« ボケっとした5日目 | トップページ | 我が家は”七草雑煮餅” »

俺の失敗作

応接の飾り棚に飾っている湯飲み2個・・・

Dscn0657-2

備前焼のような色合いでお気に入りのものだ。何を隠そうか、俺の作品である。もう作って10年にはなるだろうか。まだ一度も使ったことがない。湯飲みとは言いながらも、実はこれでビールを呑もうと作ったものだ。今、NHKの朝ドラでは焼き物に生きた女性の物語のようだが、俺の腕もまんざらではない、そう思っている???

Dscn0657-3

な~んて言ってみたかった・・・実は、俺がリタイアしたとき、集落で仲間を誘って「百生き倶楽部」を立ち上げた。そして、月々活動していた。時には”餅花飾り”をやり、”どぶろくと鱈鍋会”をやり、”神社の参道の清掃奉仕”を行い、”かなかぶ栽培”をし、”かかし祭り”を行った。何のことは、終わってから酒を呑みたくてやったようなものだったかも・・・🍶

そんなある時、自分たち一人ひとりのお猪口を作ろうと提案した。「マイお猪口」という事で。まちで趣味の焼き物をしている方を知っていたので、彼に指導をお願いしたら、喜んで協力・指導をしてくれるという。そこで挑戦となったのだが・・・当日、集まった仲間は3人ほどで、俺を含めて4人で焼き物に挑戦したのだった。初めて回すロクロ、子どもの頃の粘度遊びを思い出しながら作った😃

ところが湯飲みどころではなかった。簡単に作れると思ったのが浅はかだった。ロクロを回していると、すいすいといくつもりだったが、思いが手先には伝わらない。回しているうちに、湯飲みがどんどん広がっていくではないか。仕方ない、湯飲みは諦めてそれを灰皿にすることにした。それに指導者は笑いながら首をつけてくれて、鳥型の灰皿に・・・

その失敗作はサンルームに現在もある・・・

Dscn0660

Dscn0659

Dscn0662

・・・という訳で俺の焼き物第1号は湯飲み⇒灰皿に変身したのだ。これもまあ・・失敗は成功の元!?

こんな他愛無い俺の焼き物の腕・・・なので最初に紹介した俺の備前焼風の湯飲みは、俺がちょっと触れただけで、なんのことはない、ほとんどが指導者の作品なのです😖

新年、早々のお粗末なウソ話をご容赦下さい_(._.)_

 

きょうは暦では「小寒」のようだ。朝方は冷え込んだものの、雪はなかった。明日も寒い朝になるらしい。まだ、一度も使ったことのない、あの湯飲みであしたはお茶にしようかナ~☕

 

 

 

 

 

 

 

|

« ボケっとした5日目 | トップページ | 我が家は”七草雑煮餅” »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
 なかなか趣がございますよ!
灰皿としてお使いになられる事はないと思いますので、奥様のアクセサリー入れにも宜しいですね!備前焼風で美味しいお茶をお召し上がりくださいませ。

投稿: マコママを | 2020年1月 7日 (火) 07時31分

鳥型の灰皿、なかなか雰囲気があっていいじゃないですか。
羽を広げた感じがいいですね。
湯呑が灰皿に化けたのもご愛嬌ではないでしょうか。
焼き上げといい、色合いといい、置物としてもいいじゃないですか。

投稿: 京じじ | 2020年1月 7日 (火) 08時52分

マコママ 様

有難うございます。
俺は愛煙家でもありませんから、この鳥型の焼き物には小さな鉢を置くことにしました。
湯飲みはあまりにも渋い色ですので、勇気がいりましたが・・・美味しいお茶でした。

投稿: でんでん大将 | 2020年1月 7日 (火) 21時43分

京じじ 様

コメントを有難うございます。
鳥型になったものは、鉢置きにしました・・
備前風の湯飲みは、目的通りにお茶を入れて飲みました
世界にひとつだけの湯飲みでのいっぱい、美味かったス。

投稿: でんでん大将 | 2020年1月 7日 (火) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボケっとした5日目 | トップページ | 我が家は”七草雑煮餅” »