« 出穂の頃 | トップページ | 未来は今日始まります。 »

先生・・・さようなら

昨日はどうしても出なければならない会議があった。終っては懇親会だ。一応、俺は母の49日法要をやっているからとの思いもあって、それにも参加した。酒が入ればいろんな事が出される場合もあるからである・・・(酒好きの言い訳かも?)

そんな昨夜は小雨だったが、今朝は起きると曇っている・・・そして涼しい・・・慌てて昨日、ブログ更新していなかったことを思い出したので、俺はpcに向って記事を書いたのだった・・・

台風5号は温帯低気圧に変わった。だが、それにしても悪い風だった。丁度、田んぼの稲は出穂期、この風がどのような被害をもたらすか、恐らく無傷では終らないだろう・・・葉が擦れあったから、黒くなるかも知れないし、一部ではこれから実の入る粒が零れたらしい。

朝食後も俺はpcに向った・・・

001_2 

実は、午後からかつて担任のような先生の葬儀がある。俺の直接の担任ではなかったから、実の教え子の誰かが読むんだろうなと思った。思ったのだが、待てよ、もしも誰もいなかったら・・・恩師である故人に最後のお別れの言葉がなかったら・・・

迷ったがかくことにした。もしも読む人が多かったら俺は読まない、そう心に決めて俺は弔辞を書上げた。そして、それを懐にして、矢島の祥雲寺に向った。同期生を4人も乗せて・・・

葬儀は午後1時に始まった。俺の宗派と同じになっているものの、やり方がまったく違う。

受付で弔辞は何人かと聞くと4人だという。それに先生の教え子からの弔辞は・・・・と聞くとないという。それならと俺の読む順番は最後だ・・・そして、弔辞が始まった。

005

故人の先生は、俺のクラスとは別の「梅組」の担任、俺は「桜組」だった。しかし、俺たちの当時の担任は、若くして旅立ったのだ。従って、同期会などを行なうときは、きょうの故人の先生が、「梅」も「桜」も関係なく、昭和○卒業年生全員の担任として・・・

弔辞の奉読は5番目となった。先生を退職後は、公民館関連や歴史保存などの会で、様々な要職につかれた。そんなこともあって、弔辞1番は市長代理が、続いて元校長の会、と続いた。1時半過ぎに、俺の番がきた・・・

俺は弔辞とは言え、周辺の方に聞こえなければ意味合いもうすれるので、声は高く、抑揚つけ、間合いを作ってゆっくりと・・・俺は、弔辞を読む場合は、このようにこころしている。きょうは終ってから、お世辞も当然入っていると思うが・・・

泣けた・・・感情がこもっていた。そんなことを何人からか、聞いた・・・

俺は母を失ってきょうが10日目、涙と汗まみれになった喪服がまだ届いていない、涙もまた乾かないうちに、また涙になっている

こんなこと読み、最後に短歌一首を奉じて弔辞を終えた。

俺は「弔辞係り?」と言われているようだ。これまで、同期生がなくなると・・・「おい・・・○○弔辞よんでくれ、そういわれと断れない、損な性格なんだろう・・・もう10人ほどは、奉読している。

002

それでもお別れはきちんと・・・と思っている。

自分でもそう思うときもある。でも、あっても約90名の卒業生のひとりも弔辞を読まなかったではどうなんだろう。せめて感謝の気持ちも出すべきだろう、今回、それを果たす事が出来て、ほっとしている。

|

« 出穂の頃 | トップページ | 未来は今日始まります。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

つつしんでお悔やみ申し上げます。
教え子からの弔辞、素晴らしい門出だと思います。
さらに、大将の人徳とお人柄を強く感じました。

投稿: しげまる | 2017年8月10日 (木) 06時39分

恩義に厚い、大将の人柄でしょうか、黙って送ることができないのでしょうね。
そんな大将を尊敬します。

投稿: 京じじ | 2017年8月10日 (木) 07時43分


しげまる 様

有難うございます。お世話になった先生です、先生の生き方にも共鳴していました。拙いものではありましたが、最期のときに、感謝の言葉を述べさせて頂き、俺も安堵したところです。

投稿: でんでん大将 | 2017年8月10日 (木) 08時51分


京じじ 様

俺の直接の担任ではなかったので、他の方が読むだろうと思っていました。しかし、誰も用意してなかったので、もしそのときはと書いていた弔辞を俺が読みました。葬儀の前のほぼ半日、人がいいと自分でも思っています。

投稿: でんでん大将 | 2017年8月10日 (木) 10時26分

お悔やみ申し上げます。

人望が厚いですね。素晴らしいと思います。
私も、尊敬致します。

投稿: ヒナタ | 2017年8月10日 (木) 16時45分


ヒナタ 様

そんなに評価を頂けるような男ではありませんから、どうぞ今後も宜しくお願いします。

投稿: でんでん大将 | 2017年8月10日 (木) 19時37分

お悔み申し上げます。

 先生もお喜びになっていることでしょう。
大将さんのお人柄、わたしも尊敬します。
きちんとお別れできてよかったです。

投稿: みい | 2017年8月10日 (木) 19時50分


みい 様

有難うございます。
しかし、ヒナタさんへもコメントをしたように、大した大将ではございません。、感謝をして送ってやりたかったんです。

投稿: でんでん大将 | 2017年8月10日 (木) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/71378711

この記事へのトラックバック一覧です: 先生・・・さようなら:

« 出穂の頃 | トップページ | 未来は今日始まります。 »