« 彼岸入り | トップページ | 満開の白梅 »

孫たちとの8日間

コロナウイルスに絡んだことで、ニュースの大半は割かれている。世界中に蔓延していることゆえ、それは当然だろうと思う。それにしても明けても暮れても、この騒動で気持ちも滅入って来る。このことでは子どもたちも、学校が休校になったり卒業式や卒園式が縮小されたり、子どもたちにも大きな影を落としている。

そのことが我が家にも絡んだ・・・中一のたっくんと小二のやまちゃんのふたりの孫を預かることにしたのだ。そのふたりを預かっても特別手間がかかる年ではないものの、わがままいっぱいのふたり、困ったのは食事だ。老齢者のおれたちは出来る限り魚や野菜を摂っているのに、孫たちは肉が大好きなのだ。

Dscn2076

妻は孫たちに気遣ってか、肉を主とした料理を作る。勿論、俺も肉は好きだから付き合う事は出来るものの、それ以外は見向きもしない孫たち。味噌汁なども飲もうともしない。「嫌い!」と言い、手をつけることもない。昨夕のごはんはカレー🍛カレーはお替りもした。たっくんは今伸び盛り・・・

俺の背丈を超すのももう間もないことだろう。娘の丈はもう超している。

Dscn2074

その孫たちを昨夜送って行った🚙車中、 助手席のたっくんに「たっくんが成人までは、ジィ~ジ生きていたいな」そう言うと「うん・・・」そう言った。この先、どんな道を歩むんだろう、どんな仕事に就くんだろう・・・以前は弁護士になりたいとか、今度は小説家もいいな・・・なんて言うけれどほとんど勉強していないようだから、無理だと承知しているが「頑張れよ!」って言った事がある。

俺の子ども時代と比べると・・・俺の苦手だった数学が得意だという。だが、国語と英語はとてもとても・・・ただ、ゲームも朝からしているのだが、小説は文庫本で良く読んでいる。だったら国語の点数は良くても良いと思うのだが・・・まあ、まだまだ真剣に先の事を考えているような気配ではない。

Dscn2028

コロナウイルス騒ぎがなければ、こんなこともなかっただろう。たっくん・やまちゃんと8日間暮らした。ああだこうだと一緒にいれば煩いと思ったけれど、行ってしまったら寂しいものだ。コロナウイルスがなければ、他に連れ出すことあったのに、結局はほとんど家の中での8日間だった。

いつ頃に収束し終息となるのか、まったく先の見えないコロナウイルス・・・きょうの報道などみれば世界各国で出入国が制限されたようだし、日本もより強固な施策が行われようとしている。オリンピックの聖火リレーも縮小されるようだ。そんな中でオリンピックが開催出来るだろうか・・・

早くはやく収束してほしいコロナウイルスである。

 

 

 

|

« 彼岸入り | トップページ | 満開の白梅 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

8日間、本当にお疲れ様でした。
食事にしても孫とじじでは違いますよね。でも、貴重な体験でしたね。
取分け奥様、お疲れ様でした。

投稿: 京じじ | 2020年3月19日 (木) 14時37分

京じじ 様

コメントを有難うございます。
やはり若者と老人では食べ物の違いはありますね、
仕方ない事です。
コロナウイルスに伴っての、思いがけない経験
でした・・・

投稿: でんでん大将 | 2020年3月19日 (木) 20時38分

こんばんは。
お孫さんたち、無事帰宅されて、ホッとされた半面、寂しいでしょうか?
ご成長をお祈り致します。
奥さまはお食事の仕度で大変だったと思います。
それにしても、コロナウィルスの終息は何時になるでしょうか?オリンピックも心配ですね?

投稿: マコママ | 2020年3月19日 (木) 21時17分

マコママ 様

コメントを有難うございます。
コロナウイルス騒ぎが、我が家にも及ぶとは
想像もしていませんでした。でも、孫たちとの
暮らし、しばらく味わったことのない経験を
しました。

投稿: でんでん大将 | 2020年3月19日 (木) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 彼岸入り | トップページ | 満開の白梅 »