« 霜の朝とカリン酒 | トップページ | 白い世界になりました・・・ »

雪が降って、鰰が来ました・・・

月一回、妻はフラワーアレンジメント教室に出掛けている。今夜もそれがあり、午後8時半過ぎに帰宅した。帰るや否や「さびさび・・・外は白くなってるよ・・・」そう言う。秋田では、寒いさむいなどと言ってはいられない。今流のことばのようだが、短縮して言わないと風邪をひいてしまう。それは冗談にしても、会話も短縮語で用が足る。

「け」「く」とは秋田県の観光ポスターで有名になったが、「け」とは「食べれ」の、また「く」は「食う」の短縮言葉だ。従って・・・「け」「く」で会話が成り立つのだ・・・が、秋田弁については後日にまた記そうと思う。

さて、話を戻そう。このままでは、明日の朝には地面が真っ白い一面になっていることだろう・・・多分、このトピアリーも真っ白に・・・?この鳥とウサギのトピアリー。金網はホームセンターで買い求め、ツゲの木を鉢植えにした。もう3~4年はなるだろう・・・孫のやまちゃんやんひいちゃんが喜ぶだろうと育てている。そしてこのふたつが完成に届かないうちに、ななっぺが生まれた。

Dscn9892

Dscn9891

日中は寒かったものの、時折降って来る雪も地に届くまでに消えていた。寒いこともあり、また咳もあるので日中は1時間半あまりの会議に出てからは、家中に引き籠った・・・それでも熱はないから、寝ているわけにも行かない。さりとて、考え事をしても頭の中がゆらゆらし、短歌を考えてもまとまらない。

薬の影響だろう・・・眠くてねむくて・・・

それでも昨夜は案外大人しく寝たようだ。ただし、明け方には咳き込んでしまい、そのまま起床した。午前4時半だった・・・

Dscn9873-2

寒いのは嫌だ。夏の暑さよりはいいと思っていた俺が、寒さを厭うようになっているのは、年齢的なものもあるんだろう・・・悔しいがそう思わざるを得ない。

寒い事が幸いな一面もある。それは県魚と言われる鰰が接岸するのだ。この鰰を食べないと冬を乗り切れない、そう思うほど県民は鰰の接岸を待っている。鰰は寒い波に乗って、産卵の為に接岸する。それを漁師も待っているのだが、ここ数年その鰰の漁獲が思うほど揚がっていない。

Dscn9900

本市は鉱工業のまちでありながらも、農業のまちであり、漁業のまちでもある。それが低迷していてはまちの活気が薄れる。そう思うとやはり鰰もいっぱい揚がってほしい。それが今年は平年よりもやや早めに接岸している。その鰰が我が家の夕食にも上がった・・・

Dscn9901

我が家でも鰰は一箱単位で求める。かつては越冬用としても重宝された。肉は淡白で、何尾でも食える。今晩も10尾は食べただろう。今夜も薬を飲み、カリン酒も呑んだ。先ほどは一時的に咳き込んだが、居間はもう収まっている。今夜こそ、静かに眠りたい・・・

 

 

|

« 霜の朝とカリン酒 | トップページ | 白い世界になりました・・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

トピアリー、あと数年すると型枠の針金も隠れて可愛い鳥さんたちになるのでしょうね。

冬の海の写真を見ていますと、ホント寒そうですね。
じじも歳が行くに従い寒い冬が辛くなってきました。でも、スキーは嫌じゃないですね。勝手なものです。

ハタハタを箱買いする程、食べられるのですね。1食に10尾も食べれば風邪も退散することでしょう。

投稿: 京じじ | 2019年11月29日 (金) 08時54分

京じじ 様

コメントを有難うございます。
秋田には厳しい冬がやってきました。嬉しいのは
それで鰰が接岸して、いっぱい食べられる事です。
咳も大分楽になってきました。

投稿: でんでん大将 | 2019年11月29日 (金) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 霜の朝とカリン酒 | トップページ | 白い世界になりました・・・ »