« ああ・・・泣きたい気持ち | トップページ | 田植えスタート »

田植えの準備

今朝も4時半には目が覚めた。心配だった雨は、濡らすような小雨でったようだ。だが、昨日の土手(畦)の結果はあまりにも気持ちを落胆させた。ショックが大きく、そのまま起きるに起きれなかった・・・俺はふたたび布団にもぐった・・・

ふたたび目覚めたのが6時・・・あの田んぼに行く気力はすっかり薄れ、どうなっているのかとも考えたくもなかった・・・

だが、漸くに気を取り戻し、妻を伴ってしかもアゼナミなどの資材も積んで、重い腰を上げた・・・

我が家の最後の桜”八重桜”が散り始めていた・・・坂いっぱいに花が落ちていた💠

Dscn7186

Dscn7187-2

俺は、この桜に詫びながら軽トラで踏んで家を出た💨


幸いなことに、崩れは広がっていなかったし、応急処置もした土嚢もそのままだった。昨日積んだ土嚢を補強するように、今度は土嚢の前にアゼナミ、それに周辺の土を土嚢の上に嵩上げした。だが、この田んぼは均等ではない。この土嚢を水位として水管理をすることになるのだが、この水位だと向こうの方では田面が陸になっている。

Dscn7190

いずれこの水位で無理に代掻きをしたが、高低差が大きいので除草剤の効果も期待できないだろう。最悪の場合は、耕作放棄するしかないだろう。大きな金をかけて修復など出来ない、そう決断した・・・

当初の計画だと、昨日に仕上げの代掻きを終えて、きょうは”余裕日”にするつもりだった。不要な作業でその余裕もなくしてしまった。帰宅してからトラクターの洗浄をし、11時には月一度受診している🏥に出掛けた・・

帰宅してからは、明日からの田植えの準備に入った。

先ずはビニールハウスの苗に散水・・・それを今度は軽トラにのせた。この荷台には80箱が積み込める。明予定している田んぼに、それを運んだ。こうしないと田植えが効率よくはこばないのだ。

Dscn7205

Dscn7206

そして田んぼに・・・

Dscn7209

この準備を終えたら、空の月が田んぼに写るし、鳥海山の雄姿も田面に写っている・・・

Dscn7212

月と鳥海山と田面の逆さ鳥海山である。

田んぼの周辺にも様々な花。大根の花、タンポポの綿毛が見える・・・

Dscn7210

Dscn7207

田植え期間中は、どうやら☀+☁


今夜も拙いブログに寄って頂き有難うございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« ああ・・・泣きたい気持ち | トップページ | 田植えスタート »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

予期せぬ対応で本当にお疲れ様です。やるだけやられたのですから、叔母さんも決断されることでしょう。

まだまだ体調が万全ではないと思いますので、体調優先で作業を行ってください。

投稿: 京じじ | 2019年5月16日 (木) 08時35分

京じじ 様

有難うございます。
人様より、5~10日遅れの田植えです。お陰様で体調も良く、それでも油断しないようにして、やるだけはやってみます。

投稿: でんでん大将 | 2019年5月16日 (木) 21時57分

どうなっているかとても心配しましたが、
崩れが広がらず、土嚢も頑張ってくれて良かったです。
天候の変化も油断できないのですね。
そんな田んぼに沿って、どこまでも続く大根の花。
爽やかな青が美しく、壮観です。
不安は消えませんが、田んぼではこんな景色も見られるのですね。
体調を崩さぬようお願いします。

投稿: hana | 2019年5月16日 (木) 22時14分

hana 様

コメントを有難うございます。
土手の崩れは油断なりませんが、なったら仕方ありません。直すにしてもこの時期はなんともなりません。秋の収穫が終えてからの事になります。
夕月の映る田んぼ・・・青い世界がとってもきれいです。田舎ならではの光景でしょう・・・

投稿: でんでん大将 | 2019年5月16日 (木) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ああ・・・泣きたい気持ち | トップページ | 田植えスタート »