« アザミの恩返し | トップページ | 40%の”壁” »

愛しき子ツバメたち

草刈りを終えて帰宅すると、どことなく賑やかだ・・・空を見上げるとツバメが飛んでいる。それも数羽の群れだ。そして、枝垂桜の枝に止まった。1・2・3・・・5羽で、どうやらまだ孵ってまだ日が浅いようだ。

時折、親鳥が餌を運んで来て、枝に止まっているツバメに餌を与えている。

006 

010 

017 

我が家の農舎にはツバメの巣がある。例年、ここから数羽が孵って巣立っていた。俺も妻もそれをとても嬉しく思っていた。今年もツバメが来るのを待った・・・そしたら、4月半ばにやって来た。ところが、丁度、折悪しく農舎には俺が居た!

ツバメは農舎に入ったとたん・・・驚いて逃げていった。農舎に俺がいたからだ。特に俺は驚かせるつもりは毛頭なかった。タイミングが悪かったようだ。でも、その後また来るだろう。そう思っていた。

しかし・・・来ない、田植が終っても姿を見せてくれなかった。ところがこれまた偶然だった。5月に入ってから、ふたたびツバメがやって来た。ところが近くにいた俺を見つけて、急ターンして逃げていったのだ

・・・・・

・・・・・

そのあとはいくら待ってても来ることがなかった。人様のブログでは、ツバメが孵っただの、巣で餌を待つ愛らしいツバメの子の写真が掲載され、今年はもう我が家に来る事はないだろう、俺たちは諦めていた。

015_2 

俺に驚いたツバメは、どこか近くで子を産み子育てをしたのだろう。でも、何故?我が家に・・・ふと思った。その親は昨年、我が家で生れたのだ。そして、我が家で今年は親になるつもりだったが、俺と遭遇し驚き他で親になった。しかし、我が家が忘れられず、子を連れて里帰りしたのだ・・・そう思った。

今は飛び方などを指導、その合い間をぬって実家に寄った、そうだとしか思えない。今夕は離れてみていると農舎にも入っていく。或いは1泊でもしていくのか、否、そうあってほしい。ツバメたちを見ていると飽きない・・・

だから、今夜の農舎はシャッターをあけたままに・・・

001_3 

003 

004 

005 

庭の花は次々に移っていく。キングサリ、ナデシコ、アヤメ、アルメリア・・・

諦めていたツバメたち、そろそろ帰って行くんだろう、その前にもっともっと我が家で遊んで行ってくれ!!!ジジとババのふたり暮しには、ツバメは孫同様にかわいい・・・

|

« アザミの恩返し | トップページ | 40%の”壁” »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ツバメの里帰り・・・思いがけない展開に
ジ~ンっとしてしまいました
我が家の子ツバメ達は餌をねだって大合唱していますclover

投稿: 花子 | 2017年6月 7日 (水) 06時26分


花子 様

そろそろ生まれた子つばめも巣立ちでしょうね、ブログ拝見しとっても羨ましかったです。でも、我が家にも子つばめを連れて立ち寄ってくれました。

投稿: でんでん大将 | 2017年6月 7日 (水) 07時09分

庭の木の枝に止まっている子ツバメの姿を見ていると可愛いですね。今年は大将の家での子育ては叶わなかったけれど、大将が言われるように親鳥が里帰りしてきたのでしょうかね。帰巣本能があるのでしょうね。

地植えの庭にも色々な花たちが咲き誇っていますね。
今年も咲いてくれたと喜ぶ大将の顔が想像できます。

投稿: 京じじ | 2017年6月 7日 (水) 07時51分

ツバメさんたちがこんなに☆
遊びに来てくれたんですね。
うれしいですね(*^-^*)

実家の軒先に昨年はツバメ卵も産んで
羽化までしたのに
ある日、母がふと見たら
ひなが落下して死んでいたそうなんです。

それもあってか
今年は実家に来てくれていなくて
さびしいと母が言ってました。

投稿: ホシノ | 2017年6月 7日 (水) 12時16分

ツバメウチにも来ないかなぁ~
もう、羽化して~ピーピー泣いてますよね。
近所やスーパーのツバメを見て癒されてます。

投稿: ヒナタ | 2017年6月 7日 (水) 14時56分

昨年の子ツバメが、雛を連れて里帰り 🐦🐦🐦🐦
『 見て、見て、、、元気ですよ~ 🐧 』
大将さんと、奥様にみてほしかったんですね。

我が家の周辺では、10年程前まではツバメを
たくさん見かけましたが、
丘陵地もじわじわと宅地に変貌しつつあり、世代交代すると、田んぼは潰され、マンションが建ち並び、、、、。
ツバメの巣作りの材料が無くなり、今風の家には巣作りする場所も無く、ツバメの姿もごく僅かしか見かけません。
あの、独特のさえずりが懐かしく、里山の奥に逢いに行ったりしています。
大将さんのお家にやって来た親子のツバメ。
『 ここが私たちの ふるさとですよ』と子ツバメに教えているのかもしれませんね。
来年もきっと逢えると思います 🐧🐤🐥

投稿: hana | 2017年6月 7日 (水) 19時36分

こんばんは~

 わあ~燕さん、かわいいですねheart
我が家にも毎年燕の飛来があり、雛の誕生、巣立ちを楽しんでいました・・・が、隣に二階建てのアパートが建設されてからぱったり。
寂しい限りです。
ここでかわいい姿見られてうれしいです^^。

投稿: みい | 2017年6月 7日 (水) 22時49分


京じじ 様

育ての家にはなれなかったけれど、こうして元気な姿を家族で見せに来てくれた、これまた感激しました、2人暮らしには。涙が出ました。

投稿: でんでん大将 | 2017年6月 8日 (木) 07時58分


ホシノ 様

やはり今年は……お母さんの気持ちが良く分かります、我が家と同じですね。
我が家でも数年前に、子つばめが巣から落ちて、妻が手当したのでしたが、助からなかったことがありました。
その後、2年間は順調に産卵、孵化していたので、ことしもと期待していたのですが。しかし、家族で顔を見せてくれて感激です。

投稿: でんでん大将 | 2017年6月 8日 (木) 08時10分


ヒナタ 様

家で生まれると、それはそれは可愛いものです。日々に育っていくのを見ていれば、我が子のような気にさえなってきます。

投稿: でんでん大将 | 2017年6月 8日 (木) 08時12分


hana 様

昨今はつばめたちにとっては、子育て環境が決して良いとは言えないかもね~でも我が家の周辺のは、そんなに変わったと言う程ではありませんね。ただし、糞されるのが嫌だとか、汚い等と農舎のシャッターを閉めたりする人が多くなっています。
我が家では巣の下に肥料袋など置き場対応し、来て欲しい、卵を産んで子育てしてほしい、そう願っていました。しかし今年は😢でも、家族で顔を見せに来てくれて感激でした。

投稿: でんでん大将 | 2017年6月 8日 (木) 08時31分


みい 様

今年はつばめが来てくれないと、とても寂しく思っていました。しかし、家族連れで家の前に来てくれて、遊んだりしているのを見せてくれ、大感激でした😢
俺の記事で癒されたとすれば、これまた嬉しい限りです。

投稿: でんでん大将 | 2017年6月 8日 (木) 08時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/70785936

この記事へのトラックバック一覧です: 愛しき子ツバメたち:

« アザミの恩返し | トップページ | 40%の”壁” »