« 「ん」・・・❔ | トップページ | 歌会始め・・・など »

太平山の参拝と餅花飾り

秋田市にある太平山三吉神社が分祀されているわが村、その別当を務めている我が家。例年、正月に俺はそこを参拝しているのだが、きょうの午前中にお札をもって参拝した。標高約80mの山頂にある。歩いて10分足らずでたどり着くのであるが、息も荒くなる。参道はいつも夏に掃除しているものの、杉の枯れ枝や葉が落ちていてあるくのに手間がかかる。

Dscn0791

Dscn0792

Dscn0798

かつては100名以上いた講員、俺の代になったときに一人ひとりに「継続加入の意思確認」を行ったら40余名、その後代参が終わってさらに確認したら・・・今度は28人に減った。そこで今回の代参が終わったら解散することを提案していた(今回の代参は3名づつで行い、10年で終わる)。その10年目が昨年だった。そして今夏には俺が代参して幕引きをすることに・・・。

この代参、明治の初期から行っている。それを曽祖父、祖父、父と続き、俺が継いだのは父が亡くなったからだ。だからもう30年近い。今の時代、年々神への関心も薄れ、また、俺が万が一の場合は息子は引き継ぐことも考えられないことからも、ここが潮時と判断しての解だ・・・

Dscn0796

この参道の補修は俺の仲間である”百生倶楽部”の仲間に協力を頂いて行い、御堂も自分たちで出来る範囲で補修も行った来た。参道にはアジサイも植栽し、いつかはアジサイで染まる参道を夢見たこともあった。そのアジサイが見ごろになってきているが、今度は俺たちがなかなか自由に身が利かなくなってきた。今夏は俺ひとりで代参し、その時に頂いて来るお札、それを収めて講中を閉める。

その仲間たちと久しぶりに、自治会館に餅花🌸を飾ることにした。餅はコウイチさんにお願いし、エノキの木はテツオさんにお願いしていた。午後3時に集合し、早速飾りつけに入った。

Dscn0833

小正月になると、この餅で作った花をどこの家々でも飾った。そして豊作を願った予祝行事だったようだ。我が家でも茶の間に飾った。雪が降る前にこの木を見つけて目印をつけて置き、小正月が近くなると切り出しに行った。根元が株になっているものが良しとされ、茶の間に盆栽のような餅花が飾られた。しかし、今はやっている人はいない。まして小正月などはもうない・・・

Dscn0816-2

Dscn0823-2

豊作を祈願しながらも、こうした行事は雪国にとっては早く春を迎えたい、そんな風流なこころも併せてあったのではないか。雪一色の季節に彩をも求めたのだと、俺は推察する。いづれこうやって飾ると家の中はやはり花が咲いたように明るくなる。

3年前にコウイチさんがけがをして以来、俺たちの行動も制限されて来た。いわゆる高齢となりなかなか身軽な行動は出来なくなってきたのだ。だが、今後も解散はしないで気が向いたらこうして集まることを確認した。

例年ならば寒さの一番厳しい時季に入っている。だが、暖冬異変は全国的なもののようだ。わがまちには除雪車の出動は一度もなく、横手市で行われる「かまくら」では奥羽山脈より雪を運んでいるようだ。雪は多くあっては邪魔者扱いされ、雪がなければ田んぼの水不足が懸念される。そのかまくらは水神様を祀る行事であるのに、雪がないでは笑うに笑えない深刻な事態になっている。

Dscn0850-2

餅花で飾りつけを行った自治会館の床の間・・・少し早い春の到来である。

 

 

 

 

 

|

« 「ん」・・・❔ | トップページ | 歌会始め・・・など »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

皆さん高齢化と共に家族形態・環境が変化し、神社を守り祀るのも難しくなりますね。

皆さんで餅花を作ることに意義を感じます。紅白の餅花を見ているだけで華やいできますね。春近しでしょうか。

投稿: 京じじ | 2020年1月16日 (木) 08時38分

「花餅飾り」・・懐かしく記事を拝見しました。
米沢の雪深い山村でも、「花餅飾り」を作っていました。
大人たちの想いとは別に、子供たちは雪に閉ざされた
家の中に設置された「花餅飾り」が何とも美しく見えたものです。
あの頃は、家の一階が雪に埋まるような所でしたから、
家の中も薄暗く、外に出られない不自由さと、圧迫感で
子供たちの心も折れそうなくらいでした。
「花餅飾り」は、部屋も心も華やかにしてくれました。
皆、みんな、今は辛抱強い年寄りになっていますよ。
忘れられない思い出です。(^0_0^)(^.^)

投稿: hanaa | 2020年1月16日 (木) 20時47分

京じじ 様

コメントを有難うございます。
そうなんですよね・・・今の時代に神を護っていくことはとても難しいです。元旦になれば初詣をし、祭りが来れば手を合わせるものの、他は神への無関心が多いですよね。
2年ぶりに仲間での餅花飾り・・・良かったスな~久々に酒も呑みました( ´艸`)

投稿: でんでん大将 | 2020年1月16日 (木) 20時52分

hana 様

コメントを有難うございます。
また、かつての故郷にあった行事を思いだして頂き、さぞや懐かしかっただろうと推察致しました。山形県も秋田県も共通の雪国、雪に伴う行事も似たものがあるのでしょうね・・・

投稿: でんでん大将 | 2020年1月16日 (木) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ん」・・・❔ | トップページ | 歌会始め・・・など »