将来ある子供たちには、是非自分が納得できる人生を歩んでくれることを願っています。

投稿: 京じじ | 2021年2月21日 (日) 09時01分

京じじ 様

コメントを有難うございます。
子どもたちの発表はそれぞれが素晴らしいものでした。故郷の偉人を学んだ子どもたち、今後の生き方に参考になればと思っています。

投稿: でんでん大将 | 2021年2月21日 (日) 09時09分

こんにちは。
郷土に偉人さま、お二人もいらっしゃるのですね!
お子様達が素直な気持ちを作文にして、
でんでん大将さまも嬉しかった事と思います。

投稿: マコママ | 2021年2月21日 (日) 12時21分

中学生の頃、母と南極探検隊の記録映画を見に行った時、
母から白瀬 矗の話を聞きました。父も母も、白瀬中尉と
呼んでいました。
斎藤 憲三は、科学的探究心に富んだ人で、TDKの設立者と
して知られていますね。
勿論、全国的に知られた人ですが、同じ郷土の人となれば、
興味も、尊敬の念も強いと思います。
子供達が、偉人たちを尊敬し、その功績を学び、未来の夢に
繋がる事は、素晴らしい事ですね。

投稿: hana | 2021年2月21日 (日) 21時07分

マコママ 様

コメントを有難うございます。
各地域には、偉人と称賛される方がおいでだと思います。それを知ることも子どもたちにとっては大事な事かと思います。
それにしても小学生の作文も凄いものでした。俺のその頃は、ただただ遊んでいたと言う記憶しかありませんね。

投稿: でんでん大将 | 2021年2月22日 (月) 23時21分

hana 様

コメントを有難うございます。
TDKがあったればこそのわがまちでした。でも、設立当初は社員に給与も出せず、株券で対応したこともあったのです。今ではほとんどの電化製品、車にはなくてはならない部品がフェライトです。
白瀬もまた凄い人物だったようです。目標を持つことの大切さを子どもたちは学んだようですね・・・

投稿: でんでん大将 | 2021年2月22日 (月) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪上の”絵” | トップページ | 日曜日・・・ »