« (コロナに翻弄されたが)・・・2020年有難う | トップページ | 降り続く・・・雪 »

新年おめでとうございます!

新年、おめでとうございます!
今年モウ皆様にとって、幸多き1年でありますように、また1日も早くコロナが収束しますようにと願っています🐄

Dscn4774
拙いブログ「でんでん大将のひとり言」ではありますが、きょうは4075回目の記事になります。今年も宜しくお願い致します。

 

    🐄      🐄      🐄

 

Dscn4788

年が改まってきょうから令和3年になる。何だか昨日が大晦日であり、きょうが元旦。端に翌日ながら、昨日は遠い日に感じるのは俺だけだろうか。気持ち的には随分と離れたような錯覚だ。ただ、恐怖の新型コロナウイルスは解消されることなく、令和3年に持ち越されたので、年が改まっても警戒を怠る事なく注意していきたいものだ。モウ結構だと万全に期したいところである。

我が家の新年の茶の間には例によって掛け軸を並べた。特に順序などはないのであるが、こうした飾りをしている家はモウないのかも知れない。妻が妻ならば夫は夫である、そこら中に飾り物している妻に、掛け軸や絵などを飾りたい夫、こんな似た者同士を”似た者夫婦”というのだろう( ´艸`)

Dscn4773-2

Dscn4777

Dscn4776

かつて我が家の元旦の朝の食事は男(戸主)がやっていた。父亡きあとは俺もやったりしていたが、続いていない。今朝は寝坊して起床が午前7時。朝食の「雑煮餅」の支度を妻は終えていた。それを早速神前に供え、手を合せて「今年も皆健康でありますように・・・」そう願って柏手を打った。

Dscn4783

元旦の朝食は本当に質素な物。雑煮餅+漬物+納豆だ。俺の子どもの頃は、起床すると”口祝い”と称して、干し柿や豆をお茶で頂くことが元朝の風習だったのだが・・・そのお茶の水は若水と言って前日に井戸から汲んだ水だった・・・

雑煮を頂いてから・・・

秋田魁新報を開いた、先ず開いたのが”新年文芸”だ。短編小説・詩・短歌・俳句・川柳の各々の部門で、1~3席に入ると賞金もある。これまで俺は詩で2席・3席に、また、短歌では2席に入ったことがある。1席になれば顔写真付きなので、事前にそれを求められる。だから、それがないと先ずは一席には入らないことが事前に分かる。その賞金目当てではないのだが、新年になっての最初の選ゆえに出詠していた俺だった。

おもむろに開くと短歌は”佳作”として、選者の講評のなかで短歌と共に紹介されていた。2席以下は、後日にその作品が紹介される。3席には入るかナとの自信があったのだが、”かりん”の松井由利子さん・・・選考は甘くなかった。それでも俺の今の実力であり、もっと頑張れよと激励されたものと受け止めた。

Dscn4786-2

  <隠岐の島へ行ったときの土産・牛突き>

午前9時からは、自治会(集落)の一礼式。これもまた連綿と続いている集落の行事だ。自治会長が年頭の挨拶をし、善宝寺講・伊勢講の当番を決めたり、のちに乾杯で終わる。一年一度の「新年会」ということになる。以前はこのあとに酒を呑んだものだが、今は乾杯して解散になる。若い方々は酒を呑む人が少ないし、初詣などもすることから一礼式も簡潔なものとなっている。

一礼式から帰宅してから、頂いたカレンダーを取り換えた。そうしているうちに年賀状が届いた。実は昨春に義母が亡くなったことから、年賀の欠礼状を投函していたのだが、出していなかった方もいたのだ。少し間を置いてから、寒お見舞いと合わせてお詫び状を出したいと思っている。

Dscn4787-2

俺の書く年賀状は約300枚だ、しかし、これが最後の年賀状との文面の方もおいでだし、仕事を始め他の部門での交流も少なくなっていることから、俺も今後は少なくしていこうと思っている。年賀状も書くのは大変な作業だ、でも、頂けばうれしいものだ。それを思うとこれで終わりにしようとはなかなか言い出せない。

初詣はしなかった。やはり義母のことがあったので、神前に詣でる事は躊躇われたのだ・・・

さて、今年は干支では「丑」。写真の”牛突”は5~6年前に隠岐の島に研修に行った際のお土産だ。島ではこのように”牛突”、言わば闘牛的な行事があるようだ。その牛の飾り物。黒い牛も格好良い!

