« にかほの”タラーメン” | トップページ | 疫病除けの証文 »

残り花

時々小雨の1日になった・・・

俺は10時から、先日に亡くなられた集落の親戚宅で49日法要があり参列した。ここの家は旧家中の旧家で、寺の本家になっている。今回案内を頂いた方の戒名は勿論院号で、篤〇院禅〇壽慶〇〇というものだ。菩提寺の名の一字も入り、壽とか慶とか、俺からみれば凄い戒名だと思う。ただ、集落やまちでの功績があったのかと言えば???。旧家ということ、寺の本家という事から授かったようなもので、戒名料やお布施などでおそらく百万円もしただろう・・・

この時世、葬儀も縮小されたりささやかな葬儀、家族葬が多い中、49日の法要もするというのだから凄いと思う。我が家のように生きている俺たち夫婦が慎ましく暮らしているのに、亡き親の為とは言えここまでやれることは裕福な家なんだろう。俺は息子には「生きている人間が一番なのだから、俺に万が一の事があっても供養はささやかで身内だけでいいよ」って、この秋に話した・・・

案内する方が余裕があっても、案内される方の事もある。きょうのご仏前も1万円だから大きな負担ではないものの、負担になる親族も正直ある。親の供養、先祖の供養は大事だと思うし、するべきだと思う。しかし、きょうだって30分ほどの読経、墓参り・・・あとは、11時頃からホテルでの飲食だ。村中ではこうしたことをしないと、”粗末だ”とも言われて来た。でも・・・そうなのだろうか。

俺の父も俺と同じ考え方をしていた。先祖を供養する為に、生きている家族や子どもたちが飯を食えないということでは、供養をするという事は間違っていると・・・一時、俺は菩提寺とも口論したことがあった。菩提寺では言う「今あるあなた方は先祖様があったからだぞ」と。それは分かるし供養はしたい。だが、生きている人間には暮らしがある。それを切り詰めてまでも供養しなければならないにか、出来る範囲でやることが「先祖を粗末にすることなのか」・・・

供養をして生きている人間は酒を呑む。故人をしのぶなどはほとんどない。世代も違うから交流もなかった。ただ、法要という事で読経をし、焼香し、あとは酒のみだ・・・ある時代、農村では生活改善が叫ばれたときがあった。見栄をやめて文化的な暮らしをということで、住宅は小さく、結婚式等は公民館で、引き出物は廃止し花輪の代わりに花輪ポスターを・・・そんな旗振りであった。だが、あの日に組合長の言った言葉が忘れられない。どうしても変えられないのが「仏事」だと言ったことを。出来れば葬儀も簡素にと。・・・でも、お寺があるだけに、それはどうにもならなかった・・・

Dscn4090

Dscn4096

我が家の庭の樹木はほとんど冬への準備が整った。木々の葉は落ちて裸木になっている。ナツツバキ、ヤマボウシ、白モクレン・・・咲いているのが四季さくら、あとはサザンカ・・・ただ、草花は辛うじて残っているものもある。

Dscn4091-2

Dscn4094

Dscn4093

草花って案外寒さに強いものだと思う。そろそろ雪を被ってしまう時季になったが、それでも懸命になっていのちの炎を燃やし続けている。俺も残り花のような年代だ。いつどうなるか分からない年代だ。それでもいのちが尽きるまで生きねばならない。そのためにも明日に目標を持って生きねばならない。

| |

« にかほの”タラーメン” | トップページ | 疫病除けの証文 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

葬儀・法要の考え方は大将の思いと、じじは全く一緒です。こちらでは葬儀は家族葬が主流ですね。法要もごく内輪で営みます。このことに関しては住む地域での仕来りもあることから難しい問題ですね。

投稿: 京じじ | 2020年11月30日 (月) 08時16分

こんにちは。
今ではご葬儀、法要など縮小が当たり前の時代と思っております。ましてこのコロナの中ですからね!
夫の一周忌も間もなくですが、ご住職にお任せしてどのようになりますか?納骨も急がずにと思っております。

私はもう葬儀社に予約済みで支払いも済ませております。妹たちへの負担がないように〜。

投稿: マコママ | 2020年11月30日 (月) 11時47分

京じじ 様

コメントを有難うございます。
田舎ゆえに仏事に関してはなかなか思い通りにいかないのです。お寺のいいなりになっているのです。勿論、菩提寺についてはそれなりに考える必要はありますが、主体はあくまでも個人の考え方のはずです。難しいです。

投稿: でんでん大将 | 2020年11月30日 (月) 17時12分

以前は、テントや長机などを持ち込んで、町会役員総出で
近所の人達も一緒に葬儀をやったものですが、最近は、
ほとんどが家族葬になっています。
母も、亡くなる寸前まで、子供と孫だけで静かに・・・と
しつこく言われておりました。
死んでから迄、子供たちに迷惑や負担をかけたくないと。

投稿: hana | 2020年11月30日 (月) 17時31分

hana 様

コメントを有難うございます。
今では家族葬が普通になっているようですね・・・都会
では・・・。田舎だとなかなかそうもいかなくて。家族葬が俺も一番良いと思っているのですが、田舎ではまるで飲食会みたいな感じです。これで故人が喜ぶのでしょうか。お寺にも考えてほしいものですし、葬儀の在り方をもう少し考えるべきかと思っています。

投稿: でんでん大将 | 2020年11月30日 (月) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« にかほの”タラーメン” | トップページ | 疫病除けの証文 »