« 進む”庭の秋” | トップページ | にかほ発「秋」 ①秋を装う鳥海山 »

法体(ほったい)の滝

天気も良いので毎年紅葉狩りをしている「法体の滝」に出掛けた。ただ、今年の紅葉はいささか遅めだと聞いていたので、果たして”錦秋の滝”に出合えるか、心配しながら出掛けた・・・我が家からは、車で約1時間半、ここは鳥海山の真下に当たる。

Dscn9825

きょうは平日、滝の前に観光客の姿は2人。駐車場も車が2台。やはりまだ紅葉には少し早かったようだ。この分では、来週あたりが見頃となりそうだ。例年なら10月半ばから下旬にかけてが見頃の滝だったが。

Dscn9829_20201021212101

ここからの目線では分からないものの、この滝は”一の滝””二の滝””三の滝”からなっている滝であり、流長は100m、滝の落差が57m、末広がりが特徴であり、”日本の滝百選”にも選ばれている滝だ。源は鳥海山に発しながらも、その頂きに向かうというこれまた珍しいと言われている。但し、ここから鳥海山は良くは見えない。

Dscn9842

Dscn9838

滝の横には赤いつり橋が掛っていて、急坂な階段を上って行くと展望台がある。ここからは”一の滝、二ノ滝”も見える。そして滝つぼも見える。これが紅葉していたら見事だったのの残念であった。

かつてこの滝つぼ付近では、「釣り吉三平」の映画のロケも行われ、周辺にはその案内板もある。

ここは由利本荘市に併合されたが、その前は”鳥海村”それから”鳥海町”になり、現在は由利本荘市の最奥地の百宅地区。鳥海山麓線矢島駅から車で45分。俺の子どもたちとは学年行事で、ここで”鍋っこ遠足”したことがあった。

Dscn9852

滝の前の広場の池

Dscn9853

きれいな模様の石があった

Dscn9845

紅葉・・・

Dscn9861

ここ百宅(ももやけ)は落人伝説の残っている地域だ。この法体の滝の下流にあるこの地域。現在、工事中であり田んぼには稲一株もない。実はここは近い将来、ダムの湖底になる。そのダム工事が始まっているのである。計画が示されたとき、賛成派・反対派それぞれいがみ合ったらしい。

これまでの経緯が新聞に連載されたが・・・まだまだすっきりしない人、もうここから離れて他地域に移転した人、様々であるのだが・・・ここは豪雪地域でもある。1年の半分は雪の中。しかも病院までは遠い。紙面では「きれいだとか、環境が素晴らしいなんて言われても、自分たちにも生活がある、早くこの地を出たい」という住民の言葉が印象的だった。

この地域を帰路にして通ったが、もう家屋の解体も始まっていた。

ただし、ダムの計画では法体の滝は残るように描かれている。果たして、ダム湖と法体の滝がどう現れるのか・・・その日が来るのは、俺には観ることがないだろうナ~

最後の一枚はネットから頂いた”紅葉最盛期の法体の滝”である。

201

| |

« 進む”庭の秋” | トップページ | にかほ発「秋」 ①秋を装う鳥海山 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

滝百選に選定されるだけに見ごたえ十分の滝ですね。紅葉の最盛期には及ばないにしても、結構色付き初めていますね。
いいものを見せていただきました。

投稿: 京じじ | 2020年10月22日 (木) 08時12分

法体の滝の紅葉・・・素敵ですね~。
ダムが出来ても残るのでしたら、観光になりますね。
ダムの建設が地方のニュースで取り上げられますが、
ダムの必要性があるのか?いつも感じてしまいます。

投稿: マーチャン | 2020年10月22日 (木) 09時01分

こんにちは。
昨日までの秋晴れは何処へ〜ですが、
美しい景色を拝見できて嬉しいです!
紅葉が進めば滝とのコラボも見応え十分ですね!

投稿: マコママ | 2020年10月22日 (木) 15時20分

もう、紅葉の季節なのですね。
三段に連なる滝は、見ごたえありますね。
ダムが出来ても、この美しい滝は是非残してほしいものです。
住むには厳しいと言われても、ダムに消える人々の暮らしを
想うと複雑な想いがします。

投稿: hana | 2020年10月22日 (木) 18時42分

京じじ 様

コメントを有難うございます。
紅葉は例年よりもやや遅れているみたいです。法体の滝もいつもなら紅葉の盛りなのですが、暦通りにはいきませんね・・・

投稿: でんでん大将 | 2020年10月23日 (金) 06時31分

マーチャン 様

コメントを有難うございます。
ダムの必要性を俺も考えます・・・
要は下流に住む人のため、街のためのダムつくりですが、逆に洪水の原因になったりもしますね、もう限度いっぱいになれば放水するのですから・・・

投稿: でんでん大将 | 2020年10月23日 (金) 06時36分

マコママ 様

コメントを有難うございます。
今季は秋晴れという日が少ないように思います。それが紅葉を遅らせている原因の一つかも知れません。最高の法体の滝が撮れなくて残念でした。

投稿: でんでん大将 | 2020年10月23日 (金) 06時39分

hana 様

コメントを有難うございます。
ダムに沈む村の住民にとっては、様々な葛藤があったようです。「住めば都」でしょうか?でも「住まば都」でもあります。これがきっかけで街部に住めると言う安心感で同意した人が多かったようです。きれいな自然だけでは生きていけない、本音かも知れません。
きれいな錦秋の滝を撮れなかったことが残念でした。

投稿: でんでん大将 | 2020年10月23日 (金) 06時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 進む”庭の秋” | トップページ | にかほ発「秋」 ①秋を装う鳥海山 »