« きょうから9月 | トップページ | ひまわり »

最後の草刈り・ヒエ取り

秋田県の学校の2学期は先週から始まっているのだが、大方の地域ではきょうから2学期がスタートのようだ。それは暑さの長い地域と冬の寒さの長さなどが参酌されての差のようだ。だから孫のたっくんもやまちゃんも既に登校が始まっている。2学期は勉強の季節?果たして納得して暮を迎えることが出来るか???

夏・・・俺たちの子どもの頃は、最高に上がっても32度くらいだったと記憶している。だからもっと夏休みが短かったような気がするのだが。だが、昨今は35度以上の日も珍しくはない時代、本市でも今夏は38度を記録した・・・

きょうのNHKニュースでは、この夏の”総決算”を放映していたが、やはり猛暑に絡んだものが多かった・・・

Dscn6230-2

この暑さで人気のあった施設では、秋田市にある”ザ・ブーン”というレジャーランド。また、横手市にある「雪のかまくら」も人気スポットだったらしい。俺も一度、子どもたちといっしょに入ったことがある。そこは「-10度」・・・夏の格好ではとても入れない。行けば綿入れなどを確か貸してくれると思った。

Dscn6232-2

祭りや季節の行事では何と言っても秋田市の竿灯、また、先日行われた大曲の花火だ。主催者側の発表だと大曲の花火は約75万人だったとか。他には、花輪の花輪囃しとか、羽後町の盆踊りが多くの人で賑わったらしい。

 

Dscn6248-2

Dscn6238-2

それにしても暑さは正しく驚異的だった。夏場にこのような気温が出たり、秋田県一高い気温になるなどは本市ではほとんどなかった。冬には県内一の高温が出ることはあっても、海沿いのまちで夏のこんな高温とは記憶に残ることだろう・・・

昨夜、埼玉に住む妹に電話したら・・・風でにかほがでることはあっても暑さでテレビにでるとは珍しいねって、本当にそうである。

だが、その暑さもかなり収まって来た。きょうなども26度、夜は網戸にすると寒くなって窓は閉めたままだ。こうした涼しさに花たちも元気を取り戻している。赤のサルビアは色合いを鮮やかにしてきたし、このピンクのバラは3番花、まだまだ楽しめそうだ。

Dscn6213

Dscn6215

吊り鉢のインパも益々元気!

Dscn6221

シュウカイドウも先週から咲き出している。石灯籠の移動をしたときに、踏み潰されたのだったが、強い影響はなかったと見える。負けずに芽を増やしているから頼もしい。

Dscn6214 

俺はきょうから最後(5回目)の草刈りに入った。妻にはヒエをとってもらった。今年は、ここの田んぼには多少のヒエが見えるものの、他にはほとんど見えない。これから出て来るものもあるだろうが、田んぼに入るのもこれで終わりだろう。ヘリでの散布が効果的だったか、或いは俺の水管理や除草剤の散布が効いたのか・・・

昨年は結構あったので妻を泣かせてしまったから、今年は心して管理にあたったのが良かったか・・・草刈り、ヒエとりが終わればあとは刈り取りだけになる。俺の田んぼでの作業は20余日ぶりのこと。盆前の草刈りでモアが故障した。あれ以来だ・・・きょうは小雨の中での作業だった。

Dscn6222

きょうはこれで終わったが、軽トラの荷台に約半分・・・育てて来たヒエではないのだが、取れば結構あるものだ(〃艸〃)ムフッ

 

 

 

 

 

 

 

|

« きょうから9月 | トップページ | ひまわり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

最後の草刈りとヒエ取りお疲れ様でした。後は台風が稲を傷めないことを願うばかりです。
約半年の丹精込めた作業の成果が実り多いものであることを願っています。

投稿: 京じじ | 2019年9月 3日 (火) 08時27分

 いよいよ秋です。収穫の時です。台風が来ないで無事成長した稲穂のままで刈り取りしたいですね。こちらは、連日雨で水を落としても他の中はまた水浸しで乾きません。稲刈りが心配です。みんなで豊作を願りましょうね。

投稿: はるか | 2019年9月 3日 (火) 21時21分

京じじ 様

コメントを有難うございます。
米作りも最後の作業に入りました。なかなか重労働なのですが、やるしかありません。あとは天にまかせるしかないのが農業ですね・・・

投稿: でんでん大将 | 2019年9月 3日 (火) 23時34分

はるか 様

コメントを有難うございます。
こちらも終日降るのではないのですが、毎日のような雨です。乾いた田んぼもやはり戻っています。例年よりも早い稲刈りになりそうですが、心配は台風ですね・・・

投稿: でんでん大将 | 2019年9月 3日 (火) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうから9月 | トップページ | ひまわり »