« 6月1日・・・ | トップページ | ”にかほ”も初夏に・・・ »

深大寺となんじゃもんじゃの木

人を食ったような名前の「木」がある。その名を「なんじゃもんじゃの木」と言う。俺はこの木を鉢植えにしているのだが、白い花を咲かせている。花と言っても特別な色合いでも形でもなく、従って目立つこともなくただ楚々と咲いている花。それにしてもこの名はなんじゃもんじゃ?

Dscn3928-2

Dscn3927

実はこの木の大木が東京調布の深大寺境内にある。俺は一昨年、東京の友人に案内されてこの寺に行った。そこで初めてこのなんじゃもんじゃの木を知り、白い花が咲き満開時にはこの花の下で東京消防庁音楽隊による「なんじゃもんじゃコンサート」が開かれているとか。先月、友人にこの花、今頃満開では?って聞いたら満開はGW頃だとか・・・

Photo_20200602204601

それをネットで調べたら・・・

Photo_20200602204201

確かに4月末から5月初めが満開であり、その頃は雪を被ったように見えるとある。このなんじゃもんじゃの木、和名では「ひとつばたご」。いつかは満開時に尋ねてみたいものだ。

俺が友人から案内をされて行ったのはやはり6月、暑い日であった。埼玉に住む義弟が手術をするというので見舞いに行くその前日だった。案内を頂き、深大寺を一通り廻ったのであるが、その時とんでもない失態を演じてしまった俺だった。名物の深大寺そばを食べていて・・・?あれ!ない・・・ズボンのポケットに入れていたスイカがないことに気がついた。そこで友人は様々に骨折ってくれたが、見つかることはなかった。だから尚鮮明にあの日の事を覚えているのだが、友人には申し訳なかったと今でも後悔している。

あの日、深大寺に行きたい理由があった。それは今は亡き同級生のさこちゃんから、東京の深大寺にはにかほ市と関りのある寺だと教えられたのだった。だから、東京に行く機会があったら何とかその寺に行きたかったのだ・・・

Dscn3945

Dscn3946

東京のそれも由緒ある大きな寺と俺のまち・にかほ市と???さこちゃんから送られて来た資料を見て驚いた。それによると昭和41年、本市の象潟港の工事があり、ちょっとした事故があったらしい。その処理のために海底の大きな石を引き上げたところ、その石に何かが彫られていた、後にそれは慈恵大師自刻の”延命観音”と分かった。それが縁あって、東京の深大寺に泰安されたと言うのだ。

そのことから今度は俺が地元の歴史に詳しい学芸員の所に出向き、話を伺った。本来ならば地元に置くべきその延命観音像、だが、慈覚大師と縁の深い深大寺に祀ったというのだ。ところが、漁港が竣工した数年後、海難事故が多く発生したことから、漁民の間からはこれは観音様のせいではないか、地元に置かなかったからではとの声が高まり、象潟港の傍に模写したものを建立したのだという。

それが現在もあり、漁民たちが折々手を合わせている。メールで交流していたさこちゃんとは、帰省したらそこを案内してやろう、そう思っていたのにそれを実現しないうちに遠い地に旅立ってしまった・・・その事もまた、心残りであり後悔している。今夏はそのさこちゃんの3回忌だ。

なおこの深大寺前の通りには、鬼太郎茶屋があり、あの著名な鬼太郎始め、ネズミ男や目玉なども出迎えてくれ、寺の前は賑やかだ。友人はそこに俺を並ばせて、記念の一枚を撮ってくれた。

Photo_20200602213201

もうあれから3年・・・また行ってみたいな~あの深大寺に。

   <深大寺関連の多くの写真はネットよりのもの>

 

 

|

« 6月1日・・・ | トップページ | ”にかほ”も初夏に・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

花の名前がなんじゃもんじゃ、そりゃなんじゃと返したい面白い名前ですね。一つ一つの花はこれなんじゃと言う花の感じですが、木に咲き誇ると見事な花に変身ですね。

投稿: 京じじ | 2020年6月 3日 (水) 08時33分

実家で飼っていた犬が16歳で亡くなり、深大寺近くの
多摩動物霊園に葬られました。
母とお参りに行き、近くの深大寺を散策し、
おそばを食べて帰るのがいつものコースでした。
母と観音様を拝み、なぜ秋田からここに??と思ってました。
大将さんの記事で よく解りました。(人’∀‵)アリガト- です。
「なんじゃもんじゃ」が満開になると、本当に雪を
被ったように真っ白に見えましたよ ლ(❛◡❛✿)ლ

投稿: hana | 2020年6月 3日 (水) 19時24分

京じじ 様

コメントを有難うございます。
なかなか面白い名の花もありますね・・・
勿論、つけたのは人間ですが?と思うのも
ありますね・・・
我が家のそれは鉢植えですから、どこまで
大きくなるやら、また見られるやらですが・・・

投稿: でんでん大将 | 2020年6月 4日 (木) 07時23分

hana 様

コメントを有難うございます。
・・・そうでしたか、飼い犬が深大寺近くに・・・
どこに縁があるのか、分からないものですね。俺も
東京のお寺とわがまちが関わっていたことなど、思っ
てもいませんでした。
我が家のなんじゃもんじゃは鉢植えです。今度は
満開時の深大寺に行ってみたいものです。

投稿: でんでん大将 | 2020年6月 4日 (木) 08時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月1日・・・ | トップページ | ”にかほ”も初夏に・・・ »