« I 氏の年 | トップページ | 我が家の”春告げ花” »

”ゴジラのせき”

今季は早くも、我が家でもクリスマスローズが例年にない早さで咲き出している。先日はミドリのクリスマスローズを載せたが、きょうはオーソドックスなクリスマスローズだ💠
Dscn1710

他にも蕾が大きくなっているので、来週あたりにはまたアップできそうだ・・・

昨今は「コロナウイルス」に絡んだ報道がトップニュースになっており、新聞の記事もこのことに紙面が割かれている。誰もが健康にくらしたいし、安心して生きたいのだから、この関連のニュースが大きく扱われているのは当然である。それに、感染症と言う目に見えない媒体なので皆々恐怖心をいだくこともまた、当然であるだろう・・・

Dscn1708

きょうは就学児童や未就学児でも確認され、年齢が低下しているし、もはや感染者は日本列島全土に広がりつつあるようで、憂慮している。俺などは基礎疾患に該当する持病もあることから、とても不安になっている。田舎だからと安心できない状況に、刻々と迫っているようなので不安は募るばかりである。

それだけに色んなトラブルも発生しているようだ。先日は病院からマスクが盗まれたらしいし、どんなトラブルに巻き込まれるか、それもまた心配だ。

俺は昨今は外出を控えたりしているのだが、黙って家に籠っているわけにもいかない。例えば、一昨日のように🏥に行く。そこで診察を待っている時に、「ゴホン」等と聞こえると皆の視線が向けられような気持ちになったりするし、「ゴホン」としてしまう人はどんなにか肩身の狭い思いなのかを思うと・・・咳は一度出ると二度三度出てしまうから・・・俺は幸い咳はでなかったのだが・・・

誰かの咳を聞くと・・・ひょっとして?などと疑いの気持ちも起きてくる。ニュースを見ると、電車の中でマスクをしていないことで喧嘩になったとか、寂しい限りだ。そのマスクと言えばなかなか手に入らないし、市民が自らを守ると言っても限界があるわけだから・・・いったいどうしたらいいのか、一刻も早い終息を願うばかりだである。

Dscn1707-2

「子」の年は良い事があるだろう、そう期待して迎えたこの年・・・あまりにも大きな事案の発生が多く、この先の世界の大イベントであるオリンピックはいったいどなるんだろう・・・

こんな中で、厚労省幹部の「ゴジラのせき」発言がまたあれこれ騒がせている。果たして、ゴジラが咳をするのか否かはわからないものの、このような時世にどうだったのだろうと俺も首を傾げざるを得ない。本人にすれば多少のユーモアを交えたつもりだったのかも知れないが、こうした時期にどんなものか。国民の皆が、ピリピリしていることを考えなかったのか・・・

Photo_20200221231701

おれはこれまで何度か、コロナウイルスの報道の度に笑顔でコメントする某大の先生のそれに不愉快だと書いて来た。このゴジラの咳発言も似たようなものだ。笑顔が悪いことはないし、免疫力も高める効果があると言われてもいるから良いのであるが、場所とか時機を考えねばならないだろう。

それが厚労省の幹部が、住民説明会で言ったと言うからお粗末な話。本人はジョークとして発言したようだが、国民のほとんどが神経をとがらせピリピリしているのに、情けないし本当に真剣に対策を講じようとしているのかと、そう思えてくる。いくらジョークとは言え、場所や時期を考えてほしかったと思う。

某大学の教授の地顔も、これまで度々俺は批判して来た。地顔と言えばどうにもならないこともあるが、それでも気持ちを引き締めれば表情は自ずから変わってくるはずだ。あまりにも深刻ぶって、国民に恐怖心を抱かせるのもどうかとは思うものの、やはり笑顔はこの際は慎むことを考えた方がいい、俺はそう思う。

Dscn1705

そお言う俺だって、人様の前で話している時、どんな表情になっているのか、それを振り返りながらの”俺のひとりごと”である・・・

   <ゴジラはネットから頂きました>

|

« I 氏の年 | トップページ | 我が家の”春告げ花” »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

新型コロナウイルスが市中感染の様相を呈すてきましたね。取り分け小学生の感染は集団化するのか心配です。

今般の新型コロナウイルスへの発言が色々と物議を醸していますが、TPOを考えて頂きたいものですね。

投稿: 京じじ | 2020年2月22日 (土) 08時25分

京じじ 様

コメントを有難うございます。
折角頑張っているのに、申し訳ないのですが、
このような時世でもありますから、発言や
行動は吟味すべきでしょう・・・

投稿: でんでん大将 | 2020年2月22日 (土) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« I 氏の年 | トップページ | 我が家の”春告げ花” »