« 取ってもとっても・・・ | トップページ | 大きなヒラメ頂きました。 »

まつ子さんと短歌と・・・

6月もきょうで終わりだ・・・あっと言う間の半年間だったとつくづくと思う。

本来ならば、きょうも田んぼの草取りをし、粗方その作業を仕上げたかったのだが、以前から約束していたことがある。当初、23日の招きであったのが、俺の都合があってきょうに延期して頂いていた事だ。

001 

この俺に矢島で行なう短歌会の講師になってほしい、その依頼であった。元より、俺などはとてもその任は相応しくないのは分かっているが、どうしてもと歌友のまつ子さんからの頼みということもあって、俺はぬけぬけと出かけたdash車で約45分、鳥海山の登山口でもある、”花立”のユースランドが会場であった。

ほとんど会員は俺よりも先輩だ。彼これ○○年、短歌を発表してはいるものの、さほどの実績があるでもないし、○○同人誌に所属している俺でもない。たまに短歌会では入賞したりしているだけの俺なのであるが・・・

004 

しかし、それでも何とか、歌評を終えた・・・

出たのは30首、参加者は13人ほどであった。俺は先に定例会の短歌会で発表した1首

  バーグマンとふバラのあり一輪の赤きが初夏の庭支配する

を出していたが、互選では8人から選んで頂き3位であった。何とか、講師としての面目も立った感じであった・・・

矢島短歌会では、牽引しているひとりにまつ子さんがいる。そのまつ子さんが、先頃、随筆集を上梓された。タイトルが「みちのく「小さなえき」まつ子の部屋」である。

006 

きょうは短歌会に、その1冊を持って来てくれることにしていた。帰宅して、早速、目を通したが、結構面白い1冊。しかも写真が多く、目でも楽しめる構成になっている。

まつ子さんは元々は青森県の大間町の出身だ。そこで教師の旦那さんと出会い、結婚した。旦那さんは秋田県の矢島の出身であった。ところが旦那さんが、30代で急逝・・・やがて、旦那さんの里に入り、生家で姑さんと暮らす。

007 

仕事も矢島駅にある売店で働く。いつも明るく、地域での話題の持ち主。そこでの地域の皆さんとのふれ合い、また、鳥海山ろく線で来られる方々への温かいもてなしで、たちまちに人気者に。本書ではそんなことが綴られているのだ。

まつ子さんを知ったのは、某短歌会の席であった。独特な詠い方、さらには考え方に俺は共鳴し、ともにそこの歌会で数年過したが、指導者の考え方に違和感が生まれ、まつ子さんと俺はそこを退会した。

005

その後はいっしょの短歌会ではあうこともないが、きょうのような短歌会があると呼んでくれたり、俺も矢島に行ったりすれば、駅に立ち寄り名物の桜茶を頂く。そこにある「まつ子の部屋」はいつも賑わっている。

短歌がきっかけで、こうした生まれた縁、有難いことである。

   本書の発行元は、”由利高原鉄道株式会社”である。

|

« 取ってもとっても・・・ | トップページ | 大きなヒラメ頂きました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

普段の実績を評価して頂き、講師として招聘、いいことではないでしょうか。
このような同好の志との繋がり、大切にしたいですね。
田植えで忙しい合間の、ひと時の憩いでしょうか。

投稿: 京じじ | 2017年7月 1日 (土) 07時53分


京じじ 様

趣味とは良いものだと思います。
人様との輪を広げてくれるし、仕事の息抜きもなりますから、これからも楽しみたいと思います。

投稿: でんでん大将 | 2017年7月 2日 (日) 06時54分

素晴らしいことだと思って記事を読ませていただきました。
今まで大将さんが学んでこられたことを、
今度はさまよえる子羊たち?に道筋をつけて差し上げて下さいhappy01
まつ子さん、素敵な方ですねshine
パワーとエネルギーがおありになって、憧れます。
そして藤棚完成おめでとうございますheart04
きっとすぐに大きくなって花を咲かせてくれると思います。
楽しみにしています♡

投稿: サファイア | 2017年7月 2日 (日) 20時35分


サファイア 様

有難うございます。
経験年数だけは長くなりました、馬齢を重ねただけでしょう。でも、馬齢のお陰で、色んな人様との出会いも生まれ、感謝しています。
まつ子さんは、本当にエネルギッシュな方です。駅では大人気の方です。秋田おばこの扮装をして、駅でお客さんを出迎えたり、見送ったり、テレビや新聞にその姿を拝見しています。
夢だったフジ棚…ようやくできました、今度はそれに花の垂れ下がる日を夢見ています。

投稿: でんでん大将 | 2017年7月 3日 (月) 06時48分

短歌会の講師
ぴったりですね。
まつ子さんとのご縁も素敵です。

東京にいたころ、
個展をしたときに
詩人で同人誌を作っておられる素適なご婦人が
立ち寄って下さり
縁ができました。
その後ずっと発行のたびに
素適な詩集を送ってくださいました。
高齢でいまは同人誌発行を別の人に
譲っていますが・・

縁って素敵なものですね。

投稿: ホシノ | 2017年7月 3日 (月) 12時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/71013905

この記事へのトラックバック一覧です: まつ子さんと短歌と・・・:

« 取ってもとっても・・・ | トップページ | 大きなヒラメ頂きました。 »