« 年はとりたくないもの | トップページ | 「ないないない!」がありました・・・ »

辞書処分します・・・

1月半ばになろうとしているのに、有難いことに一向に雪もなく、その上きょうも天気が良い☀夕方にほんの少し小雨があったものの、また晴れ上がって夜には丸い月・・・
Dscn0721-2
きょうは朝からデスクワーク・・・なんちゃって、何のこともない。実は昨日から💻に向かっている。まちで募集している”読書感想文”に応募する為に💻に向かっていたのだ。その締め切りがきょうなのである。大方の筋書きはしていたのだが、清書して出すことにしていた。ところが読み返すうちに、ああしようこうしようと文字を加えたり削除したり・・・頭がいたい。それでもパソコンだから有難いことにそれも早くやれる。

Dscn0720

募集している感想文の対象は「課題図書」と「自由図書」があり、俺は自由図書を選んだ。童門冬二の「伊能忠敬~生涯青春の哲学」である。読んだのは昨年の1月だった。それを読み終えてから、彼の旧宅や記念館に行った。あの香取市佐原である。あれからほぼ1年・・・それをも文章に入れて、何とか終わった。そして、公民館に提出した・・・

こうして文章を書いたりする場合、また、俺の場合は作歌するときも辞書を傍らに置く。置いて逐次確かめたり、意味を確認したり、また、似たような言葉がないかも調べたりする。従って、辞書は大事な先生であり友人とも言える。ところがその辞書の一冊がボロボロになっている。それはきょうに始まったものではないのだ。実は他の辞書もあるので処分しても良かったのだ・・・だが、捨てる決断が出来ずにきょうまで棚に横になっていた。

Dscn0713

これまでの付き合いを思うととてもとても出来なかった。だが、俺もいろいろ整理も必要だろうと思い始めていたので、思い切って処分を決意したのだ。裏のページに購入した年月が書いている。なんと昭和45年である。書店名まで書いていて、もうその書店はなくなっている。

Dscn0717

Dscn0718-2

思えばこの頃から作歌を趣味にしたはずだから、そのために購入したのだろう。辞書の編纂は、かの金田一京助だ。当時、辞書と言えば金田一だったな・・・そう思いだしている。

言うなれば辞書は分身とも言える。だからこそ、捨てきれないでいたのだが・・・😢

 

 

 

 

 

 

|

« 年はとりたくないもの | トップページ | 「ないないない!」がありました・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

読書感想文と言えば、じじには何か懐かしい響きです。
否々、それと一緒にしてはいけませんね。
掲載されることを願っています。

辞書さんに色々お助けくださりお疲れ様でしたと言って断捨離しましょうか。

投稿: 京じじ | 2020年1月11日 (土) 08時39分

京じじ 様

コメントを有難うございます。
俺も手を合わせて辞書を送り出しました・・・
感想文は老化予防のためにと挑戦しました。

投稿: でんでん大将 | 2020年1月11日 (土) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年はとりたくないもの | トップページ | 「ないないない!」がありました・・・ »