« ふたりだけの叛乱 | トップページ | 植木屋Sさん »

参道の草刈りボランテイア

集落の後方に標高80mほどの山があり、頂きには太平山のお堂が建っている。秋田市にある太平山三吉神社を分祀しているのだ。これの別当が我が家であり、先祖代々が護ってきたものである。

かつてはこの太平山神社で講を組織していて、講員も200名を超えていた。しかし、昨今は辞めていく方が多く、もう30名弱の組織になっている。講中では、例年、講員によって代参が行なわれ、その古い記録が我が家には残っている。

太平山は荒神様として知られ、力の神様として祀られている。この講中は、我が地域のみならず、秋田県下いくつもが組織されていた。特に戦争が行なわれた時代にあっては、勝利祈願として信仰が広まったらしい・・・

006

参道の始まりには、石の山門が建っている。建立された時などを見ると、「昭和○○年7月」と刻印されている。それは俺が生まれた年月であり、良くは知らないものの、俺がこの家に生まれた記念に建立されたようなのである・・・

つまりは、俺は家系をみれば八代目だ。その八代目に男子が生まれた、その出生を祝って、どうやら建てられたらしい。

だが、昨今は信仰が自由になった。皆疑うこともなく入っていたのだが、離れる人も増え、のちに講員としての確認をしたら、代参にあたればどうもということもあってか、辞める人が続出している。今年は10巡目の代参の4回目だが、あと6回の代参が終ったら解散しようと思っている。

我が家の9代目の息子も離れて暮らしている事もある。当然、担当を継いでくれとは言えない。だからもう俺の代で括るしかないのだ。

001

前置きが長くなってしまったが、ほとんど参道を歩いて拝みに上る人もいない。だから荒れるままになっていた。ところがもう15年はなるだろう。俺が職を辞めてから、遊び仲間を募ったら7人が応えてくれて、俺は「百生倶楽部」を結成した。

同じ集落に住み、死ぬまでここで暮らすことになるのだ、だったら楽しい行動を共にして長生きしようと結成したのだ。この仲間で、「かかし祭り」を10年行い、実は参道の整備も仲間から協力を頂くことにした。

参道の石段を整備、のちには参道の両脇にアジサイの植栽をし、その数はもう100本を越えた。きょうは例年行なっている参道の刈払いなど。でも、仲間も年を重ねていて、参加が難しい人もいて、きょうは4人だけ・・・

002

時折の雨もあったが、約2時間で刈払い等の作業を終了。のち、我が家で懇親会を行なった。

地方にあっては、色んなものを護ってきたのだが、その力も先が見えて来ている。我が家が別当として護ってきた太平山、仲間の協力頂いて護ってきたものも、そろそろ潮時に差し掛かっている。途切れることは残念であるが、人がいなくなっている現状では消えていくことが多い。

きょうは台風3号の上陸、また、低気圧の影響で大雨になって被害が出たところもあった由、被害を受けられた皆さんには、心からのお見舞いを申し上げると共に、被害が最小限に留まってほしいと願っている。

|

« ふたりだけの叛乱 | トップページ | 植木屋Sさん »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

何事も継承していくことが、難しい時代なってきましたね。
百生倶楽部の仲間も少しづつ少なくなり、ここにも高齢化という波が押し寄せているのですね。
しかし、仲間で何かするということは素晴らしいことです。これからも仲間の絆を大切にしてください。

投稿: 京じじ | 2017年7月 5日 (水) 07時44分


京じじ 様

仲間も俺も高齢化が進んでいます。昨日の作業も4人でした。でも、終ってからが楽しいんですよね。汗したことが酒を美味しくし、また、気心の知り得ている仲間ですから、話しも弾むんです。田舎にいれば、こんなことでしか楽しめません。

投稿: でんでん大将 | 2017年7月 5日 (水) 08時34分

八代目に男子誕生を記念しての建立。
その時の喜びが想像できます。

信仰というのは
自由だし
離れていく、入ってくる
それも自由ですが
人間元来備わっている
自然や大いなる力への畏怖の念、
祈りや感謝の気持ちは無くしたくないですね。

投稿: ホシノ | 2017年7月 5日 (水) 12時32分

でんでん大将さん
草払い作業お疲れ様でした(゜゜)(。。)ペコッ
日本では、まだ信仰は自由ですscissors
神様が違うと殺されたりしませんm(_ _)m
出来ることなら、9代目さん
年に1度、2度、3度。
奉仕作業参加してくれたらいい。
さっそく七夕様に御願いしてみましょうgood
9代目、shine後は頼む、御願いするshine

投稿: ちかよ | 2017年7月 5日 (水) 16時12分


ホシノ 様

入るを拒まず、去るもの追わずでしょうね~
ただ、田舎ではどんどんと人口が減り続け、色んな行事も消えかけています。もう既になくなったものもあります。そうでもしないと、残っているものだけが負担をおうことになり、無理な話です。
どうにもならない8代目ですが、やれるものはやり続けたいし無理なものは諦めるしかないように思います。

投稿: でんでん大将 | 2017年7月 5日 (水) 23時12分


ちかよ 様

どうにもならない8代目です。そうですね~七夕の短冊に願い事書きましょうかね~

投稿: でんでん大将 | 2017年7月 5日 (水) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/71051098

この記事へのトラックバック一覧です: 参道の草刈りボランテイア:

« ふたりだけの叛乱 | トップページ | 植木屋Sさん »