« お日様が勿体ない | トップページ | 子どもの声が一番! »

”不思議の森”に・・・

学校祭から帰った俺は腰にバックを下げてdashバックにはcamera+缶コーヒー+あんぱんを入れてdash向かったのは、本市の観光地であり、ジオパークのジオサイトにもなっている「不思議の森」だ・・・きょうも天気が勿体なくて・・・?

正式には中島台レクレーションの森。鳥海山麓北側にある、ブナの原生林に囲まれており、異形のブナの巨木群が林立。この森には鳥海山の伏流水が流れており、10数箇所から湧いている。

この約26haの一帯を「獅子ヶ鼻湿原」と言っている。

紅葉は過ぎたものの、幹を観賞するにはいい時季であることから、俺は出かけたのだ。我が家からは車で約15分だ・・・

木道を進んで行くと先ず目に入るブナの大木。一部にはまだ葉を残していて、或いは俺を歓迎しているように思ったりして・・・weep

003 

004

このブナには名がついている。西洋のロウソク立てを思わせることから、「燭台」と呼び、別名は「ニンフ(森の妖精)の腰掛」とも呼ぶ。

002 

しばらく歩を進めると、たどり着くのがこの森の主「あがりこ大王」が待っている。大きく枝を広げる姿は正しく大王だ。樹齢が300年、幹周り7.62m。周囲を圧している様で、”森の巨人たち百選”にも選ばれている。

005 

ブナの林からの光りを入れて撮ってみた・・・

008 

このあがりこ大王を覗くと・・・面白いものが見える・・・「モンキーダンス」と呼ぶ。

011 

ここから鳥海山の頂き付近が見える。いささか小さな木々が視界を遮っているのだが・・・

007 

あがりこ大王に別れてさらに木道を進む。いくつかの小さな流れを見ながら行くと、小さな池に出会う。鳥海山の伏流水を留めている。その水の豊富なこと・・・毎秒1.9tを噴出しているという。名づけて「出つぼ」。別名は「クマの水飲み場」とか。

012 

そこからは少し木道が途切れる。コケのついた岩場を歩く。そしてたどり着くのが「鳥海マリモ」と呼ばれる一帯だ。流水の中にビロード状のコケが印象的だ。ただし、その上には落葉がかぶさっていて見苦しいのだが、市に伺うと学者先生方はそれも自然なのだから、そのままにして置けと言っているらしい・・・(でも・・・このままだとコケも決して良くはないと思うのだが・・・?)

014 

実は鳥海マリモと呼んでいるのだが、コケ類が絡まりあってボール状態になったもので、主なコケはヒラウロゴケ、ハンデルソロイゴケなどで、日本では貴重な種類らしい。この流れの水温はほぼ7.2~7.3℃、また、PHは4.4~4.6の酸性だ。これらが稀有なコケを形成している。

そして、今年初めて公開されたのが「あがりこ女王」だ。

016

このブナは、地上1mあたりから幹が14本に分かれ、このようなブナは珍しく、まるで 子だくさんの女性を思わしめることから、ここにも木道を設置した。

不思議の森には不思議なことが起こる。あがりこ女王を見てから、管理棟に向かったのだが、段をあがったところに3人の連れ合いがいた。俺にカメラのシャッターをお願いしたいとのこと。俺は喜んでハイ・・・パチリcamera

話を伺うと親と子の家族、郡山から見えたという。泊まりは鳥海荘と言っていた。どうぞ、ご無事な旅をと別れたのだが、俺のブログにコメントを下さったホシノさんを思い出した。入院されたはずだったが、その後、如何だろうか・・・

そして、ヒナタさんも福島県だ。俺の娘は福島の大学に行った・・・なにかしらと福島にはご縁がある・・・

※この異形のブナ・・・かつて炭の材料として積雪の上から伐採された、しかしそこから芽が出る、その繰り返しでこのように形になったのではと推測されている。なお、その伐り口から芽が上がることから、「あがりこ」と呼ばれたようである。

|

« お日様が勿体ない | トップページ | 子どもの声が一番! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

不思議の森の名にぴったりの情景ですね。幹がくねくねと曲がったブナの木。モンキーダンスは本当に猿が踊っているように見えますね。
湧水には鳥海マリモ、あがりこ女王と居ながらにして不思議の世界に舞い込んだようです。

投稿: 京じじ | 2017年11月 4日 (土) 07時35分

不思議な形の・・・見た事もない木々ですね~。
今度見に行こうかな~。
鳥海山傍の湯殿山あたりには行っていますから。
湯殿山から、サケで有名な村上に行った事を
思い出しました。

投稿: マーチャン | 2017年11月 4日 (土) 08時02分


京じじ 様

ここ獅子ケ鼻湿原には、全国から見えています。ブナの奇形なのですが、どれも実は人の暮らしがそうさせたと推測されています。森はブナの原生林でいっぱい、その中のあがりこ大王女王には威厳があります。不思議な森、憩える森には1年に1回か2回は訪れています。

投稿: でんでん大将 | 2017年11月 4日 (土) 08時11分


マーチャン 様

湯殿山からは車で2時間くらいでしょうか、山形県と秋田県の県境のまち、にかほ市の不思議な森です。
わがまちの貴重な財産のひとつでもあります。これもまた、鳥海山から頂く恵みでもあります。
どうぞ、今度足を延ばして下さい、歓迎いたします。

投稿: でんでん大将 | 2017年11月 4日 (土) 08時18分

こんにちは。
 不思議な形の樹木たち!
素晴らしい森の景観ですね。
自然が溢れておりますね。
大切にして頂きたいと思います。
ご紹介くださって感謝致します。

投稿: マコママ | 2017年11月 4日 (土) 14時16分

確かに、確かに不思議の森。
景観も素晴らしい。
木々の姿の名付けも素敵です。
この目で眺めてみたい。

投稿: kannkodori | 2017年11月 4日 (土) 19時00分


マコママ 様

落葉が終わると幹や枝の茂り等がよく観察できます。家から近いので年に数回行くのですが、色んな形を見せてくれる森の姿に感動しますね。

投稿: でんでん大将 | 2017年11月 5日 (日) 11時43分


Kannkodori 様

有難うございます。
このような樹形は確かに珍しいのだと思います。森に入ると不思議な気持ちにもなります。どうぞ、一度いらしてください。

投稿: でんでん大将 | 2017年11月 5日 (日) 11時47分

不思議の森という響きだけでもワクワクしてきますが、お写真を拝見すると本当にまぁ、なんて素敵な森なのでしょうnotes
被写体がいっぱいshine
にかほ市って一体どんな所?って思わずHPを見ちゃいましたhappy01
ツアーがあったらぜひ参加したいです♡
でんでんツアー?wink

投稿: サファイア | 2017年11月 7日 (火) 01時20分


サファイア 様

市のHPもご覧頂き有難うございます。鳥海山の恵みがいっぱいのわがまちです。サファイアさんのcameraなら、また違った味の写真になるのでしょうね・・・ぜひ、いらして下さいsmileでんでん大将が特別ガイド致します( ^ω^ )

投稿: でんでん大将 | 2017年11月 7日 (火) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/72129695

この記事へのトラックバック一覧です: ”不思議の森”に・・・:

« お日様が勿体ない | トップページ | 子どもの声が一番! »