« 暑さふたたび・・・ | トップページ | 秋の例大祭 »

今宵は宵宮祭

ああ・・・暑い。一度、涼しさを体感した身には、この暑さはたまらない。きょうもまた32度くらいの真夏日。日中にこんな気温だから、その余熱は夜に入っても下がることはない。今の我が家の居間は29度・・・うんざり。そのこともあって、缶ビールを1缶追加。祭りでもあるしと自分に言い訳しながら・・・( ´艸`)

それにしても昨夜は寝苦しかった。台風が接近しているそのせいもあるんだろう・・・

そんなことで朝からやる気も出ない。朝食後は、新聞の切り抜きなど整理し、何首かの短歌を詠んだ。今月の短歌会に出す短歌だ。午後には、ほんの少し風もあるので、軽トラにウィング・モアを積んで叔母さんの田んぼに出掛けて草刈りだ。大方そこが終わったのが午後5時過ぎ・・帰宅すると我が家の前には集落の何人かがいた。「まだ来ない・・・」そう言いながら・・・

Dscn6371-2

待っていたのは祭典の巡行だ。産土久斯神社の秋の祭典があしたで、今宵は宵宮祭なのだ。神社はわが集落にあり、6集落が崇拝している神社。この巡行は市の無形文化財になっている。巡行では裃を着用になっているのだが、昨今のご時世だ。それがない所帯もあって、裃着用を基本にしながらも、自由な服装になっている。

Dscn6377-2

午後6時過ぎの撮影のために、手振れを容赦願いたい。

巡行の花形の役回りが「猿田彦」、要するに鼻天狗であり、巡行の払い役でもある。10年ほど前に、俺もその役をやったがその写真は明日に載せようかと考えている。現在の俺とは大きな開きがあるので、そうしたいと思っているが・・・読者の皆さんから「やめろ!」コールがあるかも知れないな~

Dscn6380

 

Dscn6381

もうひとつは「神輿担ぎ」だ。俺の頃は台車もなく、8人で担いだ。道路も凹凸があったから、背丈の低いひとは凹のあたりでは肩から浮き、その分背の高い人には重さがいっきょに加わったり・・・いずれ俺もこの役もやった。後日、この短歌を詠み、国民文化祭に出詠したら”文部大臣賞”、短歌でこのような高い賞を頂くとは思っても見なかった・・・

さらに花形は”シャギリ”と呼んでいるが、子どもたちの太鼓うちとそれを囃し立てる若者たちだ。面をかぶって鉦をたたき、俗に”鉦たたき”。鉦をたたくのが5寸釘で、その釘で子どもたちや観衆をたたいた。それがこわいこともあり、今では人をたたくのはご法度になった。

Dscn6384

なお今回の当番丁は東側地区。なのでわが集落は要請された3人だけがこの巡行に出たようだ。かつての当番丁は各集落単独だった。我が家が当番家の場合も、集落がこぞって祭典に参加した。しかし、人口がどんどん減少していることもあり、当番丁は3集落が引き受けし、巡行の際の持ち物も少なくしている。

加えてこの神社の宮司は俺の同級生。ただ残念なことに、先月末に救急搬送されたようで、きょうの宵宮、明日の本祭りともに参加できないらしい。果たして、病状がどうなのかは知らないが、一番の出番に欠席とは悔やんでいるだろう・・・早い回復を願うのみである。

 

 

|

« 暑さふたたび・・・ | トップページ | 秋の例大祭 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

準備に巡行、回り持ちとは言えお祭りをお世話するのは大変ですね。
昨今の気象状況は残暑が厳しく、秋には程遠い感じですね。

投稿: 京じじ | 2019年9月 8日 (日) 08時26分

残暑が厳しいとは言え、暦は秋。
秋は、どの地方も祭りが多い時期ですね。
秋田も郷土色豊かなお祭りが沢山ある事を、
大将さんの記事で知ることができました。
昔懐かしい風景ですが、若者や子供が少なくなり、
お祭りも縮小されたり、取りやめになったり、、、、
寂しいですが、何ともし難く、納得せざるを得ません。
存続を努力され、頑張っている皆様のお陰で、
私たちは、勉強にもなり、興味を持って拝見しています。

投稿: hana | 2019年9月 8日 (日) 19時57分

京じじ 様

コメントを有難うございます。
秋祭りなのですが、この暑さの中での巡行・・・年々人が減っている現状です、いつまで続けられるのか・・これも時代でしょうか・・・

投稿: でんでん大将 | 2019年9月 9日 (月) 22時10分

hana 様

コメントを有難うございます。
かつて農家は多所帯で暮らしていましたから、一戸から3人も4人も祭りに参加していました。それが現在は老夫婦世帯や一人暮らしも多く、今後いつまで続けられるのか・・・時代とは言え、これも地方の衰退ですね。

投稿: でんでん大将 | 2019年9月 9日 (月) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暑さふたたび・・・ | トップページ | 秋の例大祭 »