« 朝焼けの空 | トップページ | 御詠歌うたう”念仏” »

弔いのことばを有難う。

きょうは母と別れの日だ。午前4時半には起床して、礼服に着替えて茶の間にて待機。やがて、弔いの来客がみえられた。俺にとっては、親を送る最後の大仕事だ。

その後、午前9時には裃に着替えて、ふたたび茶の間に待機した。菩提寺の住職・副住職さんが見えられて、予定どうりに葬儀が進み、告別式。当方から「知らせ」の案内を出したのは57人、12畳の茶の間、8畳2つの座敷、それに6畳の下座敷がいっぱいに・・・

001 

今回の葬儀・告別式は自宅で行なった。というよりも、俺は父の葬儀も我が家で行なった。こんなことも想定して、田舎の家は大きく作っているのだ。だから迷いもなく、母も我が家から見送ることにした。

喪主である俺は、暑い中の参列や焼香に感謝し、また、仏前への供物や香典への謝辞、さらには生前の母に代わって、これまでのご厚誼に感謝した。また、子どもとして親を送るのは大仕事であり、それを果たしたきょうにいささか安堵している気持ちも述べた・・・

母は99歳、あと半年もすれば「100歳」であったのにそれは残念であったが、息子(俺)の嫁に抱かれるように、しかも眠るような大往生をとげ、これ以上のよろこびはなかっただろう、間もなくお盆であるが、それよりも早く皆さんにお会いしたかったのだろうか・・・

母も満足なら、俺たちも満足だ。最後を自宅で看取れたし、これ以上の最後はないだろう。だからか、俺たちには最後のわかれになったものの、涙も出なかったし、むしろやりきったという半ば充足感さえあった・・・

それでも今後は妻との新しいふたり暮しになる。どうか、これまで同様にご厚誼とご指導をお願いしたい、そのような内容での挨拶をした。

002 

わがまちでは、火葬後の葬儀になっている。従って、昨日の火葬につづいてのきょうは葬儀と告別式。年齢的にも同級生などもいないので、弔辞はなかった。ただ、母にとって最初の孫である、俺の長女がお別れの言葉を述べ、来客の涙をさそった・・・

家での葬儀等が終ってから、葬列を組んで墓への納骨だ。暑い日差しの中の葬列。

母はとうとう土に還って行った・・・

お斎は金浦の仕出し屋で行い、葬儀等を締め括った。

003 

終ってから・・・反省はいっぱいだ。

今回は俺の本家が病気のために来られない。集落内には12軒ほどの親戚がいて、実はこのようなときに互助会的に補完しあう。おれはでも出来るだけ世話にならないようにと気配りした。結果、何もかにも俺の肩の負担になった。

例えば、親族等への「知らせ」、葬列やお斎の場合の席次、ほかにいろいろと指図しなければならず、妹達、その連れ合いや、俺の子どもたちなどに大きな負担をかけてしまった。それでも色んな落ち度もあったし、失礼なこともあったと思う・・・

親を送る子としての大仕事、それは様々な落ち度を重ねて終ってしまった・・・

        banana   cherry

それでも、こうしたブログを通じて、色々な方から弔いの言葉を頂きました。有難うございました。

|

« 朝焼けの空 | トップページ | 御詠歌うたう”念仏” »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

親を看取り送るのも子の勤めですね。
大将をはじめ奥様も大変お疲れでしょう。少し気を休めてください。

次は自分達の番です。死に際をどう迎えるか、子供・夫婦で話し合うのもいいでしょうね。

投稿: 京じじ | 2017年8月 3日 (木) 07時46分

でんでん大将さん
お疲れ様でした(゜゜)(。。)ペコッ
ご自愛くださいsign03

投稿: ちかよ | 2017年8月 3日 (木) 11時02分

お疲れさまでした。

自宅での葬儀は大変でしたでしょうに・・・
ご自愛くださいませ。

投稿: ヒナタ | 2017年8月 3日 (木) 15時15分

大将さん、奥様、お疲れ様でした。

まだ何かとお忙しい事もあるでしょうが、
どうぞご自愛ください。

投稿: hana | 2017年8月 3日 (木) 22時15分


京じじ 様

有難うございます。
そうですね、俺は父の逝年にあとわずかです。

投稿: でんでん大将 | 2017年8月 4日 (金) 12時13分

ちかよ 様

有難うございます。

投稿: でんでん大将 | 2017年8月 4日 (金) 17時02分


ヒナタ 様

確かに大変でした。でも、何かの場合はと造っているのが、茶の間や座敷でして…お斎は仕出し屋でやりました。

投稿: でんでん大将 | 2017年8月 4日 (金) 17時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/71314843

この記事へのトラックバック一覧です: 弔いのことばを有難う。:

« 朝焼けの空 | トップページ | 御詠歌うたう”念仏” »