« 不戦を誓う・・・戦没者追悼式 | トップページ | 落水期 »

ギフチョウの危機

特別に昆虫等に興味を持っているわけではない。ただ、農業をやっていると色んな虫等には遭遇する。農業にとっては、それが益虫であったり害虫であったり・・・だから農薬で退治する虫も多い。

断っておくのだが、昨今の世の中、無農薬栽培とか、有機農業とか、そんな農法があって、農薬や除草剤を使っていると、さも危険なものを使っているだのと声を上げる人もいるのだが、安全基準にのっとってやっていることを申し上げておく。

例えば食品にも様々なものが使われている。それだって安全基準があり、それを守っているのと同じだ。やみくもに農薬等を使っているわけではないのである。それを言うなら化学肥料がより?だと思う。それは作物の中に吸収して効果を発揮するのであるが、そのメカニズムが解明されているわけではないからだ。

Photo

さて、前置きが長くなってしまったが、上の写真はWikipediaから頂いた「ギフチョウ」である。実はこのチョウのことが、3日前の秋田魁新報のコラム欄に載っていた・・・

このギフチョウは鳥海山麓が生息地の北限となっていると言う。このギフチョウ、所謂絶滅危惧種のチョウらしい(俺はこうした知識を持っていない)。ところが、地元の住民もそのようなことはよく分からないでいる。

Photo_2

そんなことからか、県外の収集家たちが捕獲しようときているようだ。このままでは乱獲されて、激減することが心配されているとコラム欄に載っていたのだ・・・

そのコラム欄にはさらに書かれている。収集家が来るようになったのは10年前から。その数は年々増え、1日に20匹も捕る人もいるようだと・・・。このようなことから、地元でもパトロールを実施してようだが、乱獲を防ぐ規制がないことから、マニアにとっては「捕獲天国」になっていると警鐘をならしている・・・

001

ちなみにギフチョウは「春の女神」と呼ばれているようだ。カタクリの咲く頃に現われて、その花が枯れる頃には姿を消すらしい。このギフチョウ、小型のアゲハチョウの仲間で、日本固有種と言うのだが・・・

003

004 

秋田県の子ども達の夏休みはきょうで終わりだ。俺の子どものころの夏休みとなれば、よく昆虫セットなどを買った。注射器なども入っていたし、展示板、薬品など入っていた記憶があり、トンボをとっては注射などして、それらを展示したものを休み明け後に提出したものだ。

あのころ・・・ギフチョウも或いは入っていたのかも・・・網をもって駆け回った少年の日が俺にもあった・・・

     写真3枚は・・・

        朝にカーテン引いたら、網戸にセミが・・・

          庭や電線のトンボ

|

« 不戦を誓う・・・戦没者追悼式 | トップページ | 落水期 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

命を育てる農業は、またたくさんの命を犠牲にしています。私が生きていくにも、たくさんの命をいただいています。このコメントを書く前にも蚊1匹殺しました。ただそれを自覚しているかどうかだと思います。たくさんの命の犠牲の上に私たちは生きているんだということ。無駄な殺生をしてはいけないということ。命の連鎖を壊す乱獲は、人類も滅ぼすということ。そんなことを分かっている人間でなければならんと思います。

投稿: はるか | 2017年8月24日 (木) 23時57分

命を育てる農業は、またたくさんの命を犠牲にしています。私が生きていくにも、たくさんの命をいただいています。このコメントを書く前にも蚊1匹殺しました。ただそれを自覚しているかどうかだと思います。たくさんの命の犠牲の上に私たちは生きているんだということ。無駄な殺生をしてはいけないということ。命の連鎖を壊す乱獲は、人類も滅ぼすということ。そんなことを分かっている人間でなければならんと思います。

投稿: はるか | 2017年8月24日 (木) 23時58分

人間の身勝手な要求で、他の生物が絶滅することは愚かなことです。
県での早い規制を望みます。でも、規制した所でこういった輩は絶滅しませんが。
憤懣やるせないです。

投稿: 京じじ | 2017年8月25日 (金) 06時49分

そうなのですね。
絶滅危惧種が増えてます><
人間のエゴ。難しい問題です。

さて~秋田がまた大変な事になってますが~
雨は大丈夫ですか??
花火大会も危ういとか・・・つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

投稿: ヒナタ | 2017年8月25日 (金) 17時22分


はるか 様

当地がギフチョウの北限地域だとは知りませんでした。子どものころにあるいは、俺も捕獲したかも知れません。そんなに貴重な動物が周辺にいたとは、勉強不足でした。

投稿: でんでん大将 | 2017年8月25日 (金) 23時53分


京じじ 様

遅まきながらも、県では規制の方向で動き始めたようです。それにしても情報の時代です、マニアにとっては天国だったわけですよね、当地は。今後は効果を発揮してくれることを期待しています。

投稿: でんでん大将 | 2017年8月25日 (金) 23時56分


ヒナタ 様

夕方のニュースだと、花火大会の桟敷の水は引いたとのことです。懸命になって復旧作業にかかっているようです。開催するか否かは明日の朝に判断するとのことです。無事に開催されるよう願っています。
当地がギフチョウの北限であり、それが絶滅危惧種などとは俺も知りませんでした。勉強不足です・・・

投稿: でんでん大将 | 2017年8月26日 (土) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/71515228

この記事へのトラックバック一覧です: ギフチョウの危機:

« 不戦を誓う・・・戦没者追悼式 | トップページ | 落水期 »