« じくなし… | トップページ | ふたたびのダイモンジソウ »

人生色々・・・

 

ダウンロード - img_20191026_232814.jpg

 

今夜の俺は珍しく📺を見た。番組表で「舟木一夫」が歌うのをみたからだ。若い頃の思い出を回顧しながら、舟木一夫が歌うのだ🎙️

彼は歌手になり、もう55周年になるらしい。ヒット曲を次から次に歌う彼を見ながら、おれ自身の過去も重ね合わせた…

歌手舟木一夫は、生まれるべくして生まれた歌手だ。ある場所に松島あきら?が来ていて「湖愁」を歌ってい、一緒に歌ってくれる人をと観客に挙手を求めたようだ。その時、一緒だった友人が舟木の手を掴んであげたらしい。

仕方なく舟木は歌ったと言う。それが評判になり、歌手の道になったと言うから、何から道が開けるか分からないものだ。

Photo_20191027132601

歌手になり、時代の流れに乗ったように、ヒットソングを続出🎶だが、デビューが爆発的だったゆえ、逆にその後を恐れたとか。それでも彼の出す歌はヒット。そんなことから、彼も👺になった…

そして忘れられた歌手になりつつあったが、見事に復活した。それは自分の努力ではなく、同世代のファンから応援があってのこと、俺もそうだが、やはり団塊の世代が、多いからこそそれから支えられたと言うことか。

 

神様は決して一人だけに終生光を与えない。やはり、時には光を消して、また、正道を歩かせるのだろう。

昨日、映画館に行って観たのは「最高の人生のみつけ方」だ。ハリウッドで製作されたリメイクで、昨日観たのはそれだ。主演が吉永小百合と天海祐希。二人は癌におかされている。この二人が人生の最期に向かっていくのだ。

Dscn8046-2

これは映画なのだか、これまた人生色々だ…

先月の新聞に載っていたこと。

演歌歌手だった香田晋さんをご存知だろうか?載っていたのは彼の転身した内容だった。彼は船村徹氏からスカウトされ、演歌歌手となり紅白歌合戦にも出た実力ある歌手だったようだ(俺も名前と顔の記憶がある)

その彼が現在は、福井県のある寺の僧侶になっているとのこと。それが新聞に載ってたのだ。

Dscn8045-2

彼は歌以外の番組にもで、明るいキャラクターで人気者だったらしい。ところが、笑顔を振りまくことに疲れ、歌手→書や絵画の道に。その後、介護にかかわった義理の祖母を亡くしてから、仏門に入り、僧侶になったようだ。

正しく人生色々である。スポーツ選手から国会議員に、お笑いタレントからやはり政治家に等々、人は第二、第三の道を歩いている人も少なくはない。

さて自らを考えた場合、どうしたら良いのだろう。口達者でもないし、笑顔も苦手、もう後がないのに、庭の石ひとつをどう動かそうかとの迷いもなかなか決断出来ない俺である。

 

| |

« じくなし… | トップページ | ふたたびのダイモンジソウ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

本当に人生色々ですね。その人生の晩年になって自分の人生を振り帰った時、あ~良かったのではと思えるものにしたいですね。

じじは平凡な人生ですが、今の所よかったな~と思っています。でも、あの時、あの決断をしていたら、人生どのように変わっていたのだろうと思う時がありますね。

投稿: 京じじ | 2019年10月27日 (日) 08時10分

京じじ 様

コメントを有難うございます。
現時点で、過去を振り返り”良かった”と思えるならば、それは幸福だったと言えるのでしょうね・・・
と言う俺の人生も、まあまあだったと言うべきものなんでしょう・・・

投稿: でんでん大将 | 2019年10月27日 (日) 20時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« じくなし… | トップページ | ふたたびのダイモンジソウ »