« いよよ「秋」 | トップページ | 秋進む・・・庭 »

ちいさな「大」

”日本中の青空を集めたような東京の下で開会の東京オリンピック・・・今でもあの日のNHKのオリンピックの開会式のアナウンサーの声が脳裏に甦る。もう東京での開会を見ることはないだろう、そんな思いを抱きながらあの開会式をテレビで見たものだった。以後、この日を記念して祝日になったのが、今年からその祝日がなくなった。

10月10日を開会式に決めたのは、「晴れの特異日」だったからと聞いた気がする。だが、きょうの天気は台風14号の影響だろう。一部の地域には大雨警報が発令され、わがまちはほぼ終日曇り日だった。それに風も昨日に続いてあった・・・しかも、気温が上がらない。秋田県ではそれでもわがまちが一番高く21度であった。

仕事着に着替えて作業をしようとしていたら、わが集落に救急車が入った。村の数人が道路に出ていた。搬送を依頼したのは俺の本家であり、駆け付けると俺よりも1歳上の当主が搬送台車に乗って、救急車に乗せられるところであった。足が動かなくなって歩けなく、救急車を呼んだらしい。元々彼は数年前に脳梗塞で倒れ、右足に幾分マヒがあった・・・6月には彼は奥さんを黄泉に送っている。退院してくれたら良いのだが・・・

Dscn9834

もうヒガンバナは咲き終わろうとしている。秋の彼岸も終わっているから、このあと秋田は急速に秋は進み、ほどなく冬に入るだろう。その前にはやりたいことがいっぱいある。そのひとつが庭の掃除だ。昨日の続きとして、俺はけやきの伸びている枝を整理し、来年の花壇を考えながら、近辺の整理を行った。

Dscn9926

風もあるから鉢等は乾く。葉水もしながらホースの先端を持って蛇口をひねり、散水を始めた・・・👀あれ・・・ブルブル手が震えた。鉢を上げている鉢台に・・奴がいる!妻を呼んだ。あのブドウ棚に上がっていた奴に違いない。俺は殺気立って仕留めてやろうかと一瞬思った。が・・屋敷蛇は殺すなと言う。だから妻に聞いてからと呼んだのだが、そうしたら奴も気づいたのか消えていた。

「いないじゃない!」妻が家中に戻った。ところが、今度は隠れながら進む奴の下半身?が見えた。野郎!と思ったが、すーっと消えた。俺はそこら中に水をいっぱい散水した。暑くもないのに風があり肌寒いのに、穴まどいの奴か!そう言えば2~3日前に除草していた時に、奴の抜け殻を見つけていた。

ああ・・・嫌だ!嫌だ!稲刈りしていた時も、コンバインの下を逃げていく奴がいたっけ!

Dscn0001

鉢植えにしているダイモンジソウが増えている。この花も結構、種子がこぼれているのだろう。様々な鉢物の上にも生育している。花は小さいのに花の形が漢字の「大」。そこから大文字草と付けられたようだ。ただ、この花を俺のカメラで撮るのは難しい。一応🌷マークで撮ったのだがピンボケ。なので今夜はその中から、トリミングした数枚をアップ。

Dscn0072-2

Dscn0070-2

Dscn0029-2

Dscn0028-2

この花にも勿論それぞれ名がついている。だが、植えるときにラベルに書くのだが、1年にならないうちに消えている。油性のマジックでかいているのだが、毎日の散水のせいもあるのだろう。

俺はこのダイモンジソウが大好きだ。何よりも小さいながらも、まるで大きな夢を持って生育しているように思えるのだ。それが「大」の形に象徴されている。簡単に増えるから”苦労人”ではないかも知れないし、”たたき上げ”でもないだろう。だが、この小さな身で人にも夢を与えてくれる花はそんなあるものではない。

花は嘘もつかないし、俺が咲くからあいつを消せ、そんなこともなく、鉢のなかでそれぞれに「大」を開いて咲いている。どこかの「大」臣のようもに権力の行使もしない。あるがままに、衒う事もなく咲いているこの小さな花に愛しさが湧く。

かつて甲子園大会には、秋田県からは”秋商”が何度となく出場した。あの時の投手は今川氏であった。身長の低い、下手投げの投手で、打者を翻弄させて打ち取る投手であり、「小さな大投手」との異名があった。昨今の相撲界でも、炎鵬とか、先場所活躍した翔猿等小兵の力士の活躍が場所を盛り上げている。

このダイモンジソウは、我が家の鉢物を盛り立てているような気さえする・・・

Dscn0073-2

きょうの最後は、昨日、フラワーアレンジに行った妻の作品をアップし、きょうのブログを閉じる。

三宅島などには猛烈な雨が観測されているようだ。被害のないことを祈るのみである・・・

 

 

|

« いよよ「秋」 | トップページ | 秋進む・・・庭 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

奴が居るのはそれだけ自然豊かな証拠でしょうね。毒蛇はいないでしょうから、縄だと思って無視しては如何でしょう。そうもいかないか。

大文字草はじじも好きですね。花の形・花色・何と言っても愛らしいですね。

投稿: 京じじ | 2020年10月11日 (日) 08時23分

東京オリンピックは、終戦からまだ19年しか経っていない
日本で行われ、若者の夢と希望のイベントでした。
二度目が有ろうとは思いもしなかったのですが・・・
本当に、二度目は開催されるのでしょうか??

大文字草、綺麗に咲いていますね。
小さいのに寒暖に負けず仲間を増やす強さは、勇気を与えてくれます。
蕾が沢山付いています。暫く楽しめますね。

投稿: hana | 2020年10月11日 (日) 11時42分

こんにちは。
台風はUターンしていますが伊豆諸島など土砂災害が心配ですね。
被害が少ない事を祈りましょう。

当地はやっと雨がやみ久しぶりに20℃超えの予報です。

大文字草、白しか存ぜずでしたが、柔らかいピンクも
可愛いですね。
奥様のフラワーアレンジメント!
吾亦紅でしょうか?秋の彩りが良いですね。

投稿: マコママ | 2020年10月11日 (日) 13時12分

京じじ 様

コメントを有り難うございます。
確かに奴にとっては良い環境だろうと思います。が、出合いたくない奴です😂
ダイモンジソウは可愛いですね~

投稿: でんでん大将 | 2020年10月12日 (月) 06時42分

hana 様

コメントを有り難うございます。
確かに延期になったものの、開催出来るのか分かりませんね。アスリートのみなさんを思うと、体力の維持や気持ちの維持が大変でしょうね。
ダイモンジソウには、勇気を頂けます❗

投稿: でんでん大将 | 2020年10月12日 (月) 06時51分

マコママ 様

コメントを有り難うございます。
最近はダイモンジソウも八重咲きも出ています。日陰にも強いし、小さいながらも大の字からは勇気を頂けます‼️

投稿: でんでん大将 | 2020年10月12日 (月) 06時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いよよ「秋」 | トップページ | 秋進む・・・庭 »