« 新型コロナウイルス | トップページ | 野鳥がやって来た! »

九十九島と基盤整備

わがまちで気にかかる場所がある・・・

Photo_20200328113701

上の写真はネットから頂いたものだが、田んぼに水が張られると松を抱いた島々が、まるで海などに浮かんでいるかのような光景になる。遠方には残雪を抱く鳥海山だ。

実はこの田んぼに浮かぶ島々は、紀元前466年に鳥海山が大きく崩れ、そのときの土砂が象潟地域に流れて小さな丘が出来た。やがて一帯は湖となり、小さな丘は湖の中の島々となり、その後の1804年の地震で地盤が隆起し、湖はなくなったものの、田んぼに水が張られると当時のような姿になるのである・・・(以上、ジオパークの資料より)

この島々は「九十九島」、かつては松島と並び天下に美形を誇っていた現在、天然記念物に指定されている。

ところで何が気になるかと言うと・・・

昨日、俺は所用があってここを走った。以下は昨日の写真である。

Dscn2318

Dscn2319-2

かつての美田が芦原のような状態の田んぼが年々広がっている。島が天然記念物であることから、基盤整備をし田んぼを広くするにも島には手をつけることも出来ない。言わば機械化農業するにも、効率の悪い田んぼになっている。従って、後継者はいない、加えて昨今の農業情勢から、年々荒廃化が進んでいるのだ。

市では何とかかつての景観を保存しようと施策を出してはいるものの、空き家と同様田んぼも個人資産ゆえにどうにもならない。島だけは市で買いあげてはいるものの、田んぼと一体化しない限りは、今後もこのような状況から抜け出すことは容易ではないだろう。

Dscn2306

翻って俺の地域・・・

鳥海山の裾野に田んぼが広がっている。数年前に基盤整備が終え、大きな田んぼは1枚で100aと広い。長さが100mもあり、大型機械での作業だと居眠りもでてしまうほど広い。俺の田んぼで一番大きい田んぼは70a。確かに農機具は効率的に稼働できる。ただし、この大きさだ。一応均平な田面になっている(はず)のだが。だが、年数と共に、高低差も出て来る。埋め立てした部分、地盤を削った部分等々と差が出てくるのだ。

Dscn2314

当然、低い所には水が溜まる。暗渠排水はしているものの、その菅自体も地中では凹凸も出来ているのだろう。当然そうなれば、水もスムーズに流れない。よって、田んぼの表面水も溜まることになる。まして、今年の3月は雨が多く、このままだと耕起作業にも支障がでる可能性がある。均平に耕起できないし、肥料も散布量に差がでてくるのだ。

そこで・・・

俺は昨夏に乗った培土機を出して、夏のように培土機に乗って排水溝を作った。こうしてやって、溜まっている水を少しでも除こうと計画だ。一昨日の午後、約100aを半日かけて行った。

Dscn2315

こんな作業をしている人は見えない。だが、何もしないで自然乾燥を待っていても、このあとどうなるか予想もつかない。今の俺には時間はある。やりたいこともあるのだが、俺の唯一の収入の源だから、アノラックを着込んでの作業だった(;^_^A早く、田んぼ乾いてくれないかナ~

 

|

« 新型コロナウイルス | トップページ | 野鳥がやって来た! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新型コロナウイルス | トップページ | 野鳥がやって来た! »