« ババ・ババ+ジジ暮しに | トップページ | 孫の笑顔に »

「皆に風が吹いている・・・」

この度は、母のこと、介護のことで、つい愚痴っぽくなった記事で、不愉快になられた方もおられたでしょう・・・現実は現実として受止めなければなりませんし、生きていればそれに立ち向かうことが肝心だと戒めています・・・

それにしても母は幸せものだと思います。自らは何も知らないでいるでしょうが、皆さんに生かされているのだと思います。例えば、朝方には主治医の先生が、悪天候の日曜日にも係らず往診され点滴、そして、夕方6時半にはふたたび見えて点滴を見て下さいました。

丁度、その頃俺は夕食でした。俺は罪人のような気持ちでした。先生がこうして往診に来られているのに、ぬけぬけと食事していることに、申し訳なくて、まさに罪人でした・・・

005

妹達が午後から見えました。でも、妻に代わって今夜は泊まってやろう、そんな妹はいませんでした。だからと言って何も言う事はありません。妻と俺は、黙々と現状に向き合うことで、これからも対応するつもりです・・・

皆さんには俺の背中の症状や母の介護に伴う、激励やらコメントを頂き嬉しく思っています。今夜は2日目の夜です・・・

   

       sports     flag     run

さて・・・

写真の容量が重かったようで、古い写真は削除したので、俺のブログにふたたび写真が入るようになった、きょうはその初日、今後も随時写真を挿入したいと思っているので、今後とも訪問して頂ければ嬉しいですね~

わがまちの恒例のイベントである「トライアスロン芭蕉レース象潟大会」が、本日に開催された。今回で30回目、記念のレースとなった・・・

009 

008 

俺はこの開会式にお招き頂いていたので、象潟海水浴場に・・・ところが、その時はどうにか保ってた空からポツリポツリ・・・回復の兆しもないとして判断、今回は”スイム”は中止となった。

開会式での挨拶に・・・「きょうのこの風は、みなさんに吹いています・・・」印象的であった。良い意味では送り風でもあるだろうし、逆に向かい風かも知れない、しかし、それは平等にみんなに吹くんだ、だからこの天気をめげる事無く、くさることもせずに頑張ってほしい」、そんな挨拶として俺は受止めた。

どんなに著名な方の挨拶や歴史的な格言があろうとも、現場で聞く言葉には頷けるものがある・・・「風はみなさんに吹いている」

002_2 

開会式を終ると俺はすぐに戻って、地元でのボランィアの一員だ。交通整理をして、アスリートが気持ちよく走行できるようにするのが仕事、自転車は我が家の前を通ることから、近くでのボランティア。村の方々も応援に出るheart02

午前10時半ころが我が家の前はピーク。細身のアスリートたちが通りぬけていく。「がんばれ!」の応援に手を振っていくもの、「ど~も」と声を発していくもの・・・きょうは340名がエントリーされている、そして支えるボランティアの1000人heart04

003 

次々に風になって通過して行った・・・

|

« ババ・ババ+ジジ暮しに | トップページ | 孫の笑顔に »

コメント

こんばんは。
 お母さま恵まれていらっしゃると思います。
往診して頂ける先生がいらして・・・。
大将さまがお食事中でもなんら恥じ入ることはないと
思います。たまたまその時間だったのですから・・・。
よい風が吹きますように・・・。
 

投稿: マコママ | 2017年7月16日 (日) 22時10分


マコママ 様

有難うございます。
母は本当に恵まれていると俺も思います。主治医の先生もそうだし、俺からいうのもおかしいですが、嫁さんにも恵まれた、そうも思います。
そんな狭間で、やはり…どうにもなりませんでした。明日もまた朝に先生が見えます。感謝です。

投稿: でんでん大将 | 2017年7月16日 (日) 22時26分

世の中には、親を見なければならない人と、
口だけ参加する人とに別れますね。
税制は苦労した人の見方ではありません。
そこがおかしいと常ずね思っています。

奥様には頭が下がります。
良いお嫁さんに恵まれたお母様は本当に幸せ者。
私もいま母の介護問題を抱えています。
歩ける・ボケていない・失語症のみなのに
引き取れない!!!。crying
後ろめたさが出ています。

投稿: マーチャン | 2017年7月17日 (月) 06時08分


マーチャン 様

色々と事情はあるのでしょう。立場もそれぞれだと思います。
俺だけが俺たち夫婦だけが、母を立派に介護している、そういうつもりはないのです。ついついその愚痴が出てしまいます。
理想と現実は如何に開きが大きいか、改めてそのことを思い、長寿ということ、人間の終末を含めて、考えさせられています。

投稿: でんでん大将 | 2017年7月17日 (月) 07時40分

いづれ自分も訪れる終焉の時と照らし合わせると切ないですね。

大将、その内大将にもいい風が吹いてきますよ。

投稿: 京じじ | 2017年7月17日 (月) 08時00分

誰もが避けられない老い。
私の両親もまだ元気ですが、
いずれは考えねばならないと思っています。
大将も奥様も、くれぐれもお大事になさってください。

投稿: しげまる | 2017年7月17日 (月) 10時48分

前にも書きましたが・・周りで介護に直面してる方が多い
やはり、自分自身が普通の人格が壊れていく感じに
なるそうです。優しい言葉を掛けられなくなるとか・・
ストレスもあるのでしょうね。
まだ、私は介護に直面してないので自分自身どうなるか分かりませんが・・・
でんでん・とっちさん別に恥じることも後ろめたい気持ちも持つことはないと思います。
義理父はいつも言ってます。生きてる人が大事だと・・・

投稿: ヒナタ | 2017年7月17日 (月) 15時39分


京じじ 様

人様の世話にならないで逝く事は出来ないのが、宿命とも言えるのでしょうね。悲しいことですが。
良い風が、何時かは、そう信じたいものです。

投稿: でんでん大将 | 2017年7月18日 (火) 05時08分


しげまる 様

有難うございます。
人間の最後の大仕事とある方が言いましたが、看取る方も送られる人も大変なものですね。

投稿: でんでん大将 | 2017年7月18日 (火) 07時25分


ヒナタ 様

俺も生きている方が大事なことだ、それが基本だ、俺もそう思っていました。確かに今もそう思います。それは他はどうでもいいと言うことではないのですよね。
でも、実際にこんな場面に遭遇していますと、分からなくもなっています。

投稿: でんでん大将 | 2017年7月18日 (火) 07時29分

そうですね。だからどうでもいい訳でもないです。
その義理父も要介護1で酸素が必要です。
旦那が様子を見に行きます。行くと気丈にふるまうので
私はまだ、義理父に会いに行ってません。
自分自身(いいのか?行かなくて?)と自問自答してます。

投稿: ヒナタ | 2017年7月18日 (火) 16時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/71157589

この記事へのトラックバック一覧です: 「皆に風が吹いている・・・」:

« ババ・ババ+ジジ暮しに | トップページ | 孫の笑顔に »