« 季節が動き、また・・・ | トップページ | 雨の一日 »

嬉しい朝

ああ・・・来たな、一羽だ二羽だ、次から次に飛んでくるスズメを窓越しに見つめ、きょうがいよいよ草刈りも最終日だなと気を落ち着かせた。何しろすったもんだのあった昨日だったし、足の指を消毒しテープを貼ったこともあり、昨夜の入浴は止めていたから、起床しても何かが変な気持ちになっていて、それを飛んできて餌を食べているスズメたちに癒された・・・

Dscn6522

Dscn6514-2

新聞をきょうは特に第一面に「菅政権スタート」と大きな見出し、各閣僚も決まってその写真も大きい。それは特に秋田県出身の初の総理の誕生ということからも、特別扱いしているようだ。地元紙であれば当然のことだろう。様々な学者や見識者からもコメントが載っている・・・期待と失望・・・それぞれが載っている。

それから、きょうは”木曜日”なので「読者文芸」の紙面に目を移した・・・

👀そこには、俺の名前と写真(〃▽〃)ポッ。過日、その旨の通知とコメントを求められ、さらには顔写真も・・・そして、3日前には電話取材を受けたのだった。が、夢のような話でもあり、実際に新聞にアップされるまでは???・・・だから、新聞を見てホッとするとともに恥ずかしさも込み上げて来た。

Dscn6537-3

「新聞を見たおめでとう」と仲間や知人から電話が、メールが入った。方や農家の長男でありながら政権の座についているのに、俺は農家の長男でいつも愚痴っている。それでもこうして短歌で推薦を受けたことは励みだ。毎日まいにち土くさくなり汗みどろになっている俺。そのことを衒わず悶々と歌っている俺。それでも評価されれば嬉しいもの。たかが短歌、されど俺には短歌である。

もう〇年やって来た短歌。短歌を褒められても何の役にも立たない。折角、詠んでもああだこうだと批評される。人はなんでそれが面白いの?って言う。勿論、金にもならない、むしろ費用が発生し、時間を取られている。確かにそうだ。でも、短歌を詠んでいることから、花と言っても何という花?道端の草にも周辺の気配にも耳を澄ますことが出来たし、時にはそれで不満の代弁ともなった。

人の考えは様々であるし、様々であっていい。むしろそれがないと恐ろしくなる。人それぞれである。

日々に目標を持って生きたい、張りを持ちたい・・・今さらながらの今回の俺の投稿であったのだが、県内にあっては短歌の登竜門のひとつだ。これからも修練の場として、今後もしばらく投稿を続けよう、そう思っている。

Dscn6531

Dscn6532

バラは3番花、4番花になり花もだんだん小さくなっている。それでもバラはバラ。俺の日々に彩りを与えてくれ、癒されもする。花が終われば剪定していることが、こうして何度もなんども花を見せてくれるのだろう。そう思うと日々の小さな積み重ねが如何に大切な事なのか、大事な事なのかを気づかせてくれる。

秋の天気はなかなか落ちつかない。気まぐれとでも言うべきか。今朝も一時、雨が降った。稲刈りを計画していた人にとっては出鼻をくじかれた感じだっただろう・・・その雨、小降りながらも地面は濡れた。そして今度は日差しだ。従って、どこかしら蒸し暑い。気温も28度に上がったから日中は尚更だった。

Dscn6535

それでもそれでも「秋」

Dscn6533

我が家のシュウメイギクの白も咲いている。これに誘われたことではないだろうが、ノボタンも咲き出している。

|

« 季節が動き、また・・・ | トップページ | 雨の一日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いいじゃないですか、早々、新聞に写真付きのコメントが載ることはないですからね。おめでとうございます。
これを励みに短歌を極めてください。

投稿: 京じじ | 2020年9月18日 (金) 08時02分

おめでとうございます。新聞を拡大して単価を読ませていただきました。やはり素晴らしい歌ですね。農家として同じような思いをしていても歌にすることはなかなかできません。言葉と生活と生き方が結びついているのですね。ますます頑張って農の心と誠実に生きる人の気高い志を言葉に託して歌ってください。うれしいです。

投稿: はるか | 2020年9月18日 (金) 10時21分

すみません、短歌を単価と間違えて打っています。うれしくて急いで打っていて読み直しせず送っていました。

投稿: はるか | 2020年9月18日 (金) 10時24分

大将さんならではの、素晴らしい短歌です。
堅実で素直・・との評でした。
大将さんの人柄も、歌に織り込まれていたのでしょう。
和やかな家族、愛する鳥海山、仕事に対する誠実さ、
全てを大切に想い、愛情を感じました。
素晴らしい表を戴きましたね。
おめでとうございます!

