« 降ればやっかいもの、降らねばさびしいもの | トップページ | 辞書処分します・・・ »

年はとりたくないもの

我が家では正月飾りがまだ飾っている。20日正月もあるし、その前には小正月もあるので、せめて20日まではこのままにしておくことにしている。

Dscn0701

朝はケンチン汁だった。その謂れなどは知らないし、妻に聞いても分からなかった。具がいっぱいで、食べると体が温まる。と言っても、実はきょうは温かな朝だった。暖房をいれなくとも部屋は15度くらい。外も結構温かであった。ただ、小雨が時々降った・・・

Dscn0706

このケンチン汁、末の娘が大好きだった。大根やニンジン、わらびも入っている。山菜取りの好きな人だと、これにアザミが入る。その代わりとしてか、我が家ではホウレンソウが入る。緑がいいね・・・俺がそういうと妻は「義母さんがやっていた」と言う。

その妻が出掛けた。この頃、よく出掛ける。それには訳があるのだ。実は妻の母が入院中であり、年末には退院するだろう、俺はあんかんとしていた。それが・・・もう歩行が出来ない、否、歩行どころか立ち上がれない状態になっているとのこと。だからケアマネと相談することになって、それで出掛けたのだ。頭はしっかりしているのだが・・・

なかなかこうはいかないか・・・

座敷の掛け軸を見ながらそう思った。

Dscn0707

Dscn0710

義母の入院がきっかけか、義父の認知症が急速に進んでいるらしい。そのことが義妹から妻には折々電話が来ている。昨夜も大変だったらしい。その話を妻から聞いたら・・・実はわが母も生前には大変なこともあったと述懐した。当時、部屋は反射式のストーブで暖めていたらしい。妻がそこを離れたすきに、母はシャツを温めようとしたのか、ストーブに上げていて焦げていたことがあったと・・・もう寸でのところで火事になるところだったと言うのだ。

義父も今では夜も昼もないらしい。あんなに毅然としていた義父もこうなったのか、なかなか掛け軸のようなジジ&ババにはいかないな、そう思ったのだ。誰もそうなりたくはない、そう思いながらも年はどんどんと人を頭から奪い取る。寝たっきりも哀れであるが、足が丈夫な認知症も大変なものだ。

俺も父の享年を超えた。いつどうなるか、自信がない・・・

 

 

 

 

|

« 降ればやっかいもの、降らねばさびしいもの | トップページ | 辞書処分します・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
ご心配ですね。お大事に…。
高齢化が進むと誰しも多かれ少なかれ、あちらこちらと体力も脳の機能も落ちてきます。ご本人も辛いですが、周りはそれ以上に大変です!
私も同居こそしませんでしたが、姑が認知から寝たきりで入院、今のような介護保険もない時代でした。
奥様、大変ですがご自身もお体にお気をつけて頑張って頂きたいですね。

投稿: マコママ | 2020年1月10日 (金) 08時35分

正月飾りが可愛くて本当に素敵ですね。

人生100年時代と言われるようになりましたが、やがて誰しも死を迎えなければなりません。そこをどう締めくくるか難しい問題ですね。
奥様の心労はいかばかりかとお察しします。大将、奥様を支えてあげてください。

P.S.
近場ではスキーができませんが、志賀高原に行ってきま~す。

投稿: 京じじ | 2020年1月10日 (金) 08時50分

奥様のご両親様、大変心配ですね。
認知症は、誰もが「なりたくない」と思いながら
なってしまいます。
朝も夜も無く、盆も正月もない・・・
ご本人も辛いでしょうが、ご家族の心労はいかばかりか。
つい昨日、町内の防災放送が鳴り響きました。
「〇〇歳の男の方が行方不明です。見かけた方は警察か市役所へ連絡お願いします。
この様な協力お願いが よくあります。
テレビで毎日言っています。
2025年には、5人に1人が認知症になる・・と。
子供の人数より、認知症患者の方が多いという
びっくりすような話です。明日は我が身・・ですね。
奥様、お疲れの事と思います。どうぞお大事に。

投稿: hana | 2020年1月10日 (金) 20時38分

マコママ 様

コメントを有難うございます。
誰も好んで年をとるのではないものの、高齢化・長寿化は色んなことが起こりますね。いずれはわが道と思いながらも辛い日々が続いています。

投稿: でんでん大将 | 2020年1月11日 (土) 00時21分

京じじ 様

コメントを有難うございます。
また、今年もスキー場に行かれる由、楽しんで下さい。健康な時に大いに楽しんだ方が良いですよね・・・いずれは来るわが道ですから・・・俺もそうします。

投稿: でんでん大将 | 2020年1月11日 (土) 00時24分

hana 様

コメントを有難うございます。
また、ご心配も頂き有難うございます。
わがまちでも何度か、高齢者の行方不明が発生しています。誰もがなりたくない認知症ですが、いずれは辿ることになるのでしょうね・・・人間の哀しい性でしょうか、高齢は・・・・。

投稿: でんでん大将 | 2020年1月11日 (土) 00時27分

年を取るのが怖いですね。
「自分の未来が分からないから・・・生きられる。」と、
書いたことがありますが、我が母も今のような
人生になると分かっていたら・・・。
なるべく元気な時間を作る事しか自衛がありません。
そして楽しい思い出を一杯作る事。
お互いに頑張りましょう~。

投稿: マーチャン | 2020年1月11日 (土) 09時19分

マーチャン 様

コメントを有難うございます。
誰もが年はとりたくないのですが、生き物の与えられている宿命でしょうね・・・そして認知症になったり、病気になったり・・・妻の父は認知症で、母は頭ははっきりしている寝たっきりです。どちらも哀れです・・・

投稿: でんでん大将 | 2020年1月11日 (土) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 降ればやっかいもの、降らねばさびしいもの | トップページ | 辞書処分します・・・ »