« みんな帰って行きました・・・ | トップページ | ボケっとした5日目 »

哀しい”おなら”等・・・巨樹百景より

子どもたち・孫たちが帰って静かになった我が家🏠否、元に戻った我が家なのである🏠朝食後、居間を掃除しソファーも戻し、食卓も縮小し2人用に戻した。昨日までがあんなに賑やかな声が聞こえていたのに、静けさにやや戸惑いながら妻と二人だけの朝食を摂った。

頂いた年賀状を整理。親戚・同級生・元の職場の関係・短歌の仲間・それに他の友人、知人等と区分して・・・中には差出人の名がない年賀状もある。年末の慌ただしい中での作成だけに、俺の投函したものだってどうであったのか、ふいに自信がなくなって来た。約200枚が今年の年賀状だ。以前から比べると100枚は少ない。それだけ交際範囲が狭くなってきたと言えるのかも知れない🐭

居間が静かなのは、子どもたち・孫たちが帰ったことばかりではない。テレビのチャンネルが”NHK”に戻った事もある。昨日までは番組もほぼ民放であり、わいわいがやがやのもので、俺はついてもいけないので小さな孫の相手が主だった。それがきょうは朝から”NHK”だ・・・

年賀状を整理した後、元旦に録画していたものがあったので、それを観ることにした。ところが、その時間にその番組の再放送もされていた。NHKBSの「巨樹百景~神様の木に会う」という番組だった。実は昨年の11月5日、わがまちの”獅子ヶ鼻湿原”を散策し、”あがりこ大王”に向かっていた木道で知人のAさんに会った。その彼が今NHKの取材に協力を頼まれ撮影を終わって来たといい、その帰り道だったのだ。

聞くと今回の撮影は元旦に放映されるようだと俺に話してくれたので、この日を待っていたのだ。が、元旦も我が家のテレビは民間放送だ。他の部屋にもテレビはあるのだが、録画しておきたいと言う思いもあったのだ。

Dscn0642-2

タイトルのように、番組では全国の巨樹、神木等と地域の人々との関りを映像とナレーションで紹介するものだった。ナレーションはあの美輪明宏さんだった。いくつかのそれが紹介されてから、山形県東根市の大ケヤキ。樹齢がなんと1500年という。このケヤキの傍に家のある〇〇さん、この紅葉の時季に横浜から帰って来たのだとか。

お父さんが亡くなったのはこのような時季であり、5年ぶりに帰省したようだ。〇〇さんの語りには、誰にも言えない悩み事もこのケヤキの前で、話しかけては納得したりして来たのだとか。ある日、父の余命が二ヶ月と告げられたときは、助けてほしいと願ったと言う。だが、それは叶わず恨んだこともあったようだ。

Dscn0644-2

また、〇〇さんは記念写真を撮るときはいつもこの大ケヤキを背景にしていたとか。その中で皆それぞれが笑顔で写っているものが1枚ある。なるほどそうだ。それには理由があった・・・

Dscn0647-2

〇〇さんの成人式でもあったのだろうか?カメラを構えたのはお父さんだったらしく、皆を笑顔にさせてやろうとの魂胆があったのだろう。カメラを構えて、一発オナラを発したとか(* ´艸`)クスクスそれで皆が笑顔になった時に、シャッターが切られた一枚だった。そのお父さんは、64歳で他界されたとか。〇〇さんにしたら、写真で笑っていても、写真を見るとき写真に入っていないお父さんを思いだすと言う。

可笑しいエピソードでありながら、つい涙が出てしまった😢その大ケヤキの前で、〇〇さんは改めて合掌をしていた・・・

Dscn0649-2

その後に紹介されたのが、わがまちの”あがりこ大王”だった・・・俺には見慣れた森であり、あがりこであるが、さすがプロの手で撮ったものは凄い。アップの仕方、撮り方になるほどの納得だ。

Dscn0624-2

上の写真は遠方に鳥海山を望む獅子ヶ鼻湿原の全容と、下はあがりこ大王に続く木道。

Dscn0625-2

あがりこ大王に行く途上に立つのは「妖精の燭台」この幹の枝垂れぶりが見事!

