« 不思議な色の”長潟” | トップページ | ああ・・・同級生 »

”食”もまた・・・

村の人との挨拶は・・・「ことしゃ、雪がなくてええな~」(今年は雪がなくていいですね~)そんな言葉がつい出る。雪の効果はあることはあるものの、年配になれば雪のない冬は過ごし易いし、有難い事なのだ。きょう出会った村人は80代も半ば、村の奥に家があるので雪も多く積もる。例年ならば、軽トラに雪を積んで捨てに行っていた。それが今年はやらなくても良いから、確かに楽なのだ・・・

新聞を見れば、来週以降小正月行事がいっぱい予定されている。しかし雪がないことから中止になったり、規模を縮小することになった等と報じられている。わがまちでは「掛魚祭り」が予定されており、2月4日は立春だ。もう暦の上では”春”になる。その広告が新聞に掲載されている・・・

Dscn1101-2

現在がこの暖かさなら、来週からはどんな天気になっていくんだろう・・・

スキー場はオープンしないままに閉じたり、オープンしていても早々に閉じたり、スキーが出来ても部分的にしか滑走できない場所もある。ただ、秋田県では田沢湖スキー場はなんとかやっているようだ。だが、客足は伸びていないようで、このあとの天気でも⛄マークあるものの、☔もありむしろ☔のマークが多い・・・

きょう関東地域では降雪があった・・・東京でもいくらかあったようだから、子どもたちは喜んだりしたかも知れない。或いは交通機関に障害があったかも知れない。いずれ俺の所では”東京に雪が降れば春が近い”と言っている。となれば、もう雪国秋田は確実に本格的な春に向かっているという事か。

短歌会の仲間からアスパラナが届けられた・・・そこの家ではビニールハウスで花卉栽培をやっているので、その一部でこうした葉物も植えているようだ。緑の葉に黄色い花が眩しい✨野菜の花ゆえ、この黄色の花は格別だ・・・

Dscn1097
Dscn1099

夕方には大きな鱈を頂いた。鱈は早春の魚であり味でもある。例年、船を持っている知人が届けてくれるのだが、今年もまた頂いた。さっそく妻が捌いて夕食は”どんがら汁(ざっぱ汁)と煮物になった。今年初めての鱈・・・子どもの頃はあまり好きではなかったのだが、今では魚料理は実にうまいと感じるようになった・・・

Dscn1096-2

Dscn1094-2

見れば鱈はグロテスクな魚である。ただ、捨てるところのない魚であり、身も淡白・・・ふうふう言いながら食べる味は格別なものがある。尚、腹の白子をわがまちでは「ダダミ」と言って、この刺身がすきだと遠方から食べにくる客も多い。俺も勿論大好きだし、刺身の他に天ぷらもまたうまい。

食からもまた春が近づいているわがまちである・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 不思議な色の”長潟” | トップページ | ああ・・・同級生 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この時期一番寒い時ですが、今年は特別ですね。昨日も大阪で1月の気温が観測史上一番高い19.1℃を記録したようです。

食からも春近しの感じでしょうか。

雪少ないと喜び、また、悲しみと悲喜こもごもですね。

投稿: 京じじ | 2020年1月29日 (水) 08時32分

昨日は降雪があり、その後季節外れの暴風雨となり、
寒さで体が硬くなりましたが、今日は晴れて18℃ 。
一体どうなっているのでしょうか??
ご年配の方にとっては、雪は無い方が良いですね。
屋根の雪下ろしは、命がけですものね。
でも、冬ならではの行事も沢山あり、困った事も。。。
春も夏も何となく不安です。
アスパラナは柔らかそうで、美味しそう (๑´ڡ`๑)
鱈もまるまる太って、ご馳走ですね (*ˊᵕˋ*)੭ ੈ

投稿: hana | 2020年1月29日 (水) 22時11分

京じじ 様

コメントを有難うございます。
今季の暖冬・・・このあとどんな展開になるのか
不安を抱きながら過ごしています。

投稿: でんでん大将 | 2020年1月30日 (木) 11時56分

hana 様

コメントを有難うございます。
寒くなる時季が暖かだと、これまでも経験して
来ましたが、暑い時には冷害が起きているんですね。
そうならないかと心配している所です。

投稿: でんでん大将 | 2020年1月30日 (木) 11時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不思議な色の”長潟” | トップページ | ああ・・・同級生 »