”丑”はこれから発展する良い事の前触れ、芽吹きを表わしているらしい。また、結ぶと言う意味もあるらしい。それを思うと、今年がコロナを収束させるという意味に捉えたい。そう願うばかりだ。

秋田もどんどん感染が広がっている。果たして、この正月明けがどのような数字になってくるのか、怖ろしいけれどもそれを真摯に受け止めて対策を講じる必要があるだろう。コロナとの戦い、加えて年末からの寒波・大雪とも闘わねばならない雪国・秋田。ブラウブリッジみたいに、いずれもクリアして・・・元の生活に戻りたいものだ。

 

| |

« (コロナに翻弄されたが)・・・2020年有難う | トップページ | 降り続く・・・雪 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。
昨年は拙いブログヘお越し頂き、コメントを頂きありがとうございました。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。
ご一家様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

立派な掛け軸が沢山で見事ですね。拙宅はマンション故、床の間さえありません。

お雑煮と納豆とお漬物で元旦の朝食なのですね?
お雑煮は具沢山ですね?
地方で色々違うようです。

投稿: マコママ | 2021年1月 2日 (土) 07時39分

あけましておめでとうございます。
昨年は温かいコメントをありがとうございました。

家族とともに過ごす時間に幸せを感じています。コロナの終息を願うばかりです。
今年もよろしくお願いします。

投稿: ゆうつぁん | 2021年1月 2日 (土) 08時46分

凄い数の掛け軸ですね。
今年もよろしくお願いします。

投稿: 京じじ | 2021年1月 2日 (土) 09時54分

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

地方によって風習がずいぶん変わりますね。
我が家は風習・・・ないです。
何時の頃からか?・・・簡素化が止まりません。
おせちも今の子供たちは喜びませんから、
今風の料理を豪華材料に変えました。
でんでん大将さんの家はきちんと伝統を守っているので
感心しきりです。

投稿: マーチャン | 2021年1月 2日 (土) 11時27分

明けましておめでとうございます。
昨年はご多忙の中、拙い美夜のブログに
コメントを戴き有難うございました。
今年も大将さまのブログを拝見して
沢山の知識を戴き、実り多い1年となりますよう
楽しみにしています。

沢山の立派な掛け軸ですね!
我が家の床の間、今は物置になって掛け軸は
かけられなくなりました(>_<)

投稿: 美夜 | 2021年1月 2日 (土) 11時39分

明けましておめでとうございます。
大将は多分私より年上だと思いますが、毎日更新されていて本当に頭が下がります。
今年はもう少しさっさと行動!を心がけたいと思います。
こんな私ですが本年もよろしくお願いいたします。

投稿: okanyo | 2021年1月 2日 (土) 15時12分

マコママ 様

明けましておめでとうございます!
本年も宜しくお願い致します。
以前から正月は神様の掛け軸を茶の間に飾っていて、俺もそれを踏襲しました。今ではこうしてやっている人少ないと思いますが、この地域では茶の間に飾ります。
元朝はいつも同じシンプルなもの、雑煮餅と納豆に漬物です。

投稿: でんでん大将 | 2021年1月 2日 (土) 15時20分

ゆうつぁん 様

新年おめでとうございます!
こちらこそ本年も宜しくお願い致します。
ご家族と一緒の新年のようですね・・・良かったですね
一年が穏やかであってほしいと願っています。

投稿: でんでん大将 | 2021年1月 2日 (土) 15時23分

京じじ 様

明けましておめでとうございます!
こちらこそ宜しくお願いします。

投稿: でんでん大将 | 2021年1月 2日 (土) 15時25分

マーチャン 様

明けましておめでとうございます!
今年も宜しくお願い致します。
時代が時代だけに拘っていることもないのでしょうが、なにかしらけじめをつけないと、季節感覚が薄れますので、我が家の風習を継続しています。こんなやり方があっても良いんだとやっています。

投稿: でんでん大将 | 2021年1月 2日 (土) 15時29分

美夜 様

新年おめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。
知識なんか特別持っていません、馬齢を重ねているのもです・・・
我が家には床の間は、一階に3つ、2階に1つあり、それぞれに他の掛け軸を掲げています。正月は茶の間の襖に神様たちを飾っています。古い家ですから。

投稿: でんでん大将 | 2021年1月 2日 (土) 15時34分

okanyo 

新年おめでとうございます!
今年も宜しくお願い致します。
俺は立派な?老人ですよ・・・団塊世代なんです。
はまってしまうと夢中になるタイプです。日記代わりの拙いブログです。ただ、これをやらないと1日が終わらないような気持になっているんですよ・・・ご迷惑でなかったら、訪問頂ければ幸甚です。

投稿: でんでん大将 | 2021年1月 2日 (土) 15時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (コロナに翻弄されたが)・・・2020年有難う | トップページ | 降り続く・・・雪 »