投稿: hana | 2020年9月18日 (金) 11時05分

おめでとうございます
短歌はよくわかりませんが、土の匂いがにじみ出ていいですね。
また一つ良いものを見せてもらった気がします。

投稿: 3年5組hiki | 2020年9月18日 (金) 13時22分

こんにちは。
おめでとうございます。
素晴らしいですね!
新聞に短歌と共にお写真も!
良い記念ですね!
評価も大将さまのお心に響いた事でしょう。

投稿: マコママ | 2020年9月18日 (金) 13時39分

新聞に短歌が名前・写真とともに載るなんて凄いですね。
おめでとうございます。
『魁』最初の頃は読めませんでした。
たぶん、こちらの地元紙にも文芸の投稿欄があったような気がしますが、自分が苦手なのでスルーしてます。

投稿: しゅうちゃん | 2020年9月18日 (金) 20時27分

でんでん大将さん、こんばんは。

文才のある大将さんが本当に羨ましく輝いて見えました。地に足をつけて生きて行くことの大切さを感じました。

秋田県出身の総理大臣ですので、地元としては喜ばしいことだと考えています。しかし評価は実際に結果が出てから下せることだと思います。
しかしながら菅内閣を支持する原因の1番が「人柄が信頼出来る」からだそうです・・・そんなことが言えるのは余程の知人で裏も表も知って初めて言えることだと思うのですが・・・・日本人のいったい何人が「菅さんと友達なのだろうかと」皮肉を込めて日本人に問いたいです・・・😅

私にとっては秋田県人は菅さんよりもでんでん大将さんです😊

投稿: omoromachi | 2020年9月18日 (金) 22時46分

京じじ 様

コメントを有難うございます。
仰せの通りにこれを励みとして、さらに精進したいと思います。

投稿: でんでん大将 | 2020年9月19日 (土) 06時52分

はるか 様

コメントを有難うございます。
なかなか納得の出来る短歌を作れませんが、これを契機にまた精進したいものです。この鳥海山の下で生きていられることに感謝しています。

投稿: でんでん大将 | 2020年9月19日 (土) 06時55分

hana 様

コメントを有難うございます。
日々の暮らしを詠んでいるのですが、このような評価を頂き光栄に思っています。これからも日々の中から、短歌を詠んでいきたいと思います。

投稿: でんでん大将 | 2020年9月19日 (土) 06時57分

3年5組hiki 様

コメントを有難うございます。
同級生に喜んでいただき、とても嬉しいです。朝方にムサカくんからも、メール頂きました。
愚作の短歌から、そのように感じて頂けて、尚嬉しくなりました。

投稿: でんでん大将 | 2020年9月19日 (土) 07時01分

マコママ 様

コメントを有難うございます。
長く続けて来た褒美かも知れません。今後も精進して日々を詠んで生きたいです・・・この故郷で生きていることに感謝です。

投稿: でんでん大将 | 2020年9月19日 (土) 07時05分

しゅうちゃん 様

コメントを有難うございます。
秋田魁新報は地方紙ですから、見ることはほとんどないと思います。ただ、秋田県ではそれゆえに販売数は一番です。今回、はからずも高い評価を頂き嬉しく思っています。

投稿: でんでん大将 | 2020年9月19日 (土) 07時09分

omoromachi 様

コメントを有難うございます。
また、そのような言葉を頂き赤面の至りです。

県内では出身者の総理大臣誕生で祝っている人が多いのですが、俺はそれと同時にこれでいいのかと疑問を抱いています。政治は困っている庶民、一人で自活も容易でない人に手を延べる事だと思います。立候補で”自助”を真っ先に挙げる事に納得出来ませんでした。
”たたき上げの人””苦労人”と評されているようですが、本当の苦労も市民の汗も知らないな、そう思いました。国のリーダーですから、国の底辺?で働く人に思いを寄せて、この国をこうしたいと先ずは語ってほしかったですね。国の先の夢を語れるのは総理大臣しかいないのですから・・・。

投稿: でんでん大将 | 2020年9月19日 (土) 07時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 季節が動き、また・・・ | トップページ | 雨の一日 »