« あの日の9月8日 | トップページ | 大水 »

県民性?

窓を開けて寝た夕べだったが、入って来る風が肌寒く、今朝午前4時頃目が覚めた。そこで、トイレに立ったのだがふたたび寝ようとしても眠れず、階下の洋間に寝転んだ。勿論、そこでも睡魔など来ない・・・ああ、そうだとラジオのスイッチをオン。NHKの”ラジオ深夜便”にダイヤルを合わせた・・・

眠れなかったのは、昨日は体調を考えて昼寝を3時間ほどしたこともあったからでもあるだろう・・・ラジオから聞こえて来たのは、偶然にもあの大ファンの須磨さんの声だった。若き日には、仙台で行われた”花の祭典”に出掛けたことがあり、当時、「趣味の園芸」を担当していた須磨アナウンサーが来るとの情報もあって出掛けた俺だった。テレビの録画が終わって、俺は須磨さんと並んで写真を撮ってもらったことがあった・・・

Dscn6389

ああ・・・きょうは運が良いな~思いがけなくも須磨さんの声も聞けたし😃ところが、5時半、新聞が配達されたので開いて驚いた・・・そして、これが秋田県人のいわゆる「県民性」かと愕然とした。これを記述すれば、県民の多くは”お前はどこの県民か”と言われるかも知れない。某総裁候補の支持者からも、そう言われるかも知れない・・・のであるが。

一昨日の秋田魁新聞の記事である・・・

Dscn6398-2

一昨日であったか、”ポスト安倍”としてその候補者3人が名乗りを上げた。その3人が政策理念を色紙に書いて披露していた。それに、もう派閥の大方からの支持が表明された某氏、その色紙に「自助・共助・公助」と書いた。これが政治理念?と俺は唖然としたが、自分の事は自分で、出来ない時は地域等と力を合わせろ!それで出来ないことは政治でやる・・・そう俺は受け止めたからだ。

しかも、俺には投票する権利はないものの、各地で行われる予備選が秋田県では行わない、3票は某氏で決まったようだ。こんなことからも、これが秋田県民性?と違和感を持っていたのに、今度は某氏の銅像を建てる計画が持ち上がっていると言う。特別な実績があったわけではないし、まだ、これから何をしようとしているのかそれさえもわからないのにである。これが県民性だとするならば、俺はその見識を疑う。

今朝の新聞コラムにもそのような事が載っていたのだ・・・この新聞を見て、やはりおれだけではなかったな~と。

秋田県では、「隣りで家を建てれば、我が家で腹を立てる」というような言葉があり、これが県民性のひとつとさえ言われていた。つまり僻み根性というものだ。お前もそうだろうと言われるかも知れないが、この銅像だけにはドウゾ!なんてとても言えない。このような計画を某氏は知らないとは思うのだが・・・これを知ったらどんな感想述べるだろう。

Dscn6397

今回、秋田県から初めての総理大臣が出るような状況になっている。彼は苦学し、苦労してここまでになったと言うから、その根性も努力も並大抵のことではなかっただろう、その事に対しては評価をしたいのだが、だったらもっと国民に情で訴える理念があっただろうに・・・それが残念だし、また、銅像については地元で勝手に動いているらしいが、このままでは秋田県民が嘲笑されるとさえ危惧している。

Dscn6395

緑のアジサイがまだまだ健在な我が家。その緑の中に白が一輪・・・俺のようなものかも知れないな~

ちなみに銅像だったか、胸像だったか、或いは顕彰碑だったか、隣りの由利本荘市では「遠藤章氏」の功績を称えようと進められている計画がある。遠藤氏は高コレステロール血症の予防と治療に効果的な物質「スタチン」を発見し、様々な賞を受賞、ノーベル賞候補にも候補者の一人でもある。このような方はもう世界中の人間を救っている功績もあることから、このような方に関する顕彰は大賛成だけれど。

銅像建立の発起人のひとりはこう述べている「ふるさと納税制度の創設や高速道等の整備推進には心強い存在であった、その気持ちを示したかったから」と。ただし、この動きはその前にもあったようで寄付を募ったら200人から1千万円集まったようだ。しかし、「生きているうちに建てるのはどうなのか」また「政治活動に迷惑にならないか」等の異論もあって、建立は一時保留とし、官房長官退任時をめどに考えていたようだ。ところが今度はそれ以上の大きな立場、日本のリーダーの誕生の見込みに。そこで「そうなれば納得してくれる人は多いはず、銅像を自身にもみてほしい」ということになったらしい。

「銅像を見た若い人らが、頑張れば某氏のようになれると感じてくれるのでは」そう話しているようだ・・・

 

 

|

« あの日の9月8日 | トップページ | 大水 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

まだ仕事半ばなのに銅像を建てるのは早すぎるように思います。
菅さんもうれしいより迷惑ではないでしょうか。
故郷に偉人が出ると銅像を建てたくなる気持ちはわからないではないですが、偉人となれるかどうかはこれからのことで、早すぎる顕彰は阿諛追従、おもねりの気持ちが感じられてしまいます。
県民性というよりも、当人の気持ちを察することのできないそのような一部の人の話だと思います。

投稿: OKCHAN | 2020年9月10日 (木) 03時52分

生存中に銅像の建立ですか。じじの銅像のイメージは没後、功績を称えて建立するものですがね。
初の総理大臣誕生(?)で地元では盛り上がっているのでしょうね。でも、菅氏自身は秋田を飛び出した(?)との噂、複雑です。
コロナ・生活、これからどうなるのでしょうかね。

投稿: 京じじ | 2020年9月10日 (木) 08時43分

OKCHAN 様

コメントを有難うございます。
地元にすれば燃え上がる気持ちもあるのでしょうが、今回の自民党の総裁選にも、俺は疑問を抱いています。選挙戦とは言いながら、もう出来上がっている状況下、まったく国民不在だと思っています。今回は一部の声高の人間の支持発言で、わが派閥もと勝ち馬に乗る。むしろ地方選を先にして、国会の先生方はあとにした方が、国民の声を聞くことになるのでは・・・?
いずれにしても何で今銅像を・・・どうかしているという疑問は解けませんね・・・

投稿: でんでん大将 | 2020年9月10日 (木) 21時37分

京じじ 様

コメントを有難うございます。
今、銅像を・・・失礼ながら笑っちゃいます。そんなこと後世の人間が判断するものでしょう・・・これから始まろうとしている人間の、それもすぐに沈んでしまうかも分からないし、ひょっとして長期政権になるかもしれない、いずれその判断は後世の人間が判断することだと思います。

投稿: でんでん大将 | 2020年9月10日 (木) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あの日の9月8日 | トップページ | 大水 »