Dscn0628-2

そして、最後は森の大王である、”あがりこ大王”だ。樹齢としては、いささか若いのであるが、この”コブ”が凄いのだ。

Dscn0633-2

人間が生活の為に枝を切り下ろす、するとそこにコブができてまた芽吹く。コブは言わば瘡蓋であり、身を守ろうと言う木の性なのだ。それをきょうの案内人は言っていた。辛抱強い秋田の人間そのままだ・・・と。

Dscn0641-2

Dscn0637

Dscn0638-2

全国各地に存在する巨木・神木は地域のシンボルにもなっているし、崇められている。・・・やはりこのような木に出会うと手を合わせたくなる。

    ~写真はNHKBSの”巨樹百景”より

 

ps:きょうの再放映がわかっていれば、事前に紹介したかったのですが・・・

 

 

 

 

 

|

« みんな帰って行きました・・・ | トップページ | ボケっとした5日目 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

年齢を重ねると共に全ての嗜好が変わってきますね。
テレビ番組もそうですね。

樹木の生命力は凄いですね。生えている環境さえ整えば数百年単位で生存することを思えば、神が宿ると崇められるのも納得です。そこに色々な物語・・・。

投稿: 京じじ | 2020年1月 5日 (日) 09時07分

京じじ 様

コメントを有難うございます。

正月の番組、俺には合いませんがこれも年齢と言うことでしょうね~
それにしても樹木が千年、二千年と生きていることには圧倒されました。

投稿: でんでん大将 | 2020年1月 5日 (日) 10時43分

明けましておめでとうございます^^

巨木、素敵ですね。
山に入るようになってもうすぐ2年、
巨木に会う機会が多くなりました。
信者の神木に関わらず、何百年と生き続けてる木は、
生命力があって神秘的です。
どの木にも、石にも神が宿ってると感じます。
人の側で人に寄り添って、大事にされてる木は尚更です。
側に寄るととても暖かく感じます^^

今年もよろしくお願いします^^

投稿: 弥沙 | 2020年1月 5日 (日) 12時35分

カレンダーに印を付けてました σ(*´∀`*)
〝あがりこ大王” の事は、大将さんのご紹介で、
写真も拝見しておりましたが、NHK の番組を見ていると、
改めて大王様の凄さが胸に迫って来て、息をのむほどの
迫力を感じました。
身を守ろうとしてコブを作る生命力の強さと、
その不思議な姿には、神をも感じさせます。
人間は、本当に小さくて無力だと思い知らされました。
NHK BSですから、また再放送があるかもしれませんね。

投稿: hana | 2020年1月 5日 (日) 21時33分

私も見る番組が変わってきました。
まずドラマが見れなくなりました。
朝ドラも見なくなりました。
代わりにドキュメントや情報系を見るようになりました。
この番組もぜひ見たいと録画してあります。
あがりこ大王、見に行くから待ってて~(*^▽^*)
笑顔の記念写真、最高ですね。お父さん、名カメラマンです。
年賀状二百枚、十分に多いです。

投稿: サファイア | 2020年1月 5日 (日) 22時57分

弥沙 様

今年も宜しくお願い致します。

巨木には色んな魅力がありますね、若い頃は驚くだけでしたが、昨今はそれだけではないものを感じます。やはり自ずと手を合わせたくなります。

投稿: でんでん大将 | 2020年1月 6日 (月) 11時09分

hana 様

テレビをご覧いただけたようでうれしく思います。ただ致し方ないのですが、それぞれの巨木・巨樹ともの実際その前に立つと、その凄さが分かるんですよね。いつか色んな巨木・巨樹に会いたいものです。

投稿: でんでん大将 | 2020年1月 6日 (月) 11時14分

サファイア 様

この番組録画されておいでのようで嬉しく思います。その中の一樹の「あがりこ大王」が、お待ちしていることでしょう。
また、お父さんのシャッターの切り方、可笑しいながらも上手い!そう思いました( ´艸`)そして哀しくもなりました😢

投稿: でんでん大将 | 2020年1月 6日 (月) 11時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« みんな帰って行きました・・・ | トップページ | ボケっとした5日目 »