« 出穂のころ・・・ | トップページ | 墓はらい »

「母は阿修羅に・・・」・・・世界の平和を‼

壊れるのはあっという間のことで、築くことや維持し続けることは、一朝一夕では出来ない。世界の平和もまた同じである。昨今、世界が何かしらきな臭い方向にみているようで、不気味な恐怖感を抱いているのは、俺ひとりではないだろう・・・

Dscn9929-2

Dscn9964-2

きょう午前8時1分、市の防災課から安全・安心メールが届いた。74年前に広島に原爆が投下された、その時間の8時15分に平和祈念のサイレンを吹鳴するので、原爆死没者のご冥福と世界の恒久平和の実現を祈念し、黙とうをささげよう・・・というメールであった。俺はNHKの式典をテレビで観ながら、妻と静かにその時間に黙とうをした・・・

Dscn9944-2

Dscn9946-2

平和への祈りの鐘がなる、道行く人々、甲子園でもその黙とうが・・・

Dscn9953-2

二度とあってはならない戦争、今後万が一にも戦争が勃発したら、もう世界は木っ端みじんになる。

広島市長がある被爆者の短歌を読まれた・・・

   おかっぱの頭から流るる血しぶきに妹抱きて母は阿修羅に

何という歌だ。なんという壮絶な一首か・・・

Dscn9960-2

子どもたちが世界に訴えた言葉にもジーンと来た・・・

平和は守らねば、唯一の被爆国として日本人は世界に向かって叫ばねばならない。叫び続けなければならない。「平和な世界を」と。

Dscn9920

Dscn9917

世界の平和を願う俺の思いを重ねるように、サルスベリ、キョウチクトウが我が家の庭に咲き続けている・・・

 

|

« 出穂のころ・・・ | トップページ | 墓はらい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

戦争だけは決してしてはいけません。その教訓の上に平和憲法が存在するのです。
世界の政情が不安定な現状ですが、今の平和は尊い犠牲者の上に成り立っていることを、今一度噛み締めたいと思います。

投稿: 京じじ | 2019年8月 7日 (水) 08時16分

本日、OB会の親睦会があり、参加しました。
貴殿も当然参加するものと思っておりました。
会計の役職を受けたのコメントがあったので。

投稿: | 2019年8月 7日 (水) 19時01分

広島の原爆資料館には、2度訪れました。
余りにも悲惨で、直視できない物もあり、憤りを感じました。
かつて、ローマ法王ヨハネ・パウロ二世が、
『 戦争は、人間のしわざです。
  戦争は、人間の生命の破壊です。
  戦争は、死です。』
広島から、世界に発信した言葉です。

6日8時15分、市の防災部の放送が流れ、
市民たちが黙とうをしました。
世界のどこかで争いが絶えませんが、
平和を祈り続けたいと思います。

投稿: hana | 2019年8月 7日 (水) 21時55分

京じじ 様

コメントを有難うございます。
まったく同感です・・・本来ならば、世界平和の構築には日本がリーダーシップをとらねばならないのに・・・そう思っています。

投稿: でんでん大将 | 2019年8月 7日 (水) 22時47分

・・・様

コメントを有難うございます。
また、きょうは失礼しました。楽しい親睦会だったと思います。
予定ではこの5日に埼玉にいる末妹の連れ合いの見舞いに行くことにしていましたので、今回は欠席とさせて頂きました。

投稿: でんでん大将 | 2019年8月 7日 (水) 22時53分

hana 様

コメントを有難うございます。
核兵器の廃絶には、日本が立ち上がらねばならないのに、残念です。でも、市民は庶民は声高にして叫び続けなければなりませんね・・・
紹介された法王の言葉をかみしめたいものです。市長の読み上げた短歌も壮絶な一首だと思います。あってはならない、起こしてはならない戦争です。

投稿: でんでん大将 | 2019年8月 7日 (水) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出穂のころ・・・ | トップページ | 墓はらい »