« 晩秋のみちのく”小京都” | トップページ | 雪が降る前に・・・ »

青春とは?・・・わらび座の舞台から

(昨日の続きである)角館を出るときは小雨であったのだが、わらび劇場に着くころは本降りになっていた。開場は12時45分・・・傘をさしながら、俺はわらび劇場に入った・・・

001

座席はネットで予約済みだ。席は全席が指定席。俺はこの日を待っていた・・・

この劇場では4月15日からミュージカル「ジパング青春記」を公演している。そして、ファイナルステージがこの26日。俺は春から夏、そして秋はどうしても農作業がある。ただ、この18日には東京だし、このあとどうなるかも分らないので、昨日に行ったのであるrvcar

元々は「わらび座」として親しまれていた。自前の劇場のなかった頃は、各学校等を廻って音楽の指導などを行なっていた。俺の小学校にもアコーディオン持って、「アルプス1万尺」等教えてもらった記憶がある。

今では常設の劇場を持ち、毎日公演をしている。名も”あきた芸術村”として・・・

008_2

002

今回、どうしても観たかったことには理由があった。ひとつは勿論、ストーリーもある、だが、もうひとつにはこのミュージカルの出演者にあった。それは今回、準主役的な「吉野・さや」の2役の女優・鈴木潤子さんを応援したいためでもあった・・・

なぜ?

まったくナンセンスなことであるのだが、わらび座俳優のプロフィールに俺と誕生日が同じ俳優がいたのだ。それが鈴木潤子さんだったのだ。単純な理由だ。勿論、生年となれば、爺と孫ということだろう・・・

彼女は仙台市の出身だ。それがなぜ秋田に?しかも何故女優に?そんなことはまったく知らないのだが、応援しようと決めたのだ。昨年のミュージカル「平賀源内」に出演され、終ってから俳優さんが客を見送ってくれる。俺はそのときに、彼女に告白sign02したのだ。

003

「俺も◎◎です、生まれた月日が同じなんです、これから応援させてもらいます」そう言って恥らいながらも握手させてもらった。あれからほぼ1年・・・昨日も公演終了したら、出口に立っておられた。

「・・・あのう、昨年お会いした◎◎です」そう言ったら「あら、◎◎さん?」と名前を覚えてくれていた。「きょうの公演、とても素晴らしかった、俺、涙が出て・・・」もう続ける言葉が出なかった。握手して踵を返した。

もう◎十歳のいい爺さんが、若い女優の前で涙を出したらみっともない、だから、一言の会話でそこを立った・・・

011_2

この彼女は、今年5月1日の秋田魁新報に「舞台に生きる」ということで、女優としての取組みについて記事を投稿していた。俺はその切り抜きももっていたのだが、最後のこんなことを書いていた・・・

「あの震災から6年・・・今一度この作品を通して震災を見詰める機会をもらいました。舞台の上からあの津波が起きた海を見つめ、向き合い続けたいと思います」と。彼女は実家が仙台だけにあの震災のときは、居てもたってもいられなかったようだ。

だから被災された方々に出会って、痛みや経験をいっぱい教えてもらっていたのだ。仮設住宅では自分が泣いてしまってどうにもならなかったとか。そんなことがくしくも今回のステージにいろいろと出たんだろうと思う・・・

006 

今回の「ジパング青春期」、パンフにそのストーリーが載っている。それに寄れば・・・主人公は慶長の大津波で多くのものを失い、自暴自棄になっていた。そこに伊達政宗が太平洋を越えるための大帆船建造を計画していた。

その船に乗りたい・・・海の果てに苦しみを解くもの、きぼうが待っているのか・・・

要は若者の挑戦をひとつには描いている。これが本当の挑戦と言うものだろう。或る若手の方は自分の名刺に「挑戦」と書いている。俺はそれは違うだろうと思う。挑戦とは自らに課すものであると思うから、「私は挑戦します」と自らの名刺に書くなんて・・・俺には理解出来ない。

いづれこの若者が向かう先にあるものこそが「挑戦」というものだろう・・・

   <写真はわらび座のパンフレットから>

|

« 晩秋のみちのく”小京都” | トップページ | 雪が降る前に・・・ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

心のリフレッシュになったのではないでしょうか。
観たいと思うものが、叶うことは嬉しいことです。

それにしても、可愛い孫ほどの人と握手とは羨ましい限りですね。

投稿: 京じじ | 2017年11月17日 (金) 07時46分

先日は映画「母」のコメントに、また名前を書き忘れてしまいました。
私も昔からわらび座が好きです。
15年位前に妻と子供達を連れ、芸術村に一泊で観に行った事がありました。 とても感動し良い思い出になりました。 
それ以来、新作が出る度に観に行きたいと思うのですが、行けないでいます。

投稿: ささきどん | 2017年11月18日 (土) 15時57分


京じじ 様

嬉しい応援でした・・・
生の舞台は迫力があって、映画とはまた雰囲気が違います。
良かったです・・

投稿: でんでん大将 | 2017年11月18日 (土) 17時23分


ささきどん 様

「わらび座」いいですね・・・俺はあまり民俗芸の等には興味がないのですが、あの舞台で見ると不思議に引き込まれます。ミュージカルもまた・・・迫力が最高です。
いい思い出があるのですね・・・

投稿: でんでん大将 | 2017年11月18日 (土) 17時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/72233803

この記事へのトラックバック一覧です: 青春とは?・・・わらび座の舞台から:

« 晩秋のみちのく”小京都” | トップページ | 雪が降る前に・・・ »