« 俺は冬スタイルに・・・ | トップページ | 嬉しいニュース »

枇杷よ咲け!咲き続けてくれ!

1年は本当に早い。それは年齢的なものもあって、特にその早さを感じるのだろうか。平成から令和になったこの年もあと一か月。充実した日を送ろう、大事に生きようと気持ちでは思っても、現実的には・・・・俺はまだ風邪も癒えていないので、ここ数日部屋に籠っている。ならば短歌でも作ろうか、そう思うのだが体調がよくないとやる気もでない(´;ω;`)ウゥゥ

Dscn9965

きょうから12月・・・もう暦からすれば「冬」だ。だが、この時節にしては珍しく空は晴れている。雪はすっかり消えている。だから、外に出たい。外に出ればやりたいことはいっぱいある。それでも出る気が起こらないのは、咳がありその咳に痰は絡むし、治り際に外に出て体調を悪化させてはならない、春のようなことにはなりたくない、そんな警戒感があるからだ。そんな青空だったが・・・

Dscn9958

東の空には不気味な雲☁、鳥海山もまた不気味な雲に挟まれている・・・

Dscn9972

これでは終日、このままの天気ではいかないだろうな。そう思っていると、徐々に暗みがかってき、午後からは暗くなり、夕方にはポツリポツリ雨となった。秋田では一日いっぱい晴れることなど冬にはないのだ。

嬉しいことがあった・・・💕

数日前に、その兆候は確認していたのだったが、今朝その前に立つと・・・小さな花を開いているではないか。寒さに向かうこの時期なのに、驚きだった。その花は「枇杷の花」だ。

Dscn9947-2

この枇杷・・・鉢植えだ。それは鉢だと移動が出来る。寒い時は家の中に取り込めるから、そう思って鉢植えにしたのだ。植えるにあたっては調べて見た。すると関東以北では栽培が無理だとあった。それでも品種差があるとのことで、寒さに対応できる品種としては「田中」というものだった。早速、注文し鉢に植えた。以来、今年で確か4年目だはず。

さらに調べると、実が生るまでは13年かかるというものだった。であれば俺は生きてそれを見ることが出来るのか、13年はあまりにも長い、そう思いつつも、なぜに枇杷に拘って植えるのか、それを新聞に投稿した。すると、我が家では地植えしていて実がなっているという電話を、秋田県内の多くの人から連絡があった。

よく注意したら、何とわが集落にも枇杷を屋敷に植えていた人が2人もいた。中には実も獲れてるよと・・・また、これも案外多かったのは、スーパーで買った枇杷、その種をぷいと庭に飛ばしていたのから、芽が出て大きくなっているということも聞いた。だったら・・・苗木も2~3年の接ぎ木だから、実がなるまでは13年を要すことがないのでは・・・?案ずるよりも案外枇杷は寒さに強いのでは・・・・

Dscn9953-2

植えた時に何で枇杷?について記述した。俺の恩師のひとりの先生は俳句をやっておられる。今では全県的に著名な俳句作家だ。大きな賞も頂いているし、毎月多くの市民に俳句指導をしている。その恩師が句集を出され、句集のタイトルが「枇杷」だったからだ。勿論、その枇杷に纏わる一句もあり、それから句集のタイトルにしたようだ。俺もそれを頂き、そして読んだので、枇杷の名に魅せられていたのだ。

このままでいれば我が家の枇杷、まだまだ咲くだろう。中には咲きかけている蕾もあったから、期待がある。ただし、秋田にはこのあと降雪があり、積雪になる。その時にどうなるのか?そして、その花が実となって果たして結んでくれるのか、である。だが、それは見守る事しか俺には出来ない・・・💓

Dscn9948

Dscn9950

Dscn9963-2

俺は枇杷に期待している。マックスマムが咲き、モッコクが胴吹している。ヤブツバキもまた花を咲かせているものもある。まだまだ冬を恐れないで、枇杷よ咲いてくれ!そう言わずにはいられない。その楽しみが出て来た俺の年末・12月である。

 

 

 

 

 

|

« 俺は冬スタイルに・・・ | トップページ | 嬉しいニュース »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

同じ時間でも過去・現在・未来ではその感覚が違うのでしょうね。過去を思う時、数ヶ月が一瞬と感じます。特に年齢を重ねた「じじ」には。

枇杷のつぼみが開花し出しましたね。上手く受精して実がなると嬉しいことですね。

投稿: 京じじ | 2019年12月 2日 (月) 08時44分

こんにちは。
 枇杷の蕾が沢山!
実がなるのがお楽しみですね。

 つぶやきで「やった-」って?
枇杷の事でしょうか?

投稿: マコママ | 2019年12月 2日 (月) 11時50分

枇杷の花、咲きましたね ლ(❛◡❛✿)ლ
うちでは、食べた実のタネをプイ!!と飛ばしたのが
上手く鉢に入り、そのまま育ちました。
一番日当たりの良い場所に置きっぱなしにし、
3年で花が咲き、真冬なのにハナアブのような虫が集まり、
翌年の春に、小さな緑色の丸い実が付きました。
5月頃に実が黄色になり、初めての実なので小さめでしたが、
ちゃんと枇杷の形をしていました。
黄色が濃くなり、ちょっと油断した間に鳥に食べられてしまいました。
僅か1.5メートルの鉢植えでも実が生る事が解り、
その後も成長し続けて、今年も花が咲いています。
毛皮のコートを着ているような面白い花ですよね。
大将さん、やりましたねo(*^▽^*)o~♪

投稿: hana | 2019年12月 2日 (月) 20時49分

京じじ 様

コメントを有難うございます。
枇杷が開花してくれて気持ちを明るくしています。実になってくれるか否かはわかりませんが、頑張ってくれとただ祈るのみです。

投稿: でんでん大将 | 2019年12月 2日 (月) 21時50分

マコママ 様

コメントを有難うございます。
また、つぶやきに何度も「いいね」を有難うございます。何回か入力しても、やったーの後の文章が載らなくて・・・ご迷惑を掛けました。
枇杷の花、初めて開花してくれました。これから雪の中、どうなるのか不安です。

投稿: でんでん大将 | 2019年12月 2日 (月) 21時53分

hana 様

コメントを有難うございます。
また、栽培に良いアドバイスを頂きました。寒さには耐えるようですし、これまでも鉢が大きいゆえに外で冬もそのままでした。出来るだけ、風当たりの少ない場所に移動を考えています。秋田の冬は日光はほとんどありません。せめて簡単な冬囲いでもしてやろうかな・・・

投稿: でんでん大将 | 2019年12月 2日 (月) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 俺は冬スタイルに・・・ | トップページ | 嬉しいニュース »