« やはり”青い花”が好き! | トップページ | 水田に映ゆ”鳥海山” »

シャクナゲ静かに・・・

起床してカーテンを引くと・・・周辺は白い。霧である。わが地域が霧に覆われるなど、滅多にないことだ。

Dscn7087

だから太陽も白い・・・しばらくして、その霧も収まった・・・

Dscn7086 

徐々に明るくなって、きょうは”田植え日和”。田植え機械の音がする。集落内の多くの人は、土曜日でもあり上々の天気☀それに気温も高いから、絶好の田植え日和だ。俺は少しヤキモキするも仕方ない。俺の田植えは来週の後半に設定し、それに合わせて作業を進めているのだ。ただ、来週の天気が心配だ。こうしてここしばらく良い天気が続いているだけに、崩れたら今度はそれが続くのではないかと・・・・

田んぼ廻りしていたら、先輩のコウイチさんに会った・・・「すっかり準備できたナ~」「ま~な」と元気がない。彼は一昨年の事故から、農作業のほとんどを人に頼んでいる。コウイチさんはまじめな農家だ。だから事故に逢ってからも、作業のほとんどを頼んでも、田廻りは行っている。

「来年もあるから・・・」俺が言うと「やれればいいんだが⤵」。寂しく笑った。俺よりも5歳年配だ。もう年齢的にも無理かも知れない。このままもう農業をやめなければならないかも・・・そんな思いなのだ。「大丈夫!」励ましたものの、彼の心情を思うと・・・

いつの日か、俺にもその日は来る。もう30余年務めてリタイアした身、農業をしているのは第二の人生だ。それもリタイアしなければならないと思うと、いくら儲からないとは言え、仕事のない日の寂しさを思う・・・

Dscn7109

Dscn7110

地植えの白のシャクナゲは終わった。今度は鉢植えの薄いピンク、それにやや濃いめのピンクのシャクナゲが咲いている。これまで放任していたのだが、2月に鉢替えをしてやり、風の当たらない場所に置いたら、咲いてくれた。花は人の世話に応えてくれるからいい!

これもまた、シャクナゲのひとつ。

Dscn7112

最後にこれもまた地植え・・・残りのつぼみがふくらんでいる・・・

Dscn7097

庭に静かに咲いているシャクナゲ・・・

このきれいな花も間もなく果てる。花のいのちに比べたら、時間的には圧倒的に人のいのちは長い。だが、花はその最後を見送ってやれるのだが、人の最期は様々である・・・

俺の友人の姉さんが亡くなったという・・・就寝中の突然死だったとか、いわゆる心筋梗塞である。誰かがそばにいれば、急変に気づいてあげることが出来たかも知れない。だが、その方は夫を失っていたから、急変には誰も気づく人はいなかったことになる。誠に痛ましいことだ。

修証義に「死は不意に・・・」という文言があったと思う。先ほどまで元気だったのに、等とは聞くことがある。だが、これほど身内に悲しい事もないだろう。臥していれば看護もできるし、病気であれば見送ることもできる。だが、突然のことになると、どうしようもなかったとは言いながらも、周囲では悔いが残るだろう・・・

俺の友人は、訃報の連絡を受けて慌ただしく帰省した。だが、もう会話もなにも出来ないのだから、その落胆を思うと言葉もない。慰めるものがない。

親を見送るのは子として大事な務めだ、俺はそう思って父母を見送った。だが、親を見送る前に姉を送らねばならなかった友人の心情を思うと、胸が張り裂けそうになる。それほど突然の別れとは辛いであろうし、単にその一言では言い表せない・・・

     ☆不意の死になす統べもなく立ち尽くす哀れあわれぞ見送る人も

盛りのシャクナゲ、ほぼ1週間の花の時か、俺が花に向かって📷を構えるのは、精いっぱい生きている時間を、一番きれいな時を残してやりたくてシャッターを押している。花は来年も咲いてくれるだろうが、人のいのちは・・・

 

 

 

 

 

|

« やはり”青い花”が好き! | トップページ | 水田に映ゆ”鳥海山” »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
 シャクナゲが美しいですね。
色も多々ある事を知りました。
花の命は短し・・・。
 ご友人のお姉さま、ご冥福をお祈り申し上げます。

 夫の父も就寝中に亡くなりました。
高齢でしたのでかかりつけ医へ電話してきて頂き、
「大往生ですよ」と一言おっしゃって頂きました。
私たちも少し救われた事を思い出しました。
夫はその日はゴルフへ出かけていたので連絡して、
駆け付けましたが・・・。

投稿: マコママ | 2019年5月11日 (土) 22時44分

何事にも終わりはありますよね。仕事もそうですが、極めつけは人生の終焉でしょうか。

周りに人がいようがいまいが、死は孤独です。
その観点からすると、大将のお叱りを受けるかもしれませんが、じじはピンピンコロリを願っています。
ですから、ポックリ死は理想ですね。
でも、こう言う者に限って、最期は未練がましく誰かに介護されながら・・・・。

投稿: 京じじ | 2019年5月12日 (日) 08時26分

でんでん大将さん、こんばんは。

人の人生は様々ですね。命の長さも様々です。沢山の小さな命が奪われた事故もありました。虐待の中、声を上げられずに亡くなる子供もいます。

人生の終焉はいずれ訪れます。訪れることに対して、次第に身体も心もついて行けなくなることも多いと思います。

花の命は短いのですが、咲いていった花々です。 私達もきっとその輝いた時期を過ごしたのだと思うのです。

歳を重ね若い時に感じることが出来なかった多くのことを知ることが出来ています。しかし今後それさえも判らなくなるのかも知れません。

でももう少し「感謝して生きてゆきましょう」💖

投稿: omoromachi | 2019年5月12日 (日) 21時53分

マコママ 様

コメント有り難うございます。
色々あるものですね…逝き方は…

投稿: でんでん大将 | 2019年5月13日 (月) 08時12分

京じじ 様

コメント有り難うございます。
就寝のままが、逝き方は一番良いのかも知れませんね。ただ、警察が来るし、検死もあったりするんですよね…複雑な気持ちです。

投稿: でんでん大将 | 2019年5月13日 (月) 08時17分

omoromachi 様

コメント有り難うございました。
これだけは自分ではどうすることもできませんね。やはり一日一日に感謝しながら、精いっぱい生きることが、大事なんだと思います。

投稿: でんでん大将 | 2019年5月13日 (月) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やはり”青い花”が好き! | トップページ | 水田に映ゆ”鳥海山” »