« 夏祭り果てて・・・ | トップページ | 植えてはならないが頂くのは良い・・・ »

こんなにも青かった空ネムの咲く

本市で行なわれる全国的規模の催しには「トライスロン大会」があり、「全国俳句大会」がある。

前者は当日にそれをブログに載せたが、後者の「第34回奥の細道象潟全国俳句大会」は、道の駅”ねむの丘”を会場に開催された。当日の選者は長谷川櫂氏。俺は昨年の夏に、矢島町に出かけて、歌仙があっては長谷川氏の話を聞いた・・・

だからこの日はその会場に出かけたかった・・・まして、俺の投句したものが”佳作”と案内もあったので、参加したかったのであるが・・・母の葬儀を終えたばかりでもあって、欠席せざるを得なかった・・・008 

通知があって入選したのでということで、出欠の再確認があったときは驚いた・・・短歌は○十年やっているのが、俳句は新人の類だったから・・・。が、短詩形で始めたのは実は俳句が先であった。元々中学生の頃詩を書き投稿していたら、隣りのおじいさんから俳句会に誘われた。

あのときの一句

   冬の夜は童話を運ぶ窓辺まで

が互選で最高点だったことは今でも記憶に残っている。

006 

さて、今回の作品は699句、その中からの佳作30句(特選は3句、秀逸は15句)に選ばれた俺の句は・・・

   こんなにも青かった空ネムの咲く

004 

で、佳作の5番目に選ばれたようだ。どこが良かったのかは自分でも分からない。ネムの花の写真は7月25日の覚林和尚の顕彰碑の除幕式のときのもの。いづれ本市とネムの花は切ってもきれない縁になるものだ。青空にピンク色のネムの花がとても印象的だったことから作句したものだった。

この日の午前中は、「西施祭り」が蚶満寺境内で行なわれた・・・これにも出たかったのだが、俳句大会同様に欠席した。忌中でもあり、参加するにはこころが痛んだのだ。写真は昨年のものである。地元の高校生が、西施像の前で踊りを披露するのだ・・・

009 

011 

さて・・・何で「ネムの花」?何で「西施」?

今から320年以上も前のこと、「奥の細道」の目的地のひとつが象潟であったらしい。東の松島、西の象潟は当時の景勝の地であったのだ。芭蕉が象潟に入ったのは7月だったようだ。その時、象潟は雨で、雨にうたれるネムの花に、中国では悲劇の絶世の美女だった西施に思いを浮かべて芭蕉は一句詠んだ。

  象潟や雨に西施がねぶの花

現在は1804年の地震で陸になった島々、当時は大小百数十島を浮かべていて、古くから能因や西行が歌に詠んだ歌枕の地・象潟であった。他にも源内、一茶、真澄、花袋らが訪れた記録がある。

記録と言えば、今般の句の入賞で市からはほしいひとにと贈られたのが、象潟町史などの分厚いもの、俺は資料編とともに頂いた。

Photo

こんなことがあるなんて、たまたまの出した句がこんな評価を頂いたことは驚きである・・・

|

« 夏祭り果てて・・・ | トップページ | 植えてはならないが頂くのは良い・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます!
素晴らしいですね。
良かったですね(*^^)v

投稿: 美夜 | 2017年8月22日 (火) 01時00分

中学生の頃からその道への素養があったのですね。

短歌と俳句、ど素人のじじは字数が多少違うだけではと思うのですが・・・。やはり違うでしょうね。

大将、これからは俳句も詠まれたら如何でしょう。

投稿: 京じじ | 2017年8月22日 (火) 08時08分


美夜 様

たまたまの愚作が選ばれて…戸惑います。

投稿: でんでん大将 | 2017年8月22日 (火) 08時09分


京じじ 様

人間の感情や心の微妙な葛藤等は短歌がむいています。俳句は字数が少ない分、思いを凝縮しなければなりません。
でも、俳句を詠ませて頂くと、短歌作りにも影響があります。言葉の遊びとして、今後も短歌や俳句と関わって生きたいですね。。

投稿: でんでん大将 | 2017年8月22日 (火) 08時14分

おはようございます

 おめでとうございます。
素敵な句だと思います。
これからも、いつまでも続けてくださいませ。
また披露してくださいね。
楽しみにしていますnote

投稿: みい | 2017年8月22日 (火) 10時01分

こんにちは。
 おめでとうございますribbon
これからも沢山、ご披露くださいませ。

投稿: マコママ | 2017年8月22日 (火) 11時20分

おめでとうございますヽ(´▽`)/

しかし・・分厚いですね。
これを励みにまたいい俳句が
できるんじゃないでしょうか(*^-^*)

投稿: ヒナタ | 2017年8月22日 (火) 14時20分

おめでとうございます。
2句とも情景がと心情がよく伝わってくるいい句ですね。これからもいい句を作って紹介してください。

投稿: はるか | 2017年8月22日 (火) 17時25分


みい 様

有難うございます。
まったくの駄作でしょうが選ばれて光栄です。

投稿: でんでん大将 | 2017年8月22日 (火) 23時43分


マコママ 様

有難うございます。
思いっきりがあって、俳句は小気味いいですね・・・

投稿: でんでん大将 | 2017年8月22日 (火) 23時44分


ヒナタ 様

分厚い1冊・・・実は合併前のまちで多額の金を使って作成したのはいいですが、大幅に残ってしまい、在庫を減らす、そのために副賞としてのアイデアです。

投稿: でんでん大将 | 2017年8月22日 (火) 23時47分


はるか 様

有難うございます。
一瞬のひらめきが俺の俳句です。
良いのかどうか良く分かりませんが、選ばれて光栄ですね。

投稿: でんでん大将 | 2017年8月22日 (火) 23時48分

あっ・・・そうなんですね(゚ー゚;
まぁ~無駄になるよりはいいですかね^^

投稿: ヒナタ | 2017年8月23日 (水) 16時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/71487890

この記事へのトラックバック一覧です: こんなにも青かった空ネムの咲く:

« 夏祭り果てて・・・ | トップページ | 植えてはならないが頂くのは良い・・・ »