« 背中の受診 | トップページ | 30日は「小さな旅」をご覧下さい。 »

穂肥えの頃

稲は止葉(13葉目)を立てて、太陽よりの光りを受ける体勢に入っている。所謂、受光体勢に入り、光合成を行なって穂が出たら、穂にでんぷんを移行させる体勢である。葉にいっぱいのでんぷんを溜めているのである。その穂が、今、茎のなかで作られている。幼穂形成期でもある。

003 

あと、10日余りで穂が出てくるだろう・・・例年の出穂期は8月7日である。先日の大水で被害を被った水田でも穂は出るだろうが、果たしてどのようなことになるのか、崩れた田んぼはもう穂がでることもなく、あわれなことであるが、冠水した田んぼは果たしてどうなるのか、心配されるところである。

同じ農家として、同じ県内に住むものとして、出穂直前に受けた被害、泣くに泣けない状態であろう・・・俺たちの地域では、今回まったくの被害もなく、例年のように出穂期を迎えようとしていて、何処かしら心苦しい境地でもある。

この時期は穂肥えの散布時期でもある。成分にして1~2kgの散布だ。これまでは、節間(稲の茎はタケノコのように節間があり、通常では5節間まである)が伸長することで、倒伏が懸念されるために、追肥はほとんどしないのだが、もう節間は決まって伸長しない。

002 

また、今後は栄養分が減少すると、穂を少なくして生育しようとするから、ここ1週間ほどで穂肥えということで、追肥をすることになる・・・

秋田県はきょう真夏日、もう30℃を超えている。だが、動噴を背負って追肥をしなければならない。明日の午後からは雨のようで、散布ができないから今日中に終ってしまわねばならないsad

幸いにして、背中の痛みはなくなっている。俺は昨夕からの続きで、各々の田んぼに水を張って、動噴で追肥。汗は出るはでるは・・・しかし、誰がやってくれるわけでもない。いづれ自分でやらねばならないのだから、やるしかない・・・・その追肥の散布が午後5時には完了したdespair

004 

成分で1~2kと言うのは、現物では7~8kだ。だから例えば10aの田んぼには、7~8kの量の肥料を背負うことになる。従って、30aだとその3倍の量を背負うのである。しかも、炎暑のこの日をである。

それでも被害を受けた農家のことを思うと、云々言ってはいられない。汗をかくことを有難いと思わねばならないだろう・・・

帰宅したらクタクタだった・・・

そんなに汗かいたから、やはり楽しみはビールだ。冷たいものが喉に入るとたまらない。汗した分、ビールの味は格別だ。それがあるからこそ、日中の暑さがガマンできるとも言える(・∀・)ニヤニヤ、だからそのくらいは許してもらえるだろう・・・

006 

どこかの県知事とは違って、県外に出てゴルフをし酒を飲み、県民の不安をまったく思わなかったそんな県知事とは違って、缶ビールのひとつは汗の代償として・・・

前述のように、明日からまた秋田県は雨の予報である。このままでは7月中には梅雨が明けないだろう、それに被災地がまたまた不安な気持ちに苛まされているのではないのか、心配なことである・・・・

  <花は我が家のノウゼンカズラ、そしてヒオウギスイセン>

|

« 背中の受診 | トップページ | 30日は「小さな旅」をご覧下さい。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

痛みは鎮痛剤で抑えているのでしょうね。
本当は少し疲れをとる期間があればいいのでしょうけど、大将の性格では許さないのでしょうね。

研修の間に腰の状態が改善すればいいのですがね。

投稿: 京じじ | 2017年7月28日 (金) 07時33分


京じじ 様

作業の適期がありますので、なかなか3日、4日とは休めないんですよね。例えば昨日の穂肥えの散布、適期は3~4日なんです、ですから休めれれば一番なのでしょうが…
でも、このあとは次の草刈りまでは、多少の余裕があります。

投稿: でんでん大将 | 2017年7月28日 (金) 08時02分

どうかお大事になさってください。
米どころ秋田。
私も心配しております。

投稿: しげまる | 2017年7月28日 (金) 09時34分

すくすく稲が伸びてるようで~
良かったです(*^-^)
ビールはご褒美ですね。
お母様はやはり、施設を行ったり来たり
なんですか?
大変ですね。皆様ご自愛くださいませ。

投稿: ヒナタ | 2017年7月28日 (金) 16時35分


しげまる 様

有難うございます。
今回の水害は免れましたので、
被災された農家の分まで頑張ります。

投稿: でんでん大将 | 2017年7月28日 (金) 20時56分


ヒナタ 様

新たな施設が見つかったのですが、7月中のその施設の土日はいっぱいということで、母は先週に続いて今夕又自宅に帰っています。
でも・・・食事もひとりで出来ないし、下の方、また、床替え・・・介護も大変ですが、母もまたあっちこっちと大変なのだと思います。ただ、来月からは、そこの施設に居てもいいことになっています。

投稿: でんでん大将 | 2017年7月28日 (金) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/71260031

この記事へのトラックバック一覧です: 穂肥えの頃:

« 背中の受診 | トップページ | 30日は「小さな旅」をご覧下さい。 »