« 花は咲き、花は散る | トップページ | 気張らずに詠いたい »

除草剤はヘリで・・・

米作りの中で、難儀な作業のひとつが「除草剤散布」だ。剤はかつてと比べれば軽くなり、10a当たりの散布量は1kg。もう1/3になっている。だが、10aの田んぼはほとんどないので、3kg、5kgを入れた動噴を背負う。動噴とは動力噴霧機であり、燃料は混合ガソリン。これで除草剤を飛ばして田んぼに落とすことになる。だが、一枚、100aの田んぼだと畦から飛ばしても、中ほどには届かない。となると動噴を背負って田んぼの中を歩いて散布ということになる。

田んぼの中はぬかるむし、一度俺は動噴背負って転んだことがあった。100aの田んぼでは10kgの散布量なのだ。転ぶと背負っている動噴があるので、起き上がるのも実は大変だ。そんな経験もあるし、加えてヘリに散布を頼んでも実質的には経費が大きく重なることもない。また、人の散布よりも均一だ。そこでのヘリに依頼しての散布。今年で3年目だ・・・

この除草剤にあっては、未だにベトナム戦争で使われた枯れ葉剤と同じイメージを持っておいでの方もいる。しかし、除草剤を散布していても、例えばオタマジャクシが死んでもいないし、どじょうなんかは田んぼを泳いでいるから安全なのだと申し上げたい。それでも使用しない事にこしたこはないのだが、使わないと俺たちの体が持たない・・・

秋まで3回ほどの除草剤を散布する。1回あたり俺の場合は12~13万円。従って秋までは約32~33万円の除草剤代金である。以下はその散布状況だ。

Dscn3730

Dscn3716

Dscn3714

Dscn3746

Dscn3739

約1時間半、これで300aの散布が終わった・・・畦には刈り残したアザミの花が咲いていた・・・

Dscn3818

Dscn3820

私を刈らないでくれて有難うそう俺に言うように・・・

 

 

 

 

 

 

 

|

« 花は咲き、花は散る | トップページ | 気張らずに詠いたい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

少しでも重労働から解放されることはいいことですね。でも、結構なお値段ですね。年間ウン十万円、懐も大変ですね。

所で、昨日のコメントで大将も然別湖の対岸へボートで行ったようですが、じじも対岸の東雲湖を見にボートで行きましたよ。懐かしいですね。

投稿: 京じじ | 2020年5月29日 (金) 17時14分

京じじ 様

コメントを有難うございます。
年々動噴を背負うのも負担が大きくなっていましたし、ヘリに代えても金額的には大きな開くきもないので、ヘリにお願いしたところです。
所で・・・然別湖、宿泊はやはりYHでしたよね・・今でも目を閉じるとあの光景が浮かんできます。

投稿: でんでん大将 | 2020年5月29日 (金) 22時11分

田んぼの草取りは、中腰の作業ですから体には辛いですね。
腰痛に苦しむことを考えると、ヘリにお願いした方が・・
と思いますが、費用も大変です。
田植えが終わった田んぼに、鳥海山が映って長閑で
美しい光景ですが、そこにヘリが飛んで・・・・
田の宝物が、こうして生まれてくるのですね。
この景色を見つめるアザミの花が美しく見えます。

投稿: hana | 2020年5月29日 (金) 22時38分

hana 様

コメントを有難うございます。
経費がかさむとの考えも勿論ありますが、からだの事を
思えばこれもひとつの方法だと思っています。
ただもう何年農業やれるか分かりませんし、動けなくなるまでやるつもりはありません、人生を楽しむことも思うと、そろそろその時期が接近しているのかなと思っています。

投稿: でんでん大将 | 2020年5月30日 (土) 13時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花は咲き、花は散る | トップページ | 気張らずに詠いたい »