« 男の名は・・・植木等 | トップページ | 予定変更の土曜日・・・ »

培土

朝は久々に日が差した☀

まだ梅雨の最中なのだが、こうした日を見ると気持ちがいい!それに爽やかだ。家の窓々を開けて外気を入れた・・・

Dscn4610

朝食を摂ってから、俺は軽トラに培土機を乗せて田んぼに向かう。きょうで終わりたい、終わらせなばならない。きょうで通算3日目の作溝作業だ。これまでは小雨の中を合羽を着ながらだったし、また、曇って風の強い日もあったから、何とかしてきょうで、この天気の中で終えたかったのだ。

田んぼの稲は今が一番緑が濃い。元肥を吸収しすっかり根が活着しているのだ。これからは稲は「からだ作り」から「米作り」へと体質を変化させる。要するに栄養成長から生殖成長に移行することになる。そこで今頃の時期になれば「中干し」と称して、田面の水をいったん払う。払って根をより深く張らせる。これが中干しだ。

つまり田面の水をなくすと根は水を求めて深くふかく張っていく。これによって根は元気になり、しかも秋には倒伏しないような固い茎になるのである。このときに、実は田面に溝を作っていると、いざ水が必要なときにすぐに水を田面に回すことが出来る。そのために培土機に乗って作溝作業を行うのである。それに秋には田んぼが固くしたい、そのこともある。

Dscn4523

Dscn4522

父の時代はこの培土機械は人力だった。つまり人間が培土機を押して溝を作った。除草機も人力で押し、その後のこの培土機押しと過酷な作業だっただろう。その後、動力がついた培土機が出てそれに人が一緒に並び歩いて作溝した。それから今度は今のように乗用になった。これで田んぼの中をまるでバイクのようにして走行する。他でこれを見ていたら、楽しそうだとか、気持ち良さそうだと思われるだろう・・・

ところが・・・田んぼはまだぬかるむ状態だ。だから路上でバイクに乗るようなものではない。不安定だし、10~12条間隔で作溝するのでそのときに培土機を方向転換しなければならない。培土機には泥がついているし、持ち上げるときは非常に重い。俺は力がないのでこれが大変なのだ。

Dscn4531

5~6年前に、集落の先輩がこの培土機を方向転換しようと持ち上げて転んだ(ようだ)、それが持ちあげて転んだゆえに自分が下になりその上に培土機が重なった。彼はひとりで作業をしていたので、この事故は分からなかった。昼になっても帰って来ないことに不安になった彼の奥さんは田んぼを見回った(らしい)しかし、倒れている夫を発見できなかった。何しろ大きな田んぼ、100aの田んぼは向こう先はなかなか分からない。

ただし、その田んぼに軽トラがあったということから、じっくりと見回ったら・・・培土機の下になっていた夫を発見、救急搬送した。あとで話を聞いたら、夫の上の培土機はエンジンがそのままかかっていたらしい。彼は2ヶ月の入院で退院したものの、寸でのところで命がなくなるところだったらしい。内臓の火傷もひどく、よく助かったとも言われたらしい。しかし、これが引き金になったんだろう。彼は農作業ができなくなり、今春離農した・・・

Dscn4526-2

いずれこの培土機の方向転換は十分な注意が必要なのだ・・・

Dscn4528-2

作業後掘った溝はすべて繋ぎ、そして排水口に集めて排水する。ただ、これで培土を終わったけれど、土の状態でなかなか崩れたりしてきれいにいかない。そこで俺は時間をおいて2度目の培土をこれまでやってきた。しかし、今年はその気力が持てるか・・・???溝を水が走り、排水されていく様をみると「ヤッター」との達成感もあるし、気持ちいい作業ではあるのだが・・・

作業を終わると西の空には夕日・・・

Dscn4612-2

そして家に帰ったら東の空に月が出ていた。

Dscn4620-2

あしたはまた雨になるようだ・・・

 

 

 

|

« 男の名は・・・植木等 | トップページ | 予定変更の土曜日・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
梅雨の晴れ間に大変な作業でしたね。
お疲れ様でした。
お米が採れるまでの様々な作業!
豊作をお祈りせずにはいられません。
夕日とお月さまで少しはお疲れが取れましたかしら?

投稿: マコママ | 2020年7月 4日 (土) 06時56分

昔の人は大変だったのですね。泥に足を取られながら押して溝を作るとは、想像するだけで頭が下がります。
それを考えれば便利な機械ができて良かったですね。その分お金が掛かりそうですがね。
今年も豊作を願うばかりです。

投稿: 京じじ | 2020年7月 4日 (土) 08時25分

マコママ 様

コメントを有難うございます。
田んぼの中のバイクとは言っても、ぬかるむ田んぼですから、持ち上げての方向転換は大変です。俺などはどろんこになっての作業です。こんなにしても溝は崩れます、果たして2回目ができるかどうか・・・意欲と体力が保てるやら???です。

投稿: でんでん大将 | 2020年7月 4日 (土) 15時23分

京じじ 様

コメントを有難うございます。
動力がつき自走ですからその分は楽になったでしょうが・・・逆に方向転換の際には重いので、これはこれで大変です。今までは田んぼが固くなってから、またやっていましたが、今年はもうむりかと思います・・・体力の限界です( ´艸`)

投稿: でんでん大将 | 2020年7月 4日 (土) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 男の名は・・・植木等 | トップページ | 予定変更の土曜日・・・ »