« 桃の節句 | トップページ | 春の”嵐” »

異常な冬から異状な春に

雪のほとんどなかった今季の冬、まったく異常であった。異様だったとも言えた。そして春になったものの、様々に花の開花は早く、それに加えてコロナウイルスの感染の脅威に怯えなければならない異状(これは俺の造語、異常な状況という意味合いでの造語)な春になっている。

Dscn1917

  <県内一番早く咲いた公会堂の紅梅

様々な観戦試合は、大相撲もプロ野球のオープン戦も、それにきょう選抜高校野球も無観客試合になるようである。果たして、こんな状況の中で東京オリンピックやパラリンピックが開催できるのか・・・恐怖が日々増幅しているようで、気が気でならない。

俺はきょう今季初めて田んぼデビューした。3月(始まったばかりではあるが)は従来、一番の乾燥時期のはずなのに、田んぼには水が多く溜まっている。強い風が吹かないから、田んぼが全然乾かないのだ。まだ、耕起作業には時間はあるものの、黙って見ていただけではどうにもならない。そこで田んぼに出掛けたのだ💨

Dscn1944

軽トラにスコップ、備中鍬、レーキ、これに三角フォーを積んで出掛けた。田んぼにはいつのまにか白鳥の姿はなかった。先週の金曜日には、所々の田んぼに小集団を作っていたのに、ここ2~3日の間に旅立ったと見える。いつもなら3月の半ば以降に、空いっぱいに羽を広げV字体に組んで飛ぶ姿が目撃されていたものの、今年はそれもなくスゥっと帰ったようだ。

田んぼには昨夏に培土したその溝が残っているはずだ。だが、秋の刈り取りで藁が表面を覆っており、その溝が見えない。一部の田んぼでは、昨秋に溝の藁をあげていたのだが、その後、俺は冬季休みに入っていたので、他の田んぼの藁上げをしに・・・藁をあげて、溝を出せば結構に乾くのだ。

Dscn1946

出掛ける前には花粉対策だ。その予防薬を鼻に塗ってさらにはマスクをして・・・だが、作業をしていると汗ばんできてマスクなどしてはいられない。昼には下着も替えて下着シャツは半袖にして、ふたたびの作業・・・午後5時過ぎには60aほど終えてきょうの作業を終えた。春になると、よし頑張ろうとつい意欲が出る。ただ、俺は昨年その気負いがあだになって、入院するはめになったことから、今年は抑えておさえてと自らに言い聞かせての作業であった・・・

Dscn1932

先日まで行われていたJAの土壌改良材散布

ニュースはきょうもほとんどがコロナウイルス関連のものだ。ネットを見ていると面白い(?)ニュースが目に留まった。このコロナウイルスに絡んで、政治家の人気ランキングが変わっているようだ。中でもこれまで人気絶大であった若手の代議士の人気度合いが下落しているようだ。代わって人気が急上昇しているのが、北海道の若い知事らしい。俺も彼には注目していたのであるが・・・

その彼のプロフィールをみたら、やはりと頷けるものがあった。彼は高卒にして東京都庁の職員になった。親が離婚して母子家庭に育った。だからか、進学等も出来なかったのだろう。その彼は都庁の職員時、当時財政的に困窮していた北海道の夕張市に派遣された。そこで市民から請われて、市長に立候補し市長になった。職員よりも報酬の低い市長だったと言う。そこでの実績が評価されたのか、今度は北海道知事にと要請を受けて立候補し、30代の若い北海道知事になった・・・

今回の対応をみていても、良し悪しは別にして決断力を感じた。それに育った家庭を思っても、一般市民の感覚を体験しているし、実はそれで都庁の職員になったとも聞く。従って、地盤も資金も看板もない。やはり、国のリーダーもこのように市民の生活を知る人が強いものを持つだけに、今後の彼の動向には注目したい。

話しがそれてしまったが、コロナウイルスの感染者は秋田県では出ていない。ただ、例のクルーズ船に乗っていた夫婦がいたようだ。陰性だったことから、自家用車で帰宅しているようだが、その夫婦に間違えられての風評が広がっていて、商売に影響が出ているなどとのニュースがあった。噂とは恐ろしいものであり、この件では人を疑うようなことも起きていて残念だ。

まちでは、他と同様にイベントの中止や会議等も中止になっている。卒業式も在校生なしや父兄なし、式典もなく教室で卒業証書授与が行われていることなど報道されている。息子の嫁さんからのメールだと、この下旬に行われるひいちゃんの卒園式、これに出席できる親は一人になったとか、親子での参列を楽しみにしていたのだが、息子は残念だろうな・・・入学式はどうなるんだろう?

親戚からも連絡が入った。今月下旬に行う旨の通知があった一周忌、これを家族だけでやることにしたと・・・お寺にはそれなりの金銭を包めばそれで良いのだろう・・・このように小さな村にも、何か恐怖が迫っているようで、不安になって来る。

Dscn1921

秋田も本格的に春に向かおうとしているのに、”異状な春”になっている・・・

 

 

|

« 桃の節句 | トップページ | 春の”嵐” »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そろそろ活動開始ですか。汗をかく程の労働は冬の鈍った体には堪えることでしょう。でも、清々しいいい汗ではないでしょうか。

新コロが衰えませんね。じじの周辺ではライブでのクラスターが発生して感染者が増えています。
じじが通っているスポーツジムも15日までの閉鎖が決まりました。
色々なイベントが自粛され、さらに感染が長引けばオリンピックにも影響しないか心配です。

投稿: 京じじ | 2020年3月 5日 (木) 08時18分

おはようございます。
北海道の知事さんはカッコ良かったです。
何より基本姿勢が「市民、道民、国民のため」と言う、政治家としての在り方がしっかりしているからだと思います。
それが世間で評判が良かったから、安倍も支持率回復のため真似したのかな?なんて思っちゃいます。
何しろ今までが今までなんで、全く信頼出来ません。

首相の休校要請に対し、従わない自治体も出て来ましたし、言い出しっぺの北海道知事が次のステップ(様子を見て分散登校を)へ移行し始めたのが面白いです。
支持率UPのために、学生達の一生の思い出が無くなるのは可哀想です。今すぐは無理にしても、なるべく早く元の生活が戻ると良いですね。

投稿: ハル | 2020年3月 5日 (木) 10時08分

京じじ 様

コメントを有難うございます。
田んぼデビューしました。慣らしながら進めたいと思います。
今の状況を考えると、オリンピック開催は無理があるのではと思います・・・
通っているジムも閉鎖されたようですね、でも何かで体力維持を考えないと・・・。そうしないと別のことで大変になるようで心配です。

投稿: でんでん大将 | 2020年3月 5日 (木) 22時14分

ハル 様

コメントを有難うございます。
国と地方自治体との立場の違いはあれ、道知事には先を見ていると想像されます。実施しようとすれば、賛否は必ずでますが、現況をよく把握し考えがきちんとしていれば、市民に説明がつきますから、国のトップはそれ以上に早い決断が必要だと思います。マスクの転売の禁止だって、もっと先にやってほしかったですね・・・
分散登校の記事は俺も読みました。

投稿: でんでん大将 | 2020年3月 5日 (木) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桃の節句 | トップページ | 春の”嵐” »