« 我が家の”春告げ花” | トップページ | 俺たちの連休 »

”やまちゃん”の卵焼き

いつもであれば妻とふたりだけの食事なのだが、今朝は娘や孫も加わっての食事だ。だからとても賑やかだ・・・

小1のやまちゃんが「俺!卵焼き」作れるよ!って、早速冷蔵庫の中から卵を取り出し調理を始めた。

Dscn1732

きれいに卵を割って、かき混ぜた・・・そして・・・

Dscn1740-2

なかなか手つきもいい。卵にハムなどを入れて、少しして巻いた。

Dscn1743-2

見上げたものだ。俺などは卵焼きでさえ作ったことがない。今の時代は男はたべるだけ・・・であってはならないから、アナタも作っては?思いがけなく、やまちゃんの卵焼きの矛先は俺に向かって来た。今後はふたりはどんどんと老化していくばかりなので、生きるためにはそうしなければとは思っている・・・

朝食が終わった所に電話の呼び出し音がなった🎶

Dscn1747

俺に市の図書館からだった・・・先日の賞を届けたいので在宅かとの事だった。居ることを応えると、11時頃に担当者がやってきて、賞状と記念品、副賞が届けられた。副賞は図書券だった。5千円のものだった。

俺は先月に、図書館で募集していた”読書感想文”に応募していた。それが優秀賞ということだった。実はこの11日に表彰式と受賞者の懇談会があり、電話で出欠を確認されていた。俺は数回、この読書感想文では受賞していることもあって、それには欠席させて頂くことを告げていた。よって俺に届けてくれたのだった。

今回は、三笠書房発刊の童門冬二の「伊能忠敬 ”生涯青春”の生き方哲学」を読んでの応募であった。今回もまた、十分な推敲までいかなかったから、恥をさらすことになるかも・・・そう思いながらの締め切り直前の応募だった。俺はこの本は一度読んでいて、さらには伊能忠敬が暮らした千葉県香取市に昨年出掛けたこともあり、それの感想も含めての内容であった。

Dscn1745

タイトルは「気負わず慌てず衒いなく」とした。伊能忠敬の生き方に共鳴していた俺、勿論、頭の中は比べるまでもないのだが、心意気ということを学んだし、年齢に関わりなくその意気で生きたい・・・その思いをタイトルにした。二度目、三度目と一冊を読めば、本にはアンダーラインも※印や付箋がいっぱいつく。

だから、本当に読みたい本であれば図書館から借りることはない。購入して自分のものにしないと、そう言った事が出来ないから求めることになる。俺は読むのは遅い方だ。いわゆる遅読人間だ。その上、傍線ひいたりだから人様よりも、一冊の読破に時間を要している。一回で数冊を同時に読む人もいると聞いているが、どんな頭の持ち主かと想像すら出来ない。

冬はやることが少ない。一方で時間は結構持ち合わせている。だからテレビを観ても良いのだが、何とかしてボケ予防もしたい、そのためには書くことも良いだろう、そう判断した俺だった。一度は最優秀賞も頂いたことはあるものの、今回のその受賞はなかった。従って、今回の一般の部では最高賞だった。

よ~し、来年は最優秀賞をふたたび目標にしたい、それに向かって生きて行くのが俺流の生き方なのだ・・・

ただ、生きるためには食べることも大事だとは思っている。今度は、やまちゃんに負けないように調理も学ばねば・・・・( ´艸`)書くことよりも食べるものを作ること、これが最低でもやれなければなるまい。

 

 

 

|

« 我が家の”春告げ花” | トップページ | 俺たちの連休 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

流石は大将、やりましたね。受賞おめでとうございます。
本を読んでその思いを書く、本当に認知症予防にはぴったりだと思いますね。
じじはどちらかと言うと体を動かして予防をしています。
それより、小1で料理をしようと言うやまちゃん、素敵な男の子になることでしょう。
歳が行くと食べることも仕事の内、やまちゃんを見習いたいと思います。

投稿: 京じじ | 2020年2月24日 (月) 08時20分

大将さん、受賞おめでとうございます!
流石です .+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。
小1のお孫さんが 卵焼き作り、偉いですね~(*^-^*)
今どきの若い男性は、育児も、洗濯も、料理も出来なければならないようです。(息子は何でもしますが)
うちの夫、数年前に私が手術で入院したら、お風呂を沸かせず、
シャワーのみ、ご飯が炊けずにレストランやコンビニに行ったり。
入院中の私は、すべての検査が終わり、明日手術という
前日に外出許可を戴き家へ。
食料購入し冷蔵庫へ。たまった洗濯物を洗濯し、庭の掃除をし、
お風呂の沸かし方をメモし(やれるかどうか??)
私担当の主治医は4人チームで、そのうちの女性医師の先生が、
私の心配事を察してくれたのです。
大将さんには、この様な事必要ないかもしれませんが、
少しでも出来れば、困ることはありませんね。

投稿: hana | 2020年2月24日 (月) 20時22分

京じじ 様

コメントを有難うございます。
今回もよく推敲もせずの応募だっただけに、受賞は以外でもありました。でも、審査員の目にとどまって頂けて、有難く思っています。
読んだり書いたりは、俺にとってはボケ予防ということになります。

投稿: でんでん大将 | 2020年2月24日 (月) 22時31分

hana 様

コメントを有難うございます。
また嬉しいことばを有難うございます。
ただ・・・読んだり書いたりする以上に、やらねばならないのは、やまちゃんのように調理ができるとか、洗濯や風呂の掃除ができないとダメなんですよね・・・
hana様の旦那さんも??俺も全然ダメなんです。電子レンジでちーんが出来るようになったのも、恥ずかしながら最近なんです(´;ω;`)ウゥゥ

投稿: でんでん大将 | 2020年2月24日 (月) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我が家の”春告げ花” | トップページ | 俺たちの連休 »