« 「スズメ来い!」と「スズメぼい」 | トップページ | ナツズイセン »

徳をしたのは”不器量”と”不細工”?

日本は様々なアラート鳴りっぱなしだ。新型コロナウイルスの止まらない感染の拡大、大雨による水害、加えて暑さも尋常ではない、危険な暑さというから憂鬱な8月だ。これに台風も北上しそうだし、山の噴火や地震が発生したらと思うとぞっとする。早くはやく平穏な日常に戻ってほしい、ただただそれを願うしかない。

Dscn5575-2

秋田県には「大雨・洪水警報」が出た。場所によっては100~150mm/日も降った所もあり、川が増水し避難勧告の発令が出された自治体もあった。わがまちは「大雨警報」は発令されたものの、河川の増水はなかった・・・朝から降った雨も、午後にはほぼ止んだ・・・

Dscn4922

そんなこともあって、稲へのヘリ防除は順延になり、俺は思いがけなくも3日間家の中。従って、”晴耕雨読”を通すことにした。折々パソコンにむかって短歌を作り、本を読んだ・・・読んだのは・・・

Dscn5572

いずれも妻が購入したものだ。発売時には、結構売れた本だったと思う。ところが俺はへそ曲がりと言うのだろう。じっくりと己の臍を覗いたわけではないし、臍がしかと見えるわけでもない。ましてやメタボになっては見えることもないのだが、流行には乗りたくない、人の流れには乗りたくない。だから、ベストセラーになったからとか、受賞作品だからとすぐに読む気はなかったのだ。

それがへそ曲がりだとか、偏屈者と言われたら仕方がない。あくまでも自分の判断なのだから・・・( ´艸`)

昨日・今日でこの5冊を読んだわけではない。時折睡魔に襲われてこっくりもあった。お尻も痛くなるし、ページをめくる手も遅くなった。それでも3冊は読み終えた。特別樹木さんのファンだったわけではないものの、いくつかの映画は観たことがある。「あん」や「万引き家族」等である。

この年齢になって難しい本には手が出ない。専ら小説の類を読むのが好きなのだが、これらの本も気持ちよくストンと胸に収まる。なまじっか〇〇の人生論だとか、生き方よりも理解が出来る。なるほど売れた本だろうと容易に納得出来た。やはり体験から通して書かれたものは違うな、そう思った。

妙に納得した一節があった・・・「自分で一番トクしたなと思うのはね、不器量というか、不細工だったことなんですよ」ってあった。なるほどなるほど・・・世の中、美男子美人だけではどうにもならない。特に役者などは、むしろ個性のある人が残っている。樹木さんも、本人が言うように美人だとは思えない。だが、きらりと光る個性があった。

そんな人たちがいるから、美男子や美人が見栄えする。だから、そういう役者がヒーローやヒロインになり、個性の強い役者は脇役だ。だが、考えてみれば脇役こそが、実は展開していくストーリーの中にあっては主役なのかも知れない。

Dscn5573-2

サンルームに置いていたルリマツリの一輪が咲いた。姿勢が乱れていたので、今季植え替えした事から開花が遅れたようだ。それでも梅雨のような天候の中、爽やかな色は感じがいい。

大雨警報は気持ちを不安視させたものの、何事もなかったから俺にとっては良き1日になったということになる。

 

|

« 「スズメ来い!」と「スズメぼい」 | トップページ | ナツズイセン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

まあ~、たまには晴耕雨読の日もあっていいのではないでしょうか。
人生はこれ全て暇つぶしだと言う人もいます。仕事にしても体のいい時間つぶしとも考えられ、要はその人の気持ち次第ということでしょうか。じじは今まさに人生暇つぶしです。
人それぞれが人生というドラマを演じる役者なのかも知れません。スクリーンなのか日常なのかの違いだけ。格好よく演じて幕を下ろすのを待ちましょうかね。

投稿: 京じじ | 2020年8月10日 (月) 08時33分

おはようございます。
大雨の被害がなくて何よりでした!

北九州地方は台風の影響が心配ですね!
被害が少ない事を祈ります。

ほとんどと言っていいくらい読書をせずに過ごしている
私ですからお恥ずかしい次第です。
以前、芥川賞をとられた方の本を読みだしたのですが、
途中で止まったまま〜!

ただ毎日、実行しているのは日本経済新聞の「私の履歴書」を音読しているだけです(^_^;)

ルリマツリ、綺麗な色ですね〜。

投稿: マコママ | 2020年8月10日 (月) 09時38分

「大雨警報」も何事もなくて良かったですね。
忙しい日々の中ですから、たまにはご自分の趣味や
やりたかった事に没頭する事があっても良いと思います。
樹木希林さんは「悠木千帆」の名で出ている頃から見ていました。
二十歳過ぎの若い頃から、独特の個性派女優で、
年寄り役やお手伝いさん役が多かったですが、
微妙な可笑しさがこみ上げてくる演技が好きでした。
幾つものガンを抱え、命尽きる寸前まで映画を撮っていました。
死を達観し、恐れずに最後まで仕事に没頭する姿は
壮絶でした。そんな生き方が出来たら・・・私には無理ですが。

投稿: hana | 2020年8月10日 (月) 20時30分

京じじ 様

コメントを有難うございます。
なるほどそういう見方もあるんですね・・・人生これすべて暇つぶし・・・そう思えば気も楽になります。
雨の日の読書もいいものです。

投稿: でんでん大将 | 2020年8月11日 (火) 05時53分

マコママ 様

コメントを有難うございます。また、大雨の心配を頂きありがとうございました。
ルリマツリ、爽やか感のある花です。
こんなに一気読みしたこと、最近なかったです。こんな日も良いかと納得です。

投稿: でんでん大将 | 2020年8月11日 (火) 05時56分

hana 様

コメントを有難うございます。
大雨は何事もなく、ほっとしています。
思い起こせば、樹木さんの出ていた映画は結構観ていましたね。特別にファンでもなかったのですが、個性のある役者だったと思います。本もなかなか読にごたえがあり、言葉も縷々光るものがありました。

投稿: でんでん大将 | 2020年8月11日 (火) 06時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「スズメ来い!」と「スズメぼい」 | トップページ | ナツズイセン »