« 静かな朝 | トップページ | 秋の味覚 »

鳥海山の初冠雪

10時から親戚の葬儀・告別式だった・・・集落一の長寿の方だっただけに、弔辞のひとつもなく淡々と終わった。それもまた寂しいものだった。自宅での葬儀が終わって、冷たい雨の中であったのだが納骨も行った。喪主はきちんと裃、さすがに旧家の葬儀だけに整然としたものだった。3年前の母の葬儀で俺も裃を着たが、以来集落の中でこのようなこともなく、葬儀を終わっていただけに整然としたものだった。昨今は、喪主であっても礼服が主流になっている、だが、それはわが地域では略式のものであり、正装はやはり裃なのだ・・・

納骨後のお斎はAホテルだった。迎えのマイクロバスに乗って鳥海山を見たら、中腹しかみえなかったのにその中腹が白くなって見えた。夜中のからの雨が、山では雪に変わったようであった・・・

お斎から帰った俺はカメラを持って鳥海山にそれを向けた・・・

Dscn3196

目で推測すれば、5合目あたりにも雪が見えた。中腹の右側の窪んでいてそこは真っ白。奈曾渓谷だ。残念ながら頂きは雲がかかっている。俺はしばらくそれを眺めつつ、雲がかすれるのを待ったのだが・・・

Dscn3201

Dscn3206

ズームするとうっすらと山頂が写った。それからもう少し待ったのだったが、もうこれ以上は見せてくれず、逆に曇って来て見えなくなった。紅葉し始めている山と初冠雪。とてもきれいなのだが、今後は日一日とその寒さが里にも下りてくる。尚、この初冠雪は昨年よりは11日早いという事だった・・・

我が家の庭も急速に秋に向かっている。先日、紹介したダイモンジソウがにぎやかに咲き出している。

Dscn3213

Dscn3211

Dscn3210-2

Dscn3209

Dscn3208-2

日陰の中にひっそりと咲く。それでも花の形は「大」の字だ。小さく咲いても、それは大きな望みをもって生きて行こうとするその姿勢を見るように、俺には見える。人生は人の数だけそれぞれ夢や希望がある。しかしながら、その夢や希望を叶えた人、叶えられなかった人があり、圧倒的に後者の方が多いのが現実かと思う。

しかし、夢や希望を追いかける追い求めるのだけが人生でもないだろう。先ずは生きていく事、自分を戒めながらも物事に向かって行く姿勢こそ、大事な事だとも思う。農家に生まれ、それをぶつぶつ言う俺もいる。だが、考えてみれば結果的に他で生きられたであろうか!自らの能力を考えれば所詮、ここで生きて行く力しかなかったのが俺である。

ただ、生きて来た中で、死に直面しながら生きて来たゆえか、弱い人、病気がちの人、そのような方々の思いを知ることが出来た。あと残された時間は多くはない。無理に背伸びして生きて行くよりも、今の自分の等身大で生きて行くしかない。朝にスズメが餌台に飛んでくる姿に安らぎ、きれいな鳥海山を見つめて感動し、稲がどうだかんだと言いながら生きて行くしかない。

そう思うとこのダイモンジソウのなんと強く、しかし、やさしい花なのだろうとこころに沁みてくる・・・

 

|

« 静かな朝 | トップページ | 秋の味覚 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
鳥海山初冠雪で美しい姿ですね。
寒さに向かい、一層白さを増す事でしょう。
可愛い大文字草、色とりどり咲いていますね。

ご葬儀、ご参列でお疲れ様でした。

投稿: マコママ | 2020年10月18日 (日) 07時26分

鳥海山に初冠雪ですね。冬が近づいていると感じさせる光景ですね。

大文字草は色々な花色があり、人の目を引きつける魅力がある花ですね。

投稿: 京じじ | 2020年10月18日 (日) 08時11分

鳥海山が雪化粧。
夏の岩石ごろごろの山が、美しく変身し、
里にも日々、冬が近づいて来ます。
冬の厳しさを想うと、身が引き締まりますね。
丸っこい 小さな蕾を、目いっぱい大の字に広げ、
シベも思い切り伸ばし、細い身から力強さを
みなぎらせて、可憐な中にも凛々しさを感じさせます。
特に男性の方は、魅力を感じるようですね ლ(╹◡╹ლ)

投稿: hana | 2020年10月18日 (日) 22時20分

マコママ 様

コメントを有難うございます。
とうとう鳥海山が初冠雪です。昨年よりも11日も早いとか。この寒さが本格的になって、里に下りてくるのも近い事でしょう・・・
ダイモンゾソウの鉢植え、数えたら15鉢ほどありました。どれもがどんなに小さくても、花は「大」の字。改めていい花だと実感しました。

投稿: でんでん大将 | 2020年10月19日 (月) 19時58分

京じじ 様

コメントを有難うございます。
昨年よりも早く、鳥海山が初冠雪。寒いわけですね・・・わが郷にもこの寒さが近々下りて来ます・・・
持っている全ての鉢のダイモンゾソウがきれいに、いっぱいに咲き、嬉しいです。

投稿: でんでん大将 | 2020年10月19日 (月) 20時03分

hana 様

コメントを有難うございます。
ズームレンズいっぱいにして、鳥海山の頂きをアップしました。いつもは優しい形の山容ですが、雪が降れば一変し荒々しさが目立ちますね・・・
これから里も寒くなります・・・
ダイモンジソウがいっぱい咲いてくれました。日陰が好きながらも、開く「大」の字には迫力さえ感じます。

投稿: でんでん大将 | 2020年10月19日 (月) 20時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 静かな朝 | トップページ | 秋の味覚 »