« 妻の甘酒 | トップページ | 晶子と”老夫婦” »

気になる”笑顔”

いつものようにラジオ体操をし、居間の窓から外を見ると薄いながらも朝焼けが見えた。俺はすぐさまパジャマの上にアノラックを着て外に出た。勿論カメラを持って!御堂坂に・・・

Dscn1506

Dscn1507

庁舎で所得税の申告があった。高齢の叔母さんからも頼まれていて、今年も印鑑やマイナンバー通知カードを持参。妻の申告と併せて申告をした。叔母さんには年金の収入と俺からの小作料、また、妻の場合はやはり年金といささかの一時収入があっての申告だ。そんなことだから叔母さんには所得税はかからなかったし、妻には2千円ほどの還付金が出た。

俺の申告は青色申告だ。年金+農業・・・しかし、いずれもささやかな収入だ。農業は今のままでは決算は「赤」。そこで源泉徴収されているものから還付される。h31年は、作柄がちょっと良かったから前年度よりはいいんだろうが、春には入院もあった。だから医療費の申告もある。俺にも少しは還付金のあるかも知れない❔

納税は国民のひとりとしての義務だ。出来たら払いたい、払うという事は収入があることでもあるから・・・でも、今の国の状況を知れば払いたくはないのが正直な気持ちだ。忖度だ、改ざんだ、隠ぺいだ、やれ”桜を見る会”だ、モリカケ問題だ・・・ささやかであっても納税することに抵抗がある👊

Dscn1462

Dscn1456

帰路、黒潟に白鳥が見えた。今朝の冷え込みに水面が凍っているようだ。その凍った上で丸くなっている白鳥。何だか物を言えない市井の民に重なって見えた。こうであってはダメなのに、庶民には抵抗する術がない・・・

最近ニュースを観ていて気になる所がある。どうも不愉快になっても来る。それは、猛威を振るっている新型コロナウィルスに絡んだこと。大きな問題だけに毎日大きくも報道され、きょうの感染者は〇〇名、死者が〇〇名・・・驚くことばかりで、いつ田舎にも発生するかと恐怖を抱いている。ところがこれに対してのコメンテーター、某大学の教授らしいのだが・・・

ニコニコ笑顔で話している。あまり恐怖心を仰いではならないという思いもあるかも知れないが、俺には無性に摂生がないように見えてくるのだ。優しい心の持ち主のようでもあり、普段から穏当な先生のようだとは思う。思うが事が事だけに、こんな時に笑顔だと俺はどうしても違和感をもつのだ。ニコニモ顔はとてもいい、接するのも気持ちが良いのであるが、このような報道の時は如何なものだろう。

・・・俺のつぶやきである。

Dscn1525

そんなことを言いながらも、俺だってどんな顔をしているのか分からない。結構ぶすっとしているようでもあり、ある人からはいつも笑っていているね等々と相反して言われる。だから、”人の振り見て我が身を正せ”だろう。

きょうは朝からの青空😃そこで夕方近くになって、鳥海山を見える俺のお気に入りの場所に行ってみた。日が延びて今では5時になっても明るい。夕方になると鳥海山は陰影を際立たせ、立体的に見えてくる。その鳥海山に従うような、落差のある田んぼ・・・俺の好きな風景なのだ。ここは上郷地区の俺の好きな場所。

 

|

« 妻の甘酒 | トップページ | 晶子と”老夫婦” »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!確定申告の時になりましたね。国会中継を見ていると、ほんとに税金なんて納めたくないです。たくさんの税金をもらっている人がちっともそれをありがたいとも大切だとも思っていないからです。何とかうまいことして自分の懐に入れ自分の勢力を伸ばそうとしているのが見え見えバレバレだからです。請求署領収書決算書貸借対照表損益計算書・・・パソコンと格闘して申告して、自分の出した税金が少し返ってくるという我々とたくさんの税金を仕事の名目でもらっていても領収書も計画書も決算も要らない、どんぶり勘定で懐が温かくなるという人が政治をしているということ、その金額があまりに違いすぎるわが国。ああ。白鳥のようにうずくまっているしか方法はないのか。私も国会中継を見ていて税金を払うのがばかばかしくなりましたよ。私の周りには身銭を切って公のために尽くしている人が多いので、あんな勝手な人を見ていると腹が立ってくるのです。

投稿: はるか | 2020年2月13日 (木) 10時08分

はるか 様

コメントを有難うございます。
日本もいい加減な国になったと憂いています。税金を我が物顔で振る舞うリーダー、それに忖度しあう閣僚や事業者。政治って国民の暮らしを守ることが一番だと思うのですが・・・税金は大事に使ってほしいものです。

投稿: でんでん大将 | 2020年2月13日 (木) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 妻の甘酒 | トップページ | 晶子と”老夫婦” »