« やせ細る?「かまくら」 | トップページ | 春告げる祭り・・・「掛魚祭り」 »

豆まき

”節分”・・・なんて眩い言葉だろう、”春分”や”秋分”また”立春”等も、同様にとても心地よく響く言葉だと俺は思う。季節を分ける、つまりは冬から小さな春になるというこの繊細な言い回しは、日本人ならではの感覚だろう。そして、春になると言わないで”春が立つ”だ。どの言葉も惹かれる言葉である。

今夜、我が家でも豆まきをした。かつて俺の父は正装をして(裃と袴を着用して・・・)豆まきをしたことを記憶している。俺たちの子どもが生まれてからは、俺の子どもたちと楽しく豆をまいたが、その前は節分も厳粛に行っていた我が家の豆まきだった。しかも、家族の誰かが外出していたら帰って来るまで豆まきをしなかった。”👹”にしたくなかったようである。

Dscn1198

豆をまくときの口上もあった。「天に花咲け地に実となれ・・・鬼は外、福はうち」👊

(こんな口上だった?そして鬼を払ってから福はうちを唱えたと記憶している)今夜の俺は単に「鬼は外、福は内」とだけまいた。豆はなぜか一升ます、それに昆布と出汁用の鰯。(昔は炭を入れていたような気がする)

我が家は部屋数が多い。上・中・下の各座敷、茶の間、洋間、居間、俺の籠り部屋、更にはトイレのふたつ、洗面所。2階には寝室、子供部屋2つ、書斎とクローゼット。今度は外に出て農舎、離れの物置、2階の車庫、広いクローゼットと妻の絵本の部屋・・・まいたのは炒った大豆。終わってから食べたのは甘納豆。とりはお神酒とスルメ・・・😃

節分用の絵や色紙は探しても見つけること出来ず、それに代えて東京で買った鬼”の置物を飾った。高さが20cm足らずの鬼、でも鬼ながら可愛い顔をしている。

Dscn1185

Dscn1186

ニュースを見ていると、ちょっと変わった豆まきをする神社が紹介された。NHKの「ニュースこまち645」。何と「鬼は外」を言わないのだとか。大館市の八幡神社のようである。つまりは「福は内」を何度もなんども言うらしい・・・

Dscn1191-2

Dscn1193-2

いよいよ明日は”立春”だ。だが、これに向き合うように寒さが来るらしい・・・夜になってチラホラの雪だ。

Dscn1194-2

わがまちでは明日、あの「鱈祭り」が行われる・・・

 

 

 

 

|

« やせ細る?「かまくら」 | トップページ | 春告げる祭り・・・「掛魚祭り」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

立春、春近しの響きのいい言葉ですね。

節分の豆まきは子供たちが小さい時にはやりましたが、我が家では死語になってしまいましたね。
この時に豆を年の数に1つ足して食べる謂れがありましたが、今そうするとそれだけでお腹いっぱいになりますね。いや、食べきれませんね。

とは言え、春の言葉で気分も暖かくなります。

投稿: 京じじ | 2020年2月 4日 (火) 08時48分

我が家は豆まき・・・しません。
ご近所から声が聴けなくなってから止めました。
どんどん都会から季節の風習が消えて行くようです。

母が元気な時・・・箱根神社の豆まきに行っていました。
帰りは温泉に入って、でしたので楽しい小旅行。
良い思い出です。

投稿: マーチャン | 2020年2月 4日 (火) 09時35分

京じじ 様

コメントありがとうございます。
今では家庭でも豆をまくことなど、少なくなっているようですね。やはり子どもたちがいればちがうのでしょう・・・
当方も年の数の豆を食べることはできませんね( ´艸`)

投稿: でんでん大将 | 2020年2月 4日 (火) 21時32分

マーチャン 様

コメントを有難うございます。
昨今、豆まきをする家庭は少なくなっているようです。これまた時代の流れというものなのでしょう。我が家では簡略しながらもやっています。

投稿: でんでん大将 | 2020年2月 4日 (火) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やせ細る?「かまくら」 | トップページ | 春告げる祭り・・・「掛魚祭り」 »