« ギフチョウの危機 | トップページ | 「おかえり」 »

落水期

俺は昨日から田んぼの畦等の草刈りだ。肩に掛けて刈払い機械で刈るのだが、結構疲れる仕事だ。それに、昨日は小雨の中の草刈り、相まってきょうは暑い日差しの中での草刈り・・・午前中3時間、午後3時間ほどにしている。熱中症も考えての労働時間である・・・

008 

刈り後をみるととても気持ちよく、それが自らへの励ましのようなものだ。水筒とジャムパン1っ個のおやつを持っての草刈り、きょう終わって全体の1/3ほど終った・・・

草刈り終わるとシャツもパンツもびっしょびしょ・・・(´Д`;≡;´Д`)アワアワだから、1日2回は着替えする。それでも有難いのは、大きな被害が出ていないこと。昨日から、秋田県では大仙市などにふたたび避難勧告。先月、決壊したあたりが、また決壊したようでテレビの画面に水没した田んぼを見ると涙が出てくる。

003 

収穫を目前にしてのこのような水害に、泣くに泣けない心境だろう・・・幸いと言ってはなんだが、娘の嫁ぎ先の田んぼは被害を受けなかったようだ。

水田は丁度「落水期」。収穫まで1ヶ月にもなったから、田んぼの水は払った。昨日の雨もあったから、尻水口からはどっと水がはけていく・・・

ただ、今年は1枚の田んぼでも、生育の差が大きい。俺の田んぼでも、水口の稲はまだ出穂していないものもある。これでは収穫は望めないし、諦めるしかない。どうしても水温が低いわけだから仕方ない。同じ稲でありながら、水口に植えられた稲の宿命だ。その様は上の写真でお分かりだろうか・・・

005 

011 

013 

そんな田んぼの周辺には、夏を惜しむように咲いている花がある。大好きなツユクサ、遅れ咲きだろうか、アザミもある。また、ツリガネニンジンだろうか、頭を持ち上げて咲いている。いづれも自らを誇らしく咲いているような花でないように見える。

でもこうして咲く野の花、山の花に目が留まるのは俺も年なんだろう・・・

クズもまた咲いていて、ああ俺の人生もこうなんだろうな、こうであっていいんだよな、田んぼの周辺の淡い花々をみるとそう思う。クズの花からは、懐かしい香りがした・・・

014 

この時期になって目だってきたのが、田んぼの中のヒエ。農家にとっては憎き存在だ。これの対策に除草剤を使っているのだが、敵も手ごわい。最終期になって、首を出してくるは・・・ただ、俺の田んぼには今の所、ヒエがほとんど見えない。

004 

某氏の田んぼである。稲よりもヒエの方が旺盛に生育しているように見えてくる。これまで、春から今日までの、農家の足の運んだ数の応えが、今の時期に出ているんだよな・・・なんていうと叱られるかな~

|

« ギフチョウの危機 | トップページ | 「おかえり」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

後 1か月したら・・・収穫ですか!!!。
米作りの苦労を知ってから、
今まで以上に 大事にご飯を食べています。

投稿: マーチャン | 2017年8月26日 (土) 06時54分


マーチャン 様

有難うございます。
ようやくここまで来ました。あと1ヶ月、台風などが来ないことを願っています。

投稿: でんでん大将 | 2017年8月26日 (土) 07時27分

見事に畦の草刈ができていますね、お見事。

大将が管理した成果、収穫までもう少しですね。
それまで、自然が悪さしないように祈るばかりです。

大将、老いは気持ちからです、元気に行きましょう。

投稿: 京じじ | 2017年8月26日 (土) 07時47分


京じじ 様

つい愚痴が出るのも老いのせいでしょうかね~疲れたりするとつい出てしまいます。
きょうはこれからの叔父さんの一周忌の法要です。何かとありますね、田舎に居れば。
刈り取り迄あであと一ヶ月、がんばります。

投稿: でんでん大将 | 2017年8月26日 (土) 09時41分

でんでん大将さん
肩掛け草刈り機は、疲れますよねscissors
最近私はナイロンコードの草刈り機使用していますsign03

風圧で綺麗に刈れますgood
小さい内に刈れば、
後始末は不要です。
田んぼにあわせて楽してみませんか?

投稿: ちかよ | 2017年8月26日 (土) 15時21分

草刈り済んだ畦道は、クリクリ坊主ですっきり綺麗になりました。
暑い中、お疲れ様でした。

秋田の大雨のニュースの中で、川が氾濫し、
せっかくの田んぼが水没しているのを見るのは、
ほんとうに辛い事です。
大将さんの田んぼは、無事で良かったです。

ツユクサ、ギボウシ、クズ、、、、
こちらではまだ見かけません。
やはり、そちらは秋が一足早いようですね。

無事に稲刈りできますように ╰(*´︶`*)╯

投稿: hana | 2017年8月26日 (土) 21時40分


ちかよ 様

有難うね。肩かけ刈り払い機械は疲れますので、それもいい案かも知れませんね。カタログ等で見たことがあります。平らな部分や畦の側面は、ウイングロードで刈るのですが、刈り残される部分をこの肩かけでやっています。石があったりするところも、ナイロンコードがいいとありましたが、なかなか短い内に刈れないんですよね。

投稿: でんでん大将 | 2017年8月27日 (日) 06時28分


hana 様

刈り取りを目前に水害を受けた農家は、本当に気の毒です。農業はそんな危険と背中合わせの仕事でもあります。
草刈りはまだ半分、もう3日はかかっちゃいます。
ここ2~3日前から、朝はすっかり涼しくなって来ました。

投稿: でんでん大将 | 2017年8月27日 (日) 06時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/71524002

この記事へのトラックバック一覧です: 落水期:

« ギフチョウの危機 | トップページ | 「おかえり」 »