« 植木屋Sさん | トップページ | 七夕・絆 »

眠る母

もう既に日付は変わっている・・・正直、疲れてしまったdespairしかし、妻は俺以上に疲れたであろう・・

俺は朝7時からの、中学校でのあいさつ運動・・・朝食後は、田んぼの草取り、培土機による作溝作業と泥んこになって帰宅したのが午後6時少し前、妻からも手伝ってもらったので、ふたりで帰宅した。

俺はその泥んこの作業着を替えて、ふたたび田んぼに向かうつもりだったが、そこに電話が・・・telephone

003 

母を預かってもらっている施設からだった。施設からは、「施設は看取りの場所ではないこと、いつでも連絡が取れるようにしていてほしい」そういわれていた。しかし、農作業の場合、若い人のように携帯を首につけてもおけないし、田んぼでは例え受けても泥んこだから、直ぐに出るなど出来ない・・・

きょうも何回か電話したのだとか・・・

電話の内容は、母の「体調が悪い、吐き気ももよおしているようだ、食事を受け付けない」とのこと。早速、いつもの診療所に電話するがもう時間外、主治医の携帯に掛けるも出ない、とうとう妻は施設に向う。

004 

その妻から連絡在り、総合hospitalの救急に向うとのこと。俺もその後を追い病院に・・・X線、CT等などの検査が終ったらもう午後11時、説明だととどのつまりは”便秘”。いっぱい体内にたまっているとのこと。それで食事の受付はだめで、しかも吐き気をもよおしていたようだ。

母は認知症だし、施設でもただただ眠ってばかりいるようだ。先日も妻が行って起こすのだが、すぐに眠るという。眠ってばかりの母、ただただ寝ているのみ、これならば便秘もするだろうし、排泄する力ももうないようなのだ・・・

だから医師からも、いつ旅立ってもおかしくない、そう言われている。だから、妻は家を空ける事は出来ないといい、先日の同級会も欠席した。このままでは俺もこの7月・8月は長期の不在は出来ない。

002 

処置を受けたら便通もし、もういいと言われる。帰りは介護タクシーで帰った方がいいだろうとのこと。しかし、タクシーに電話するともう営業時間外とのこと。仕方なく、施設に電話したら運転手を探してから連絡するとのことだ。しかし、それもなかなか来なくて、とうとう病院にいるうちに日付が変わったのだ・・・

まさか俺の地域だけだろうか・・・こんな様は?総合病院は診察科目は様々に制限があるし、診察も曜日ごとだったり、また、先着○名などもある。田舎に住めば、命まで縮めることになる。やはり住むなら日本人は東京が良いのだ・・・

田舎にいれば満足な治療も受けることが出来ないのだ・・・

これで地方創生?地方を重視する施策?地方に住めば、文化もほど遠いし、命まで短くなる、これでは若い人が地方から離れるのは当然だ。だからこそ国の施策に期待するのだが、もう自らの立場を護る事でせいいっぱいの様子・・・

001

今夜は遅くなった・・・施設に預かってもらったから、少しは負担も少なくなったが、その費用は大変だ。父の軍事恩給があるので助かっているが、お金がなければ施設にも入れないのだだ。

このようなこともまったく知らずに、母はふたたび眠っているだろう・・・生きていくのは大変だなどもないと思うが、介護する身も本当に大変なんです。

   <写真は我が家のスカシユリ、ホタルブクロ、ヤグルマソウ>

|

« 植木屋Sさん | トップページ | 七夕・絆 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

将来の自分を考えると身につまされますね。
人生で避けて通れない死への道程。
そこには介護という家族に重くのしかかる問題がありますね。
人生の終焉をどう迎えるか、考えさせられます。

お疲れでしょうが、命ある限り看てあげてください。

投稿: 京じじ | 2017年7月 7日 (金) 07時55分

大変でしたね
本当にお疲れさまでした。
お母さまは
眠っておられるのですね・・
便通がないといろいろ不調を感じます。
病院の現状。
やはり感じます。
母が心臓で倒れた時も
(私は東京で働いていた時でした)
通勤していたクリニックでは
お手上げで
救急車を呼び、
最初に言った病院で
うちではできなといわれ
たらいまわしに。
でも受け入れてくれた病院が
心臓の名医がいて
母は命を取り留めました。
心不全だったのです。
母は、
助かった命、大事に生きよう
と言っています。
地方のこうした病院の現状
同じ悩みですね。

投稿: ホシノ | 2017年7月 7日 (金) 12時15分

お疲れ様でした(;ω;)
大変ですね。会社の主任宅も自分の母親ですが
痴呆が入ってる。要介護2です。
旦那さんは定年。主任も58歳。
施設に入れられたら楽なんでしょうが
やはり金銭面で無理なのでデイサービス3回
週1泊まり昼夜逆転で食べる事しか頭にない様子。
日中すぐ寝てしまうらしいです。
そんな話を毎日聞いてます。><
他人ごとではないので耳を傾けてますが~
大変な事ですね。
でんでん・とっちさんもお体に気をつけて下さいね。。

投稿: ヒナタ | 2017年7月 7日 (金) 15時11分

でんでん大将さん
お母様の介護、
奥様お疲れ様です(゜゜)(。。)ペコッ
田舎の対応していますか?
コネを最大限使用、
それとmoneybag
使える物は何でも使いましょうsmile
議員さん、ケアーマネジャー、
お母さんの幸せのためgood
最後の決断は覚悟しておいてくださいshock
たまには、長男夫妻に応援依頼、

投稿: ちかよ | 2017年7月 7日 (金) 16時11分

こんばんは。
あくまでも
私個人的な意見ですが
長生きなんてしたくない!
作家の誰かがおっしゃっていた「死ぬ権利」を
私は行使したい!
私もご存じのように介護をする身。
両親がいてこその私だから介護はするけど
私は介護なんてしてほしくない!
介護は他人が思うほど綺麗なことではありませんよ。

本当に奥様に頭が下がります。
私はまだまだ未熟ものです。

投稿: | 2017年7月 7日 (金) 22時07分


京じじ 様

いづれは誰もが通る身であればと思いつつも、母を見ていると複雑です。長生きが果たして幸福なのか、否、そうなんだろうと思いますが・・・
でも・・・いづれ俺もと思えば寂しいですね~

投稿: でんでん大将 | 2017年7月 7日 (金) 23時39分


ホシノ 様

母は施設にお世話になってはいますが、結構なんだかんだとあるものです。直接には今は、介護をしているわけではないものの、自分達も年齢が進み、さらには田圃の仕事もあります。このような状況でも、やはり介護ということだと思います。母ではあるものの、これが幸せなのかと寂しい限りです。

投稿: でんでん大将 | 2017年7月 7日 (金) 23時50分


ヒナタ 様

施設にお世話になれば、金銭的には大変ですね。我が家でも結構大変です。ただ父が残してくれた年金があるので、正直助かっています。
これまでは自宅で介護していましたが、昨年にどうにか入れて有り難いのです。が、金銭的なこと、また、結構呼び出しがあったり、昨日のようなこともあり、これまた大変です。

投稿: でんでん大将 | 2017年7月 7日 (金) 23時54分


ちかよ 様

アドバイスを有難うございます。
施設に入れた事だけでも、有り難いことだと思っています。
ただ、やはりそれでも昨日のようなこと、また、今日のようなこともあり、介護は続きそうです。

投稿: でんでん大将 | 2017年7月 7日 (金) 23時57分


舞 様

いつも舞さんのブログ拝見し、時に涙しています。お母さんのこと、大変ですね。
俺の母は、ただただ眠っているだけです。本当に生きている実感があるのかと思ったりして…勿論、認知症の身ですから、そんなことの実感はないでしょう。俺も母を見ていると、長生きが幸せなのかと思ったり。むしろ母を見ると哀しくなります。むしろ楽になる方が幸せなのではないのかと…介護度5の母です。

投稿: でんでん大将 | 2017年7月 8日 (土) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/71069318

この記事へのトラックバック一覧です: 眠る母:

« 植木屋Sさん | トップページ | 七夕・絆 »