« 田植えスタート | トップページ | 田植え作業終えました・・・ »

蘭とラン

我が家の縁側では、”ラン”が競演中だ・・・

Dscn7298

ひとつは「君子蘭」。今年は咲かないんではと、気がヤキモキしていたら、4月末辺りから花茎が伸び始め、3日ほど前から朱色の花を見せている。もう5~6年も前になるが、叔母さんが”もう育てられないからあげる”ってなことで、もらってきたものだ。

Dscn7300

ご存知の通り、”蘭”とついているが、蘭の仲間ではなく、南アフリカが原産のヒガンバナ科クンシラン属だ。言わばユリに近い。花がランに似ていることから名付けられたらしい。強い日差しが苦手で、半日陰の室内での栽培が良いようだ。この花、実生で育てると咲くまでは5~6年かかるらしい。

鉢植えの場合は、2~3年で鉢替えしてやる必要がある。ただし、あまり大きな鉢に植えると花が咲かない。むしろやや窮屈で、根があふれるようでないと花が咲かないし、株分けしても葉が8枚以上ないと、やはり花が咲かない・・・

Dscn7297

一方の”シンビジューム”。こちらはラン科の植物で、一般的には洋ランであり、シュンラン属に分類されている。花の期間が長く、昨年末から咲き続け、来月あたりで朽ちる。約半年は楽しませてくれるので、俺は毎年一鉢は求めている。植え替えはまだやったことがない、土ではなくミズゴケなどで包んで植えるようだ。

Dscn7296-2

蛇足ながら・・・

庭で咲いているのは「スズラン」。これまた”ラン”との名であるが、スズラン科スズラン属。多年草であり、別名「君影草」とか「谷間の姫百合」とも呼ばれている。我が家の庭にどんどんと増えている・・・

Dscn7303

妻は庭から切ってきて、洗面所に飾っている。愛らしい花である・・・

 

 

 

 

|

« 田植えスタート | トップページ | 田植え作業終えました・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

君子蘭とシンビジュームの競演は見ごたえありますね。
花のある生活はこころが潤いますね。

スズランと言えば、じじは青春時代の北海道旅行を思い出します。然別湖に向かう道中のバスがスズランが群生している所で一時休憩してくれたことを。素晴らしい光景を未だに忘れられません。

投稿: 京じじ | 2019年5月18日 (土) 08時31分

おはようございます。
沢山のランと蘭に囲まれて素敵ですね?
君子蘭は今年は咲きませんでした。日当たりがよすぎたのでしょうか?鈴蘭大好きです♪香りもいいですね。

投稿: マコママ | 2019年5月18日 (土) 08時38分

君子蘭は、華やかで美しいですね。
私は自信がないので、初めから諦めてしまい、
お隣のご主人が上手に咲かせていますので、
見せて戴いてます (*´﹀`*)
シンビジュームは春蘭の仲間だったのですね。
形良し、香り良し、鈴蘭だいすき (✿╹◡╹)

投稿: hana | 2019年5月18日 (土) 22時21分

京じじ 様

コメント有り難うございます。
そうでしたね…スズランの盛りの時季の北海道でしたね‼️
今年は君子蘭とてもきれいに咲いてくれています。

投稿: でんでん大将 | 2019年5月19日 (日) 08時22分

マコママ 様

コメント有り難うございます。
我が家では、ほぼ周年縁側に置いています。夏には葉水をしています。今年は見事な花を見せてくれています。

投稿: でんでん大将 | 2019年5月19日 (日) 08時28分

hana 様

コメント有り難うございます。
今年は君子蘭とても見事です。早春には茎が見えなくて心配しました。そろそろ鉢替えしてやらないと。
スズランはどんどん増えています。

投稿: でんでん大将 | 2019年5月19日 (日) 08時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 田植えスタート | トップページ | 田植え作業終えました・・・ »