« 御詠歌うたう”念仏” | トップページ | 母は父の許に・・・ »

ユリが咲きネムの花咲き・・・

今夜も集落のおばあさんたちが来られて、母の最期の夜を念仏で供養してくれた・・・

003

鉦の音を拍子に、昨晩に続いて33番まで詠んでくれたのだ、哀調あふれる御詠歌・・・99歳の生涯の母、母はこの方々との人生を歩んで来た。そして、最期に送られたのだ・・・

きょうも蝉時雨・・・・

いよいよ明日が初七日、そして”仏送り”だ。母が亡くなって以来、祭壇の脇で寝ていた叔父さんや妹、それが一人またひとりと帰って行き、昨晩からは妻とふたりの座敷に寝ていたが、それも最期の夜である。

母は幸せだった(と思う)、自分の部屋でベッドで眠るようにして逝った、言わば大往生だろう。ただし、長い生涯と言うことは悲しみや寂しさもその分、多いのかも知れないが、それでもやはり総じて長生きすれば、幸福度合いも高いと思う・・・

「老衰死」・・・母は理想とされる生涯を閉じた・・・

思えば、昨年は8月末に父の弟が死去し、この1月もまた父の弟、また、3月には母の妹と近い身内の方の死が相次いだ・・・そして、母である。今頃はあの世界で、既に先立ったその方々と再会しているだろう・・・

夫(わが父)とは27年ぶりだから、分かるだろうか・・・等と思ったり。

001 

ユリが花咲いて、強い匂いがあたりに漂っている。家の中ではあげられた花籠の中にもユリがあって、それは座敷に匂いを放っている。本来の予定では、今夕に関西空港から故郷に戻る予定だった。どうしても行きたかった研修なので、それが本当に残念だ・・・

そのユリの匂いのする座敷で、今夜も母の遺影の下に眠ろうか?

    <我が家のカサブランカとオニユリ、そしてきょう開いたネムノ花>

|

« 御詠歌うたう”念仏” | トップページ | 母は父の許に・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

亡くなった後も色々とありますね。
それに、死亡による各種事業体への届けも結構あって事務処理が大変ですよね。
この時期の暑さと共に慣れないことが重なり、お疲れでしょうが、くれぐれもお体を大切にしてください。

投稿: 京じじ | 2017年8月 5日 (土) 08時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/71333335

この記事へのトラックバック一覧です: ユリが咲きネムの花咲き・・・:

« 御詠歌うたう”念仏” | トップページ | 母は父の許に・・・ »