« 「ZARD」を・・・ | トップページ | 小さな花 »

校長先生がいた?

話しは俺の子どもの頃の事である・・・

わが集落は小さく全戸数で27戸。しかし、人口は1戸平均で5~6人。従って総人口では150人くらいだった、中でも子どもの人口が多く、俺の同年生は10人だった。男子が7人、女子が3人・・・・・だが、これまでに4人が亡くなり健在なのは6人だ。亡くなった4人の中には、村の人から”校長先生”と名付けられた男子がいた。残念ながら、その彼が最初に亡くなった。まだ20代半ばの事だった。

俺たちこどもの頃(小学校低学年)は、近くに店などはなかったし、テレビも一般家庭にはなく、裕福な家庭にだけ入っていた。だから、そこの家に出向いて見せてもらった。いつもは学校から帰ると、ランドセルを家に置き、すぐに家を出た。”校長先生”からきょうは〇〇に集まれ!との達しが出たからだ。その彼は遊びにかけて天才的なものがあった。

Dscn2038

春や夏になれば・・・あそこには鯉がいる、鮒がいる、ナマズがいる・・・川にあってはあそこが鮎の隠れ場所とか、カジカのいる場所とか・・秋になると、アケビだの山ぶどうだのスグリのある場所だとか、民家の柿ではあそこの家の柿はゴマ柿だから、取れば食べられるとか・・・色んな事を知っていた。そんなことからも、”校長先生”と呼ばれた・・・

そんな知識を持っていたから、誰もが慕った・・・それに喧嘩も強かったから、ようするにガキ大将だったのだ。そんな彼だが俺には気を使っていた。俺は”泣き虫”だったし、俺の泣いている姿を見つけると祖父が怒鳴り込んだりしたから、そんなことからも気をつかってあったんだろう。

Dscn2033-2

いつのことだったか?皆でいかだを組んで白雪川の流れに乗ることにした。校長先生の指示に従い、あちこちから材木を集め、近くの畑からはメウリやスイカをかっぱらってきて、それを積んでいかだにのろうとした。が、これは村の大人に見つかり、危険だといかだを回収されたこともあった。いずれ知恵の働く校長先生だった。今から思うと・・・親たちには面倒をかけた悪童集団だったと言うことになる( ´艸`)

ところで・・・

事情があって我が家ではふたりの孫を預かっている。きょうで3日目だ。ところが、この時世だから外では遊べないし、また遊ぶ相手もいないということか。朝からゲームだ。それも中1の孫は、一昨夜は午前3時まで、昨夜は午前2時までやっていたと言う。俺は大館市の条例案を話すと、孫は俺に言う。”ゲームをやっていれば、目の運動や反射神経が豊かになって脳が活性化するんだ”と・・・

でも、よくもまあ飽きないものだと思う。白黒テレビの入った中学生の頃の俺は、深夜に放映された「ベーン・ケーシー」が好きで遅くまで起きていた。トイレに起きてくる祖父からは、いつまで📺観ているんだ、そう怒鳴られた記憶もある。時代の変化はあるのだろうが、遅くまでゲームなどしていれば、当然睡眠不足になる・・・それも心配なのだが。

Dscn2037

学校が休校して1週間・・・大方の子どもたちも我が家の孫たちのようにゲームに夢中かも知れない。そんな子どもたちを見ていると、なんだか可哀そうになってくる。この時季、子どもたちは外で背伸びをしたいと思う。この待望の時季が家の中で過ごさねばならないとは、辛い事でもあるだろう。

春の選抜高校野球は中止になった、ここに出場したいがために汗して来た2年が・・・( ;∀;)。ニュース速報では昨日採火された聖火がギリシャでは伝達されないことになったとか。それでも日本に聖火は渡って来るらしい、しかし、その日本では果たして、聖火をつないでリレーできるのか・・・極めて難しい立場になったのではないかと思う。

Dscn2023_20200313225801

我が家の庭に咲いている今の花木は椿が主体だ。一番下がヤブツバキ、上から二番目は今年初めて開花した「天倫寺月光」という品種。ヤブツバキの変種らしいが、花も小ぶり、それに花芯が白い。

新聞によれば、いつか紹介したことのある仙北市にある芸術村・わらび座で公演も中止になったとか。暮れにはあれこれあって観劇できなかったら、3月に再上演とあり今週か来週には観にいくつもりだったミュージカル「あきたいぬになりたくて」。この7日に急遽中止になったという。国の自粛要請にそうことになったようだ。残念である・・・

待ちにまっていた春・・・それが・・・

  ☆勝ち名乗り受けし力士に拍手なく無声映画のような春場所

こんな時に、あの日のような”校長先生”がいたらと思う・・・

 

|

« 「ZARD」を・・・ | トップページ | 小さな花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あの頃のガキ大将の響きの中には、ワルの中に愛があったように思いますね。リーダーシップとはこう言うものではないでしょうか。

気分転換にゲームをするぐらいはいいと思うのですが、止められないとなれば大きな問題ですね。以前お話のあった依存症に繋がりますね。今の親世代がゲーム世代ですから、子供に止めろといっても説得力がありません。若者・親世代もスマホでゲームしていますからね。
スマホ、命では・・・・ね。

投稿: 京じじ | 2020年3月14日 (土) 08時45分

京じじ 様

コメントを有難うございます。
時代とは言え子どもたちの遊びが変わり、それはそれで楽しいのでしょうが、物のなかった時代も良かったのだと今は思っています。

投稿: でんでん大将 | 2020年3月14日 (土) 10時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ZARD」を・・・ | トップページ | 小さな